コメント(1)

クラクラ/グリー訴訟問題

また、間隔が……。
せめて二日に1回は投稿したいと思っている管理人です。

さて、今回はクラクラの話題。
今年の頭から問題になっている、
グリーとの訴訟問題の現状報告です。

まずは、この問題の概略から。

世界中のいろいろな国で楽しまれているクラクラですが、
そのシステムの一つである「村の編集」機能が
日本国内では使えない状態なんす。

これは、グリーが特許を持っているシステムに似ているということ、
「日本ではダメ」と訴訟を起こしているからです。
裁判沙汰になっているので、
その間は日本では村の編集を手軽にはできないんすわ。

村の編集はこのゲームのウリの一つなので、
ユーザーにとっては大打撃……。

しかも、特許を持っているグリーのゲームはクソゲーで
いまやユーザーもほとんどいないということで、
クラクラファンからは大ブーイングなのです。

さて、先日、
この問題に動きがあり、
どうやらクラクラの制作元である
スーパーセルが勝訴したそうです。

ただ、すぐには
「やたっ、これでもとのように村の編集ができる」
とならないらしいです。

というのも、
グリーはいくつも訴えていて、
そのうちの一つが棄却されただけということなので……。

裁判は時間がかかりますから、
すべてがクリア、
まぁこの場合はスーパーセルが勝って、
もとのようになるのは、
まだまだ先のようです。

年単位じゃないですかね……。

あ、今回のソースはこちら。

※参考サイト
【クラクラ】特許紛争に光?グリー棄却でレイアウトエディタ復活あるのか?
道のりは長いっすなぁ