【事故多発!?】車よ、調子くれるなよ【衝撃映像】

更新日:

若い頃は「大人になって車(四輪)に乗るようになったら、バイクは乗らなくなるのだろうな」と思っていましたが、俺の場合はそうはならないようです。
何かとバイクのほうが便利なのですよね。
一応、車も所有していますが、俺は俄然、バイク派です。

最近、車の事故が目につきますよね。
4月19日の池袋の事故や5月8日の滋賀県大津市の事故……。
共通点は歩行者を巻き添えにしていることで、たまったものではありません。

5月3日はバイクをも巻き込む事故がありました。

・参考サイト/YouTube/ANNNewsCHのチャンネル
※下のサムネイルをクリックするとYouTubeに飛びます。動画なので通信環境に要注意

これを見て、俺はかなりビビりました。
ど、どうしようもない……。

俺自身の体験としても、最近、バイクに乗っていてヒヤリとすることがありました。
「止まれ」がある交差点で二段階停止(まず一時停止線で停止し、そこから交差道路を見渡せる位置までソロソロと前進して停止すること)の二段階目のところで、車が右折してきたのです。その右折の角度がかなり変で、俺のバイクに突っ込んでくるところでした。相手の車は、スピードはそれほどは出ていませんでしたが、30kmくらいは出ていたと思います。
人間、そうなると、どうするかというと、もう動けないものですね。
この感覚は……、そう、大学時代にバイクに乗っていて小便を我慢し、家に着いたと同時にトイレに駆け込んだときに似ています。どういうことかというと、そのとき、ユニットバスのトレイのドアを開けてなかに入るところまでは行けたのですが、ズボンを下ろす前にジョロジョロと……。そうなると、もう小便を止めようと思う気は起きず、「どうにでもなれ」となるものです。そう、「なすがまま状態」に陥るのです。

…………。

話を戻すと、その右折車が突っ込んできたときは、向こうがギリギリで回避していきました。運転していたのはおじさんで、何か知りませんがビックリした表情でした。俺はすぐにイラッとするタイプなので、Uターンして追いかけて文句の一つでも言ってやろうと思ったのものです(実際には行動に移しませんでしたが)。

もしかしたら、「歩いていて車が突っ込んできたら、逃げればよいじゃん」と思う方もいるやもしれませんが、それってかなり難しいですよ。本当に動けない……。

その点、「これはすごい」という海外の動画があるので、そちらも紹介しておきます。
・参考サイト/YouTube/海外の方のチャンネル
※下のサムネイルをクリックするとYouTubeに飛びます。動画なので通信環境に要注意

高齢者の運転が問題になっていますが、そこには個人差があるので、なかなか難しいと思います。ただ、バイク派の俺からすると、「車を運転するときは気をつけましょう」ではまだまだ甘い。この気持ちを表現するなら、「車よ、調子くれるなよ!」です。

以前は「バイクは危ない乗り物」といわれていましたが、バイクはむき出しだから、事故を起こすと、自分も無傷ではいられません。それがわかっているから、たいていのライダーは無理はしないのですよね(一部に例外があるのは残念です)。
それに、仮に車に乗っている方がバイクに乗り換えたら、渋滞もかなり大幅に緩和されるはずです。のみならず、冬なんかは「バイクだと寒いから電車で行こうか」となることも多く、エコにつながるに違いありません。

商業用以外の車は禁止で、代わりにみんながバイクに乗るようにならないかな……。

いや、現実味がないことはわかっていますよ。
でも、そういう面でのバイクのよさは見直されてもよいとは思っています。

でわでわ~。

投稿者/管理人

    0

    関連コンテンツ



    -バイク

    Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.