【アイテムレビュー】電熱グローブVS.ハンドルカバー、使い勝手がよいのはどっち?

皆さんこんにちは。ワイの名はlancerです。

冬でも元気にバイク乗ってますか?
けっこう、NOの方も多いのでは?
なにせ、寒いですから?

「寒いからバイクに乗っていない」という方に朗報です。
今回は冬の大敵寒さを軽減するアイテムの紹介です。

その前に、ワイは数年前から電熱武装してます。
ウエア、パンツ……。
コレがないともう乗れません。
今回ついにグローブも電熱にしました。

比較相手がハンドルカバーでよいのか……わかりませんが、スクーター装備率の高いコレとの記事になります↓

使った日
・天気/快晴
・気温/―1℃~3℃
・場所/市街地~高速

アイテム
電熱グローブ
・金額/35,000円くらい
・使用感/寒くないが暑いまでは行かない、指先はゴワつく

ミトン
・価格/3,000円位
・使用感/夏用グローブで充分の保温性。されど、とっさのハンドル操作は注意が必要。また、60km/hを超えると風圧でレバーが押されてブレーキランプが点灯状態に……。あと、格好が……。

結論
見た目を気にしなければハンドルカバーで充分。ただし、ものによっては速度を出すとレバーが押されるので、割り切りが必要かも。

さて、電熱の耐久性は……。パッケージには2、3年とある……。

ここが難点ですね……。
では、次の記事までアデュー

執筆者のプロフィール

34
34
本サイトの管理人です。34はゲーム「クラッシュ・オブ・クラン」のアカウント名です。いや、名前なんかは何でもよいのです。大抵のゲームは、このアカウント名にしています。本職は紙媒体の編集&ライターです。
0

関連コンテンツ



更新日:

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.