【車種レビュー】イケイケの攻め攻めネイキッド「BMW S1000R」ってどうなの?

【出張版さすライダー・ドットコム/連載第34回】

どもです、のんびり景色を眺めながらバイクで走るのが好きな男、さすライダーです。

そんな僕の趣向の対局に位置するマシンが「スーパースポーツ」ですが、それがちょっと穏やかになった「スポーツネイキッド」に試乗できる機会が訪れました!

さて、気になるそのマシンの名前は「BMW S1000R(新型)」ハイテク満載のすごいやつです。

新型S1000R来たぁ〜!

BMW S1000Rってどんなバイク?

BMWのおバイクといえばGS、とにもかくにもGS、何がなくてもGS、、、ってな感じで、BMWの顔といえばGSですが、近年それを脅かす知名度を誇るマシンが「S1000RR」です。

BMW渾身のSSとして、峠攻める系ライダーに大人気のマシンですが、実は同じ車体コンポーネントを使用した「兄弟車両」が2台あります!

一つは「S1000XR」BMWお得意のアドベンチャーツアラー、そしてもう一つが今回試乗した「S1000R」スポーツネイキッドってわけです。

つまり、ガチのスポーツマインドを引き継いだネイキッド、それがS1000Rで、2021年にフルモデルチェンジされた新型、しかも上位モデルの「Mパッケージ」に乗っちゃいました(庶民はコケたら修理破産確定・汗)

近未来的デザインが素敵すぎます!

セレブの証「Mパッケージ」のマーク

S1000Rのエンジン・装備

S1000Rは今となっては貴重な4気筒エンジンを搭載したマシンで、排気量は999ccです。

最高出力が165PSとか、あの世が見えるスペックを誇っていますが、、、意外にも低速でも扱いやすく、ガタガタしたりエンストする感じはなかったです。

廃ガス規制時代では貴重なヨンパツ

装備としてはBMWのお家芸的なABS、トラクションコントロール、ライディングモードセレクト、電子制御サスペンションは全て網羅しており、グリップヒーターやクルーズコントロールなどの快適装備も備わっています。

もちろんクイックシフターも装備されているので、クラッチレスでカチャっ!カチャっ!と気持ちよくギアを上げて加速できます!

ぶっちゃけ「装備されていないもの」を探す方が難しく、ほぼ全部入りのハイテクマシンとなっております。

ABSはあたり前田のクラッカー

グリップヒーター、モードセレクトもあたり前田のクラッカー

電サス、クルコン、その他諸々もあたり前田のクラッカー

クイックシフターもありまっせ!

S1000Rの足付き

みんな大好き足付きチェック!しかし僕の場合はあまり参考にならなくてゴメンナサイ(平均より足が長いので)

、、、S1000Rのシート高は830mmとなかなかの数値ですが、オプションで810mmのローシートも用意されています。

今回は830mmの方の足付きですが、僕の場合は両足ベタ付きだったので、この手のバイクとしては良好な部類であると感じました!

エンジン周りのボリュームがすごいので、さぞかし足つきが悪いんだろうな、、、と思っていたのですが、跨った感じが意外にもコンパクトでした。

足付きは良い方だと思います

S1000Rの乗り味は?

冒頭でお伝えしたように、このバイクはS1000RRのネイキットバージョンなので、僕としては「街乗りもイケる、乗り易い系の味付け」かと思っていましたが、それは走り出した瞬間に間違いであると悟りました(汗)

決してSSのようにキツくはないですが、それなりに前傾を強いられる攻めのポジション、レーシーな硬めのサスペンション、そしてイケイケなエンジン音、、、こいつは決してSSのカウルを取り払ったジェントルマンではなく、SSに勝るとも劣らないスポーツバイクだったのです!

なので正直乗り心地は良い方ではなく、少なくてもロングツーリングには向いていないキャラクターです。

硬めのサスと前傾で街乗りはイマイチ

しかし、当たり前といえば当たり前ですが、ワイディングに入った瞬間にS1000Rは真価を発揮します!

ちょっと体重移動しただけでスルッと曲がってくれるコーナリング、から〜の立ち上がりのスムーズな加速、刺激的でそそるエンジン音、、、あれ?もしかして僕ってイケてるライダーじゃね?っと勘違いしてしまうこと間違いなし。

なるほど、S1000RはRRの牙を削いだネイキッドではなく、ライダーの走りに対するテンションを上げてくれるマシンだったようです。

とにかくコーナリングが楽しすぎるけど、ちょっとコンビニ行って来るのは苦手、、、というある意味分かりやすい古典的なキャラなのかもしれません(ハイテクなのにローテクみたいな)

イケイケの峠攻める系キャラでした!

S1000Rは最高の愛人!

結論、S1000Rは妻じゃなくて愛人ですね!

メインのバイクを心から愛してる、穏やかで平和な時間をありがとう、、、でも、たまには刺激ってやつが欲しくなるんだよベイビー!

まさにそこにハマるバイクがS1000R、SSじゃないけどSSに勝るとも劣らない刺激的な走り!ということで、色々な意味で危険なカホリがするおバイクでした(ホシィ)

刺激を求めるあなたに!

執筆者のプロフィール

SasuRider
SasuRider
北海道砂川市在住。バイクで日本2周、オーストラリア1周済の放浪系バイク乗り。フリーのWebライターとして活躍中。自身のサイト、本家「さすライダー.com」も大好評。YouTubeの「さすライダーチャンネル」のチャンネル登録もお願いします。
【管理人より/『趣味達者が綴る』のバックナンバーはこちら
0

関連コンテンツ



投稿日:

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.