「釣りとバイクが趣味なんだ。」の歴史

※登場ハンドルネームはすべて執筆者34のうろ覚えです。もう引退した人が多数……。間違っていたらごめんなさい。

クランの発足は2014年9月14日となっています。
「なっています」というのは俺はクランのオリジナルメンバーではないからです。
よっぽどあとにメンバーの『メガバス』さんに聞きました。
メガバスさんは正しい日にちを知っていて教えてくれたのですが、
俺が忘れてしまって……。
でも、その年の9月ということは間違いないです。

メガバスさんは本当のオリジナルメンバーで、
これまた、あとで知ったのですが、
初代リーダー『サバ燻』さんと本クランを立ち上げたそうです。

まず、俺がこのクランに加入したきっかけを。
まぁドラマティックなことは何もなく、
シンプルに「どこか、よいクランは……」と探していて、
俺の趣味の1つである「釣り」の検索でヒットしたのが、
このクランとの歩みのはじまりでした。
「おぉ、バイクも趣味だし、俺にピッタリ!」と
思ったものです。

その頃は確か5人くらい。
他には『チーフ』さん、『ゆずあや』さん、『ヤトー』さんなどがいました。
ゲームシステムとしては、クラン戦がはじまったばかりで、
その頃は最少エントリー人数は10人から。
サバ燻さんが、「ちょっと対戦ボタンを押してみます」といい、
すぐに「人数が足りませんといわれましたぁ」と泣いたのを覚えています。
なかなか人は集まらなかったです。
俺が「人、来ないですね……」とチャット欄につぶやいたら、
どなたが「クラン名がいいから、やがては来ますよ」と返事をしてくれたりしていました。

そう、このクランは名前がよいのです。
コンセプトも俺が拡大解釈した点はあるものの、
基本的にはサバ燻さんが考えたものです。
寂しい時期はあれども、解散の危機がなかったのは、
このクラン名のおかげです。
サバ燻さんに感謝!

さて、そうこうしているうちに、ボチボチと人が集まってきました。
『モトさん』、『かるかる』さん、『ナスビ』さん、『Morimashu』さん……。
ずっと長くいてくださるようになる方々です。
その頃は無理やり、俺のリアルの知り合いも2名ほど引き込みました。
そして、ようやくクラン戦ができるようになったのです。

10人集まるまで、ずいぶん、時間がかかったような気がしますが、
今、思うと1カ月くらいなんでしょうね……。
「俺がたくさんの人と楽しみたい!」と思うのは、
この待ちの期間のことが強く印象に残ってるからです。

話がまた逸れました……。
話をクランの歴史に戻すと、
それでクラン戦も定期的に実施するように。
当時は週一で週末のみ。
まぁそうして2014年は終わりました。

迎えた2015年、
確か、年が明けて、そんなに時間が立ってない頃、
月でいうなら1月か2月のことだと思います。
ある朝、このゲームを起動したら、
突然、リーダーのサバ燻さんが俺をリーダーに指名して、
クランを離脱していました。

理由は今も不明ですが、
まぁリーダーは大変だから、
ちと疲れたのでしょう。
当時はエントリーメンバーを選べなかった
(非参加設定がなく、ランクが上のメンバーが強制エントリーだった)ので、
わざと抜けてもらったりして、調整するのも大変でしたし……。

とにかく、突然の交代劇でした。
なぜ俺かというと、これまた推測ですが、
いちばん、よくチャット欄に発言していたからでしょう。
それにメガバスさんやゆずあやさんは、
サバ燻さんのリアルの知り合いだったので、
押し付けるわけにはいかなかったんでしょうね……。

とにかく驚いたけれど、
俺がまず思ったのは「クランを維持しなくては」ということ。
それで、クランプロフィールを「誰でも参加可能」にして、
そのときいたメンバーを、全員サブリーダーに任命しました。
あ、サバ燻さんは役職は誰も任命しなかったです。

すると、結構ドバッと人が増えました。
多分、45人作戦の影響もあったのでしょう……。
今、覚えているのは『オレンジ』さんですね。
アクティブだったので……。
んで、組織づくりをしようと思って、
オレンジさんに、ある程度、任せようと思ったら
抜けてしまいました。
「ふ~ん、クラン運営って、なかなか難しいな」。
リーダーなら、誰もが思うであろうことに気がついた瞬間でした。

オレンジさんもそうですが、最初にドバっときた人は長居はしてくれませんでした。
ほぼほぼ抜けたような……。
ただ、断続的に新たな人に加入いただき、
あるとき、なぜか、また、ドバッと第二の波がきました。
理由は不明。
多分、2015年の夏くらいのことだと思います。
とにかく、そのときにいらしたのが、
『咲夜』さん、『奥能登』さんです。
なぜか、この二人は俺のなかでは同期で、
まったく個性は違うのですが、共通点も多いのですよね。
どちらも今や欠かせぬ存在です。

そこからは、もう人の出入りの繰り返しです。
トピックを拾うとしたら、
なぜか、すごくよく話す人が一人はいるのですよね。
歴代でいうと、『アマゴ』さん、『コリュウ』さん、『メゴチ』さん、『卑弥呼』さん……。
俺は勝手に営業部長と呼んでいますが、
不思議と各時期に一人……。
営業部長がいる状態は続いたし、同時期に二人ということないのですよね。
パワーバランスというか、働きアリの法則だと勝手に思っています。
最近は営業部長はいませんが……。

あとは、荒しや事件もたまにありました。
「ち○ぽ」とか、書き込みを連発されたこともあれば、
いきなり、メンバーをキックされたことも数回あります。
ん~何が楽しいんだろ……。
俺は混沌は嫌いではないので、
すぐにサブリーダーや長老に任命するスタイルは変えないし、
まぁリカバリーはすぐできるので、
さほど意には介してないんすけどね……。

2016年頃からかは、たまに、本当にたまに、
柱となるような方にご加入いただいています。
『TKZ』さん、『かず』さん、『KIMURA』さん、
今、いる方では『ににひひにに』さん……。

いろいろな出会いがあり、
しっかりとグロチャで話してからお越しいただいた『Fire River』さん、
よそのクランの活動休止とともにお招きした『のぶりん』さん、『チョコ』さんなどは
印象深いです。

2017年のはじめ頃から、それまでは「まぁ45人でいいか」と思っていましたが、
「50人がフルハウスなら、50人を目指したい」という気概でメンバーを集うようにしています。
『ぼん』さんは2017年からですね。

こんなところです。
3年以上、クランのリーダーをやってきて思うことは、
「今が最高だ」と思える状態にはならないということ。
引退する人もいるし、違うクランを選ぶ人もいます。
そして、2018年の3月に放置気味となったメガバスさんもキックしてしまい、
ついにオリジナルメンバーはいなくなりました。

アクティブな人が去るとさびいしいものがありますが、
「去る人は追わず、来る人は拒まず……」といって強がっています。
まぁ、その内実には去る人は追いようがないという現実があるわけですが……。

いずれにせよ
クランは出会いと別れを繰り返す場です。

だからこそ、今、いてくださるメンバーを大切にしたいと思います。
そして、これからも皆さまのお越しをお待ちしています。

ご静聴、ありがとうございました。パチパチパチパチ……。

「釣りとバイクが趣味なんだ。」に戻る]