小遣い稼ぎ術

更新日:

釣りもバイクもお金の掛かる趣味ですよね……。
そこで今回は小遣い稼ぎ術を紹介します。
手段はずばり「スロット」です。
はい、悪名高きギャンブルですね。
なので、人を選びます。
最近、このサイトのベース「釣りとバイクが趣味なんだ。」でも話題になったので、
一応、紹介しておきます。
まぁ、こういうこともあるのだ……くらいの情報として。

まず、ギャンブルをやらない人は
パチンコとスロットの違いがわからないと思うので、
そこから。
もちろん、見た目から違うのですが、
勝ち方に着目すると次の点が重要です。
●スロットは設定がある(お店が当たる確立を6段階で調整できる)
●スロットは天井がある(一定の回数をまわすと確実に当たる)

なので、勝つには設定の高い台か、
天井に近い回数を回してある台を打てばよいわけです。

設定は1~6の6段階で、数字が大きくなるほど、
当たる確率が高くなります。
ただ、とくに最近は高設定の台を多く置くホール(パチンコ店のこと)は、
めっきり減りました。

なので、ここで紹介するのは天井を意識して打つ、
「天井狙い」という打ち方です。

これは理論はシンプルです。
天井は機種によって違うのですが、
たとえば天井が「1000回転」の場合、
仮に「999回転」の台が落ちていたら
(「落ちる」とは、その台を打っている客がいなく、すぐに打てる状態で放置していることです)、
あと1回、回せば当たるので確実に勝てますね。
あ、ちなみに回転数は、どのホールでも上のカウンターに表示されています。

これは極端な例ですが、
少し枠を広げて
「900回なら」、「800回なら」と考えていっても、
ある程度、すでに回っている状態なら、
勝ちが期待できるわけです。

その数値を、
スロットの世界では「天井期待値」といいます。

つまり、「天井期待値」のある台を打てば、
理論上は必ず勝てるわけです。
実際、俺も勝っています(月に2万くらいですが……)。

これは裏技でもなんでもなく、
スロットをかじったことがある人なら、
ほぼ誰でも知っています。
ホールによっては、
台の上にその機種の天井を示しているところもあります。

機種ごとの天井と天井期待値は
こちらのサイトを参照のこと。
※参考サイト/2-9伝説さんのHP
スロットコレクション

では、なぜ、みんな実践しないかというと、
面倒だからです。
まず、ほぼほぼ期待値がある台は落ちていないです。
都内、まぁ池袋なら
仕事終わりに5店まわって、
1台落ちているかどうか……。

逆になぜ落ちているかというと、
時間がなくて途中でやめたり、
そもそも天井のことを知らない方(まぁカモですわ)がいるから。

感覚的にはレアケースではあるけれど、
激レアではないという感じでしょうか……。

んで、勝つ立ち回りはというと……。
期待値のない台は絶対に打たない
●打つなら天井まで回しきる
●当たって連チャンしなくても追加投資しない
●夜9時以降は打たない(大当たりしても回収しきれない可能性が高いため)
といったところですね。
これを実践したら、理論上、確率統計上、そして俺の経験上、勝てるのです。

心得としては次のとおり。
●たとえ負けても、「今日はそういう日か……」とクールに切り替える(そういう日もありますが、期待値のある台を打ち続ければ、勝ちに収束していきます)
●遊びではなくバイトという感覚で冷静に

まぁ、時間に余裕がある人しか実践できないでしょうから、
スロットに興味がある人、そして、何となく打っている人は「ぜひ天井を意識してみては?」という感じですね。
あ、そうはいってもギャンブルはギャンブルですので、あくまでも自己責任でお願いします。

ここでは「天井狙い」を紹介しましたが、
他にもパチンコ、スロットには勝てる立ち回りはあります。
逆にいうと、それを知らなければ、
必ず負けに収束していきます。
たとえるなら魚のいないポイントに一生懸命キャストするようなもの。
策なく打つのは、時間と金の無駄ですからねっ!!!

  • : その他
  • : 管理人
0

関連コンテンツ



-その他

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.