【車種レビュー】インドが作ったクルーザー! ロイヤルエンフィールドのメテオ350ってどうなの?

【出張版さすライダー・ドットコム/連載第29回】

どもです、実はクルーザータイプのバイクに一度しか乗ったことのない男、さすライダーです。

しかも乗ったマシンは1,800ccの化け物「BMW R18」だったので、そりゃ〜もう色々衝撃的でしたよ(汗)

なので、今回初めてオーソドックスなクルーザーに乗ったら、凄く癒されましたYO

ってことで、気になるそのマシンは、ロイヤルエンフィールドのブランニューモデル「メテオ350」でございます!

メテオ350に乗ってみました

メテオ350ってどんなバイク?

近年販売シェアを伸ばしまくっている、発祥はイギリスだけど、、、今は実質インドのイケイケバイクメーカー、その名もロイヤルエンフィールド♪

コスパの良い精度の高いマシンを作るメーカーだけど、今まで「普通二輪免許で乗れるマシンが無い」ことだけがネックでした、、、が、今回それが出ちゃったんですよね!

それが同メーカー初のクルーザーモデルにして、普通二輪免許で乗れる外車「メテオ350」ってわけですYO

一瞬、某ファイナルファンタジーの隕石を落とす魔法の進化系?と思っちゃう車名ですが、マシンとしては「単気筒エンジン」を搭載したオーソドックスなクルーザーモデルで、そのクラシックな外観から、最近流行りの「ネオレトロ」との競合とも言われています。

イケイケのロイヤルエンフィールドのマシンです

349ccの単気筒エンジンを搭載しています

メテオ350のエンジンと装備

メテオ350は排気量349ccの空冷単気筒エンジンを搭載しており、トコトコと気持ちの良いエンジン音を奏でてくれます♪

それこそ北海道の広い道をユッタリと流す、、、なんて走り方には相性抜群かと思います!

ちなみに装備は前後ディスクブレーキにABS、それからスマホ連動型の独自ナビゲーションガジェット「トリッパー」とUSBソケットなど、意外と(?)現代風の装備がさりげなく付いています。

また、クルーザーらしくチェンジペダルはシーソー式を採用していますが、実は通常のアップダウン方式にも対応しております。

男のロマン、単気筒エンジンを搭載しています

前後ディスクブレーキ+ABSを装備しています

右の丸い液晶が独自ナビゲーションガジェット「トリッパー」です

シーソー式だけど、通常のアップダウン方式にも対応しています

メテオ350の足付き

なんといっても低い車体が特徴のクルーザーモデルですので、メテオ350の足付きは抜群でございます!

シート高としては765mmと意外と高い数値(クルーザーにしては)ではありますが、身長154cmの僕の奥様も普通に乗れちゃいました。

本人曰く「厚底ブーツを履けば、両足の1/3は設置するわよ、うふ♪」とのことです。

小柄な奥様も安心の足つきです

それと一応僕の足つきも、、、って語る必要ないですよね、、、と言いながら一応語っておくと、身長173cm+足長だと「足付き」という概念を忘れそうになりますYO

恐らく身長が150cm以上あるライダーであれば、足付きの不安なく乗れると思います。

一応僕の足つきです、、、

乗りやすく味のある走り!

いくら単気筒エンジンを搭載した、足付きの良いクルーザーモデルでも、、、所詮は外車!ぶっちゃけ多少の癖はあるんでしょ?、、、NO、NO、ノー、ございません!

メテオ350はビックリするほど乗りやすく、そして素直な挙動となっております!

強いて言えばシーソー式ペダルの慣れは必要ですが、10分も走ればコツが掴めますし、それこそ足付きが良いので「困ったら何処でも停車できる」というアドバンテージがあります。

いかにもクルーザーらしい殿様気分のライディングポジションと、味のある単気筒エンジンの気持ちの良い鼓動のお陰で、このまま永遠と走りたい衝動に駆られるマシンに仕上がっていますYO

至って素直な挙動です!

ダメ押し:安い!

いやぁ〜、メテオ350は想像以上に良いマシンでしたYO

ぶっちゃけクルーザーには1mmも興味のなかった僕ですが、これは初めて「欲しいかも」と思っちゃいました!

しかも、このご時世にエントリーモデルならお値段60万円切り(ギリギリだけど)という脅威の安さなので、これはもう「ダメ押し」と言ってもいいのではないでしょうか?

ってことで、メテオ350に試乗する際は、決してハンコを持っていかないことをおすすめします。

鍵のデザインがおしゃれでした♪

動画でもメテオ350を紹介しています

執筆者のプロフィール

34
34
本サイトの管理人です。34はゲーム「クラッシュ・オブ・クラン」のアカウント名です。いや、名前なんかは何でもよいのです。大抵のゲームは、このアカウント名にしています。本職は紙媒体の編集&ライターです。
0

関連コンテンツ



投稿日:

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.