コメント(2)

釣り/渓流フィールドレビュー/桂川(山梨県)

先週末の渡良瀬川が初めて訪れるフィールドで消化不良だったため、
週末連続で渓流釣りに行ってきました。

俺的には先週末のリベンジでしたので、勝手知ったる桂川に。

まず、俺の釣果よりもフィールドの紹介をしてしまいますね。

桂川は山梨県・神奈川県を流れる相模川水系の本流で一級河川とのこと。
この記事を書くまで知らなかったのですが、
本来の呼び名は相模川で、
上流の山梨県下でのみ桂川と呼ぶみたいですね。

結論から言ってしまうと、
この川の俺のオススメ度は80点。
高得点ですよ。

理由はいくつかあるのですが、
まず何より、魚影が濃い。
いや、濃いというといいすぎかもしれないですが、
俺は丸坊主のことはないですね。
それにコンビニなどで入手できる釣り場地図(のコピー)によると、
「40cmのヤマメが育つ川」ということで、
大物も狙えるようです。
いや、俺はここで40cmを釣ったことはないんすけどね……。

そして、利便性が高い。
コンビニが近くにあるし、
高速のインターを降りてから近いです。
あと、今回行って発見したのですが、
都留駅のそばに日帰り入浴施設ができていました。
そばには「山梨県立リニア見学センター」もありますし、その近くには道の駅もあります。
観光もできるんすよね。

さらに、遊漁券が安い。
日券で1200円です。
管理もしっかりされていて、
毎月第一日曜が放流日とのこと。
関東近郊の方におすすめしたい渓流です。

さて、今回の釣行です。
まず、フィールドガイドにも関係することとして、
釣り場所の紹介です。
俺は1シーズンに一度は桂川を訪れるのですが、
行くところは決まっていて、
富士急行大月線の「谷村町駅」の裏あたりです。
都留インターから10分くらいですかね。
行き方がわかるように写真も貼っておきます。

今の時代、駅名がわかれば迷わないはず(笑)。この写真に写っている奥へと続く道を進むと踏み切りがあり、それを渡ると桂川に到着します

桂川は踏み切りから200mくらいですかね。
あ、今回はバイクでした。
橋のそばに広場があるので、
バイクはそこに停められます。
車は橋を渡ったところに駐車できるスペースがあるのですが、
2台分くらいなので、
先着の方がいると停められなくなります。
それに正規の駐車場ではないので、
あくまでも自己責任でお願いします。

釣行に話を戻すと
今回はバッチリ朝マズメの時間帯に到着しました。
早めに行って、日の出を待つというのもありなんですけれど、
バイクだと本当に孤独なんすよね。
逆に遅れて真っ暗な空が少しずつ明るくなってくると、
「間に合うかなぁ」とドキドキするし、
この到着時間の見極めは本当に難しい……。

ちょうどよく着いたということで、
気分よく入渓。
入渓ポイントは橋のそばにあるので、
迷わないと思います。

入渓地点のそばの様子。この橋付近も朝マズメならよく釣れます

今回、エサはブドウ虫とキジを用意。
さっそく橋のそばで釣りをはじめたところ、
1投目でヒットしました。
20cmオーバーのギリギリのキープサイズでしたが、きれいなヤマメでした。
あ、まだ暗かったので、
写真は撮っていません。

やっぱり他の釣り同様、
渓流も朝マズメなんすよね。
明るくなる時間帯にはキャストしていること。
これは釣果をあげるための大原則だと思います。

その後も好調で
リリースサイズとはいえ、
ヤマメがコンスタントにヒットしました。
そして「おっ、これはでかい」と思って釣り上げたのはこちら……。

30cmくらいと、なかなかのサイズ。ただ、ただし、ヤマメではなくニジマスでした……

橋からは釣り上りも釣り下りもできるのですが、
俺はだいたい釣り上ります。
あ、ただですね、
ここでフィールドレビューとしての注意点ですが、
ここは基本的に川のなかの移動になります。
岸は歩けるスペースが少ないのですよね。
だいたいヒザ下くらいと深くはないのですが、
当然のごとくウェダー必須です。
とはいえ、川に立ち込んでの釣りかというとそうでもなく、
大きな岩が点在しているので、
俺はその上に立って釣りをしてます。
岸も立てるところはありますしね……。

桂川の雰囲気、伝わりますかね……。大きな岩が点在していて、投げ込む場所がはっきりしているのも、俺が気に入っているポイントの一つです

その後もアタリはあるし、
かかりもするんですけれど、
だいたいがこんな感じで……

10cmくらいですかね。きれいなヤマメなんですが……。魚体に触らないようにリリースです

どうした
「40cmのヤマメが育つ川」!?

あとは情報としては、
桂川は少し変わった魚が混じることがあります。
先ほどのニジマスもそうですが、
俺はここでブルックトラウトを釣ったこともあります。

その流れで今回紹介したいのはこちら。

これ、多分、鮎です。写真ではよくわかりませんが、エラの後ろ付近に鮎らしい黄色い斑紋があったので。仮に鮎だとしたら、君はコケしか食わないのでは!? なぜ、ミミズで釣れる……

まぁ、キャッチサイズは
初っ端のヤマメとニジマスだけでしたが、
満足したので、釣り下りながら、
帰ることにしました。

入渓した橋から400mくらい上流側のカーブになっているところ。川幅が広いのでフライマンにはここがおすすめです。時間がない方は、ここらへんで折り返すとよいと思います

「これでラスト」と
入渓した橋の下付近にキャストしたところ、
強い引きがありました。
「有終の美」と思ったのですが、
結局15cmくらいのヤマメでしたね。

繰り返しますが、
どうした「40cmのヤマメが育つ川」……。

まぁ、数釣りは楽しめたので、
俺は満足です。
連続で週末釣行したので、
次回は夏くらいですかね。
やっぱり勝手知ったる川のほうがよいのかなぁと思っています。

  • : 釣り
  • : 管理人

“釣り/渓流フィールドレビュー/桂川(山梨県)” への2件の返信

コメントを残す