コメント(0)

釣り/ギガアジって!?

本日、86さんに
投稿いただいギガアジ。
海釣りに明るくない管理人は、
「ん? ギガアジって?」と思った次第です。

まぁ、わからなければ調べるまで。
早速、検索してみました。

当然、学術的に、そのようなアジが存在するわけではなく、
どうも、ルアーマンが使いだしたみたいですね。

あるサイトによると、
メガアジ=30cm以上、
ギガアジ=40cm以上、
テラアジ=50cm以上
と呼ぶみたい……とありました。

まぁ、造語なので、厳密な定義はないようです。
ん~こういうの、どうなんでしょうね。

たとえば、シーバスも和製英語ですね。
普通に「スズキ」でよいじゃないかとも思います。

ちょっとジャンルは違いますが、
俺は仕事の関係で筋トレの世界によく触れています。
んで、この業界では、
懸垂のことを「チンニング」と呼ぶことがあります。
チンは「アゴ」ですから、
身体を引き上げて、鉄棒にアゴをタッチするのに由来するのでしょうね。

でも、これも和製英語。
正しくは
●順手での懸垂=Pull-up
●逆手での懸垂=Chin-up
というようです。

ネットを見ていると、
筋トレのエキスパートのなかには
「本場の英語圏の人が使ってもいない言葉を使うのはおかしい」ということで、
チンニングという言葉を敬遠する人も多いようです。

管理人は、そのエキスパートの意見に同調ですね。
日本人なら日本語でいいじゃないかと。
でも、村田基さんの「フィッシュ!」は好きですよ。
これ、ネイティブも使うのでしょうか……。

  • : 釣り
  • : 管理人

コメントを残す