コメント(0)

ニジマス

サケ科タイヘイヨウサケ属。
成魚の体長は一般的に約40 cm前後であるが、大型のものは60〜120cmにまで成長することも。
渓流のターゲットとして、ポピュラーな魚種。
渓流の釣り堀やBBQ場を併設して「国際マス釣り場」などで、
放流されるのは、このニジマスであることが多い。
ただし、外来種であることもあり、
渓流釣りを本格的に楽しむアングラーの人気は低く、
ヤマメやアマゴ、イワナに対して外道と扱われることも
(かわいそう……)。
食味はタンパク。

コメント(0)

ブルーギル

サンフィッシュ科ブルーギル属。
体長は25cmくらい。
ブラックバスと同様に淡水のフィッシュイーターで、
やはりブラックバスと同様に生態系を壊す悪者として扱われる。
しかも、ブラックバスはバサーには温かい目で見守られるている傾向にあるが
(そりゃあ、ブラックバスがいないとバス釣りを楽しめないから)、
ブルーギルにはバサーにも敵対視されることが多い。
ルアーで釣れるが、
ブラックバスよりも小型のために外道だから……。
敵ばかりではかわいそう……。
国内に持ち込んだのもまた、人間なのに……。
がんばれブルーギル!とつぶやいてみる。

コメント(0)

ブラックバス

スズキ目サンフィッシュ科。
一種ではなく、オオクチバス属に属する魚の総称である。
ポピュラーなのはラージマウスバス(オオクチバス)とスモールマウスバス(コクチバス)。
淡水のルアーゲームのターゲットとして人気が高い。
ブラックバス釣りを愛するバサーは釣り人口のなかでも
かなりの割合を占めるかと……。
ブラックという割には、なぜか、それほど黒くはない。
いや、腹の底は黒いのかもしれないが……。
というのも、繁殖力がとても強く、
しばしば悪名高き外来種として悪者として扱われる。
バス釣りの聖地の1つ、琵琶湖沿岸には、
ブラックバスのゴミ箱があるほど。
バス釣りは楽しいので、バサーとしては複雑な心境だ。


※写真提供/クロさん
ちとサイズは小さいけれど……

コメント(0)

イワナ

サケ目サケ科。
字で書くと岩魚。
なお、イワナとは一種ではなく、
オショロコマ、ニッコウイワナ、ヤマトイワナの総称である。
ヤマメと並び、渓流のメインターゲット。
ヤマメよりもより上流に棲んでいる傾向があり、
出会う確率はヤマメよりも低い。
大きさは20~30cmだが、それよりも大きくなる個体も多い。

DSC_0006
コメント(0)

ヤマメ

サケ目サケ科。
字で書くと山女。
サクラマスのうち。海にいかずに一生を河川で過ごす個体のこと。
大きさは20~30cm。
イワナと並ぶ、渓流釣りのメインターゲット。

DSC_0008
コメント(0)

キジハタ

スズキ目スズキ亜目ハタ科ハタ亜科……。
もはや、なんのことだか……。
アコウとも呼ばれる。いや、むしろアコウと呼ぶほうが多いかも。
30cmほどのものが比較的多く、なかには60cmになる個体も……。
ロックフィッシュだが、
カサゴなどにくらべると活発に餌を追う傾向がある。
フィッシュイーターでルアーゲームの人気のターゲット。
なぜ、人気かというと高級魚だから。
食味は極めて美味!


※写真提供/ににひひににさん

コメント(0)

ヤリイカ

ヤリイカ科ヤリイカ属。
オスとメスで大きさが異なり、
オスは胴体の部分は35cmを超えるものもある一方、
メスは20cm前後。
アオリイカのように防波堤などからも釣れるが、
船釣りのほうがポピュラーかな……。


※写真提供/86さん

コメント(0)

アオリイカ


写真提供:かなさん

ヤリイカ科アオリイカ属。
胴の長さは最大で40~50cmほど。
1kgを超えるとボチボチ大物で、なかには2kgを超えるものも。
釣りの対象になるイカとしては、
もっともポピュラーなイカの一つ。
イカのなかでも最高級の食材といわれ、市場価値も高い。
刺身は絶品で、一夜干しも美味しい。
ちなみにイカは「杯」という単位で数えるが、
これは「杯」という字はふっくらとふくらんだ形の器を表し、イカの胴体がそれに似ていることに由来するとされている。
なお、泳いでいるときや生きているときは「1匹」と数える。
なので、釣りたては1杯ではなく1匹になるのが本来の数え方らしい。

コメント(0)

クエ


※写真提供/86さん
スズキ目ハタ。
成魚は全長60cmほどだが、稀に全長1.3m、体重30kgに達する固体も。
食味は超美味で、高級魚として知られている。
小~中型はジギングでヒットすることもがあるが、大型の個体は幻の魚とも呼ばれるほどに釣るのが難しい魚。大物釣り師なら、いつかは釣ってみたい……。

コメント(0)

ブリ

スズキ目アジ科。
釣りのターゲットとして、人気が高い大型の青物。
成長とともに呼び名が変わる出世魚で、
地域によって呼び名が異なる。
例は次の通り。
関東ではワカシ→ワカナ→ワカナゴ(10〜15センチ)→イナダ(30〜40センチ)→ブリ
関西ではツバス(10〜15センチ)→ハマチ(20〜40センチ)→メジロ(50〜60センチ)→ブリ(80センチ以上)

でも、関東でも寿司屋などではハマチと呼んだり、
余計にややこしい……。
食味は食卓にもよく並ぶので、
説明不要かと。
とにかく美味。