【車種レビュー】まるでスポーツバイク? BMWスクーター「C400X」ってどうなの?

【出張版さすライダー・ドットコム/連載第33回】

どもです、スクーターって「運転がつまらなそう」と歪んだ偏見を持っていた男、さすライダーです。

仮にバイク系フェミニスト(?)がいたら「なんでやねん」と思い切り突っ込まれそうですが、ところがその偏見はあっという間に修正されました!

だって、BMWのスクーター「C400X」に乗ったら、本気で欲しくなってしまったんですYO、、、

スクーターに対する偏見を除去する記事です

BMW C400Xってどんなバイク?

C400Xは2019年から販売されている、BMWのいわゆる「ビッグスクーター」です。

日本では既にブームが去ってしまったビッグスクーターですが、欧州では以前高い人気を保っているので、当然BMWもリリースしているわけです。

ちなみに基本設計を共有している兄弟車両「C400GT」もありますが、こちらは「GT:グランドツーリング」の名の通りのツアラーモデル、今回紹介する「X」は街乗り重視のアーバンモビリティとなっております。

余談ですが、、、GS乗りの僕としては、XのヘッドライトがGS型なので、、、無条件で惚れてしまいましたYO

BMWのビッグスクーターです(ヘッドライトがGS型)

街乗り重視の「X」です

C400Xのエンジンと装備

C400Xは「400」という名前なので「あ〜400ccのマシンなのね」と思われがちですが、実は「350ccの単気筒エンジン」を搭載しています(笑)

低速域からストレスなく走ってくれるエンジンで、法定速度まで余裕で到達してくれます!

名前は400だけどエンジンは350ccです

スクーターとしては異例のスポーツバイク並みの装備が施されていて、フロントブレーキはまさかのダブルディスク、しかもASC(トラクションコントロール)も搭載されています!

もちろんBMWのバイクということでABS、多機能大型ディスプレイも装備、それから定番のグリップヒーターと、なんと!シートヒーターまで装備されています。

ちなみに灯火類はウインカーも含めてフルLEDとなっておりまして、とても明るく視認性が抜群でございますYO

え?スポーツバイクですか?ってなダブルディスクブレーキです

見やすい多機能大型ディスプレイが装備されています

グリップヒーターに加えてシートヒーターもあり!

灯火類は全てLEDです(顔がGS)

メインキーは「スマートキー」となっているので、持っているだけでイグニッションのON・OFF、ハンドルロック操作、それからガソリンキャップの開閉ができちゃいますYO

それからスクーターの特徴とも言える収納スペースについては、フロント左右の収納BOX(右側は電源・ETC付き)とシート下スペースが確保されており、このうちシート下スペースは「フレックスケース」というユニークなシステムとなっております。

フレックス部(?)を押し下げるとヘルメット収納スペースが生まれ、走るときは元に戻すとエンジンがかかる仕様になっています。

僕のようにスマートなキーを採用しています

フロント左右に収納BOXあり

これがシート下収納スペースです

フレックス部を押し下げるとヘルメット収納スペースができます

フルフェイスヘルメットが収納できますYO

C400Xの足つきチェック

みんな大好き足つきチェック!ということで大変お待たせいたしました「身長173cm+脚長」という高スペックの僕による、一般的には全く参考にならない時間がやってまいりました(汗)

C400Xのシート高は「775mm」と比較的低めですが「基本ビッグスクーターは幅広シートのせいで数値よりも足つきが悪い」というのが定番ですが、、、あれ?これは凄く良い感じですYO?

僕だと両足ベタ付きから〜の、シートが高くなる後ろにケツをずらしても、両足の半分が地面に接地しました。

それから車体バランスがいいのか「あ、やば、、、」と思うことが皆無で、これなら足つきが不安な女性ライダーでも乗りこなせると思います!

足つきは極めて良好です!

走行インプレッション

まずはじめに結論から!楽しい!!!これ、スクーターじゃなくてスポーツバイクですね!

というより、まずは僕がスクーターに対して「大いなる偏見」を持っていたことをお詫び申し上げます。

ギアチェンジがない=運転がつまらない、のではなく「ギアチェンジがないから運転に集中できる」の間違いでした!

C400Xはアクセルをぎゅっ!と回せばすぐに法定速度まで到達しますし、車体剛性が高いので直進安定性が良く、常にカチッとしていますYO

直進安定性がスポーツバイクそのもの!

市街地では「ノーギアチェンジ」の利点を活かしてほぼ無敵状態、見た目に反して意外と小回りが効くので、恐らく路地裏でも快適そうです、、、はい、北海道は路地裏も広い道路なので、あくまで予想ですYO、、、

コーナリングはタイヤの接地感が抜群で曲がりやすく、まるでセンサーがついてるようにバンク角を維持してくれます。

とにかく純正に走っていて「楽しい」と思えるバイクなので、機会があれば、それこそ僕のようにスクーターに間違った偏見を持っている方にこそ是非乗って欲しいマシンです!

付け加えると「X」は街乗りを想定したモデルですが、全然ツーリングでも問題なく使えましたし、スクリーンもあるので走行風による疲労もなかったです。

街乗りではほぼ無敵状態ですYO

コーナリングが楽しいスクーターです(北海道のコーナーは緩い)

スクリーンがあるからツーリングも全然イケる!

C400X欲しい!めっちゃ気に入った!

いやぁ〜、良いですね!C400X!僕は自他共に認める「BMW信者」ですが、それを差し引いても素晴らしいマシンでした。

とにかく走っていて楽しい、直進安定性が抜群でコーナリングも鋭い、から〜の充実の装備とスマートキーの利便性、そしてカフェが似合うそうなシャレオツデザイン!

今まで幾多の車両レビューをしてきましたが、その中でトップ3で「本気で欲しい」と思ってしまいましたYO

これほど北海道が似合うビッグスクーターはないはず

動画でもC400Xをレビューしています

執筆者のプロフィール

SasuRider
SasuRider
北海道砂川市在住。バイクで日本2周、オーストラリア1周済の放浪系バイク乗り。フリーのWebライターとして活躍中。自身のサイト、本家「さすライダー.com」も大好評。YouTubeの「さすライダーチャンネル」のチャンネル登録もお願いします。
【管理人より/『趣味達者が綴る』のバックナンバーはこちら
0

関連コンテンツ



投稿日:

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.