コメント(0)

釣り&バイク/釣りとバイクの相性

「釣りが趣味でバイクにも乗る!」
という人は意外に多いもの。
でも、多数派でないのも事実でしょう。

釣りに焦点をあてると、
交通手段といえば車派の人が圧倒的に多いと思います。

そこで、「バイクでの釣行もラクそうではあるのだけれど、実際はどうなの?」という方に、
あらためてバイク釣行のメリットとデメリットを。

え~、俺は渓流なので、
かなり限定的な情報ですが……。

まず、メリットから。
・すり抜けできるので、あまり渋滞の影響を受けない
フィールドでの駐車場探しに手間取らない
・釣りのついでにツーリングして景色を楽しめる
・ガス代&高速代が安い
こんなところでしょうか……。

デメリットは次のとおり。
・荷物の積載量が制限される。
・道中の服装(とくに寒さ対策)を見積りにくい
・朝マヅメを狙っていって、早めに現地につくとやることがなくて、途方に暮れる……。
・寂しい……(ソロでも車ならラジオとかがある)

気になるのは積載量でしょうが、
俺は「タナックス キャンピングシートバッグ2」 を使っています。
※参考サイト/アマゾン
タナックス キャンピングシートバッグ2

このバッグは59-75リットルの可変容量で、
ファスナーを開くと横に大きくなります。
渓流竿は振り出し竿。
もとは60cmくらいなので、
ロッドもウェーダーも、
すべてのタックルはこれに入ります。
あ、ジャケットは着ていってしまいますね(サービスエリアでちと恥ずかしい)。

俺は車も所有していますが、
釣り仲間と行くなら車、
ソロならバイクです。
やっぱりバイクのほうがよいんすわ。
ん~なんというか、
手軽という感じです。
なので、釣りのためにバイクを購入しようか迷っている人には、
「バイク釣行はいいよ~」と言います。
すっごい孤独ですけれど(笑)。

ただ、海釣りとなると話は別でしょうね。
まず、ロッドをどうするか……。
そして、釣った魚をどうするか……。
シーバスなんかはキャッチしない前提だと、
バイクでよいでしょうが……。
最後にロッド持ち運び例として、
Naver(まとめ)のリンクを貼っておきます。
※参考サイト
●【バイク】バイクと釣りの融合 ”釣り竿” ”ロッド” を積載している画像

  • : 釣り
  • : 管理人

コメントを残す