コメント(0)

バイク/居眠り防止策

釣りでいちばん釣れる時間帯は
マズメといわれています。
マズメからフィールドエントリーしようと、
前日の夜中に自宅を出る人も多いでしょう。
いや、そちらのほうが一般的ですよね。

いろいろなスタイルがあると思いますが、
俺は朝マズメから釣り始めて、
お昼にはあがります。
夕方や夜になって
レジャーから帰宅する人たちと一緒の時間帯になって、
帰りに道が混むのも嫌だし……。

さて、本日のテーマ。
そのような釣行スタイルだと、
帰りの道中、眠くなりますよね?
バイクなら居眠り運転はないだろうと思ったら、大間違い!
俺も何度、高速道路でバイクに乗りながら、
ウトウトと落ちかけたことか……。

では、居眠り運転を防ぐにはどうしたらよいか?
まず、オフィシャルの正解を。
※参考サイト/JAFのQA
居眠り運転を防ぐにはどうすればいいのでしょうか?

ただ、ガムって、ほぼほぼ効果がないと思うのは俺だけでしょうか……。
口を動かしていても、
眠いときは眠い……。

他には、俺が試したことがあるのは、
顔を拭いてスースーさせる
眠気すっきりシート。
その名も『ギラギラ君』。
※関連サイト/アマゾン
コーヨー化成 ギラギラ君 眠気スッキリシート 大判10枚入

このシートは瞬発力はあります。
ただ、ただですよ、
パッケージは運転中の眠気防止風のイラストなのですが、
商品の説明を見ると
「強烈な爽快感のため運転中のご使用はおやめください」と書いてあります。
えっ……?
よくわかりません。

そこで、俺なりの眠気対策を。
まず、車ならガムよりも「じゃがりこ君」。
不思議なのですが、じゃがりこ君を食べ始めると、眠気を防げます。
これは俺なりのプラセボ効果もあるのかもしれないのですが、
手も動かすのがよいのかなと
勝手に思っています。

バイクなら、シンプルに
高速をおりて、下道に切り替えること。
……すみません。
問題のすり替えのようで……。

でも、これが一番だと思います。
時間の問題はさておき(おいおい)、
下道は信号やらなんやらで、
まず、眠くはならないですよね。

高速は休憩できるSA間も結構長いですし、
走りはじめたら、「You cant stop」。
これが一番、確実なのは事実かと……。

  • : バイク
  • : 管理人

コメントを残す