独断と偏見! 2020年に試乗・レンタルして気に入ったバイク5選

【出張版さすライダー・ドットコム/連載第19回】

こんにちわ、どんなバイクでも両足が着いてしまう男、さすライダーです。

僕は今まで色々なバイクに試乗してきましたが、それでも2020年はかなりの台数を新たに試しましたし、それとは別にレンタルでも数台試しました。

なので、今回はその中から僕なりに「ビビッときたマシン」を5つに絞ってまとめてみようと思います!

なお、僕はバイクの専門家ではありませんので、全て僕自身のフィーリングによる独断と偏見であることをご了承下さい(僕はツーリングの専門家です)

乗りやすい・軽い・カッコイイ「BMW F900R」

2020年にデビューした「BMW F900R」は、895ccの並列2気筒エンジンを搭載したスポーツネイキッドです。

特徴としてはエッジを多用したストリートファイタースタイルのデザインがカッコよく、出力特性がマイルドかつ軽量でとても乗りやすいことです!

事実、僕は走り出した瞬間に「うわぁ〜、めっちゃ乗りやすい!」と大きな独り言を言ってしまったくらいです。

また、大型液晶ディスプレイ、クイックシフター、電子制御サスペション、トラクションコントロールなどの各種快適装備が「全部入り」なことも特徴で、これは上級グレード「Rシリーズ」に匹敵する充実っぷりです。

カッコよくて乗りやすくて装備充実=欠点がない

ピュアなボクサーエンジンを味わう「BMW RnineT」

F900Rが電子制御満載の「スマートフォン」なら、RnineTはアナログ万歳「ガラケー」な存在のマシンです。

BMW伝統のボクサーエンジン(水平対向2気筒エンジン)を搭載した、最近流行のネオレトロスタイルのRnintTは、敢えて電子制御類を極力排除することで「エンジンや車体の本来の味」をライダーにダイレクトに伝えてくれます!

なので、通常はハンドル周りにボタンが沢山あるのがBMWバイクの特徴ですが、RniteTのハンドル周りは至ってシンプルです。

エンジンをかけた瞬間に車体が横に振れる現象(ボクサーエンジン特有)も敢えてそのままにしてあるので、まるで生き物に乗ってるような感覚を味わえる楽しいバイクです!

車体が美しすぎます

DCT搭載の異色のアドベンチャー「HONDA X-ADV」

ホンダが誇る自動ギアチェンジシステム「DCT」を搭載したアドベンチャーバイク「X-ADV」の見た目はスクーターですが、、、実はスポーツバイク顔負けの装備が盛られています。

というより、そもそもDCTは無段変速機ではないので、そういう意味ではX-ADVは完全にスポーツバイクと言えます。

視認性抜群の多機能液晶ディスプレイ、スマートキーシステム、ABSにトラクションコントロール、スポークホイールにブロックパターンのタイヤ、シート下のラゲッジスペースなどなど、とにかくいくら語ってもキリがないほど特徴あるバイクです。

走行感覚としては「バイクというよりは新しい乗り物に乗っている感覚」で、僕の中では完全にガジェット扱いです!

類似マシンが存在しないオンリーワン

ジェントルなビースト「KTM 790DUKE」

軽量なオレンジカラーの車体が特徴のKTMは、近年日本での販売台数を着々と伸ばしている人気メーカーです。

特に別名「ビースト」と呼ばれるDUKEシリーズの人気は凄まじく、現在125cc〜1290ccまで幅広くリリースされています、、、が!僕はその中でも「790DUKE」が一番のお気に入りです。

もともとDUKEシリーズは最上級の1290を除いて、シングルエンジンを搭載したマシンでしたが、790は不等間隔爆発の並列2気筒エンジンが搭載されています。

それでいて車体重量が169kgしかないので、アクセルをひねるとぶっ飛び加速をするかと思いきや、、、実に扱いやすくジェントルなビーストに仕上がっています!

軽くてハイパワーでカッコイイ!

癒し系アドベンチャーバイク「Moto Guzzi V85TT」

イタリアの老舗バイクメーカー「Moto Guzzi(モト・グッツィ)」のアドベンチャーバイクが「V85TT」です。

特徴的な二眼ライトとクシバシが織りなす顔がとっても可愛く、僕の中では乗り味も含めて「癒し系アドベンチャーバイク」として君臨しています。

エンジンは「縦置きVツイン」という独特のレイアウトになっていますが、特に変なクセはなく、むしろマイルドで優しい味付けになっています!

ちなみにBMWのボクサーエンジンと同じく、始動時に横にふられるので、、、というよりかなり強めに暴れるので、ちゃんと足をついた状態でエンジンをかけないとヤバいです(汗)

独特の味がある癒し系マシンでした

まとめ:おバイクはどれも最高!

今回は敢えて5つのマシンを選びましたが、当然他に試乗・レンタルしたマシンが気に入らなかった訳ではありません。

どのマシンにも個性があって、乗って楽しいし見ても楽しい、、、だからおバイクはどれも最高なのです!

ってことで、2021年も色々なおバイクに乗りまくります(最高のきらり)

話題の自立するバイク「トリシティ300」も良いぞぉ

 

執筆者のプロフィール

SasuRider
SasuRider
北海道砂川市在住。バイクで日本2周、オーストラリア1周済の放浪系バイク乗り。フリーのWebライターとして活躍中。自身のサイト、本家「さすライダー.com」も大好評。YouTubeの「さすライダーチャンネル」のチャンネル登録もお願いします。
【管理人より/『趣味達者が綴る』のバックナンバーはこちら
0

関連コンテンツ



投稿日:

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.