【ダイワ】ウェダーを買ってみた【FW-4201R】

更新日:

え~、ウェダーを買いました。
もう、前のがボロボロで……。
俺は何でも最後まで完走するタイプなのですが、このウェダーに関してはチビチビと足元から浸水するようになってきてしまいまして……。
ちなみに、俺はタックルは何でも安物です。
ロッドなんて、ず~っとノーブランドの5千円くらいのを使っていました。んで、前回の買い替えのときに「たまには、いいのを買うべな~」と一念発起してダイワやシマノを手にとってみたものの、「ん~3万ですか……」と躊躇してしまい、結局ニッシンの1万ちょいのに。
いや、道具なんて、なんでもよいのですよ。腕さえあれば!
まぁ、俺はまったく腕もありませんが……。
ロッドについては、以前、人にいわれた「高いのは軽いけれど、むしろ強度は落ちることもあるし、耐久性も変わらないよ」という言葉をずっと真に受けています。
これから渓流をやろうという人も、まずはノーブランドのリーズナブルなものでよかと思います。
んで、「おもしろい」と思ったら、よいのを買うと。
ただ、長さについては「大は小を兼ねる」で6.3m以上が推奨です。現場で長いと思ったら、全部を出し切らずに短く持てばよいだけですから。
あとは、リーズナブルなものでも重さを選べるなら軽いほうがよいかと。200gを越えると、ずっと持っているのはしんどくなります。

あ、それでウェダーです。
買い替え前のものがこちら。

リョービのですね。
価格は忘れましたが、俺のことなので絶対1万円はしなかったと思います。
この鮎師が履くようなタイプ、名前をなんというのか知りませんが、当初は「こちらのほうが収納時にコンパクトにまとまってバイクに積みやすいのでは?」と思って購入したのですが、むしろかさばります。履き心地もさほど……で、まったくおすすめできない逸品でした。まぁ、履きつぶしましたが……。

んで、購入したのはこちら。

ダイワのFW-4201Rです。
「ノーブランドの6千円くらいのでよいやぁ」と思っていたのですが、「まぁ1万円越えないなら、安定のダイワ」と思った次第です。
アマゾンで見てみると9,374円ですが、キャスティングで7,936円でした。決め手は腰にベルトがついているのと、フロントの内側にポケットがついていることです。
うん、ベルトはエサ箱や網の固定に使うし(これまではベルトを持参していました)、ポケットにはデジカメを入れられる。これは便利でしょ。
通気性は素材的に皆無かと。まぁ、この価格帯では望めないですよね。いいんだ、水漏れさえなければ。
あと、インナーソウルがついてました。

リーズナブルでありながらベルト&ポケットつきということで星5満点で星4です。
これくらいの価格でウェダーを探している方にはおすすめです。
え!? 使う前からレビューするなと?
いや、もうこの手のウェダーなら履き心地や使い勝手はわかるじゃないですか。
いつか履いてみたい通気性素材……。

あと、大事な情報としては、ウェダーは購入する前に試着することを、ほぼ絶対的におすすめです。
これは今日買ったウェダーのタグにも書いていました。
え~原文でいきますと
「お買い求めの際は必ずご試着の上、サイズをお選び下さい。」
です。
俺の場合でいうと、俺は足が大きくて、ナイキのスニーカーなんかだと29cmなのですが、今回買ったのはLLでタグには26~27cmとあります。いや、LLがなかったんす。でも、試着させていただいたところ、キツめどころかむしろピッタリでした。アマゾンのレビューにもありましたが、この製品はちと表示サイズより実際のサイズのほうが大きいやもしれんす。まぁ、そもそもウェダーがその傾向があるのですが……。多分、このウェダーも実際に使っても「ちょっと小さい」ということはないと思います。
通販全盛の現在、釣りやバイクのウェアも試着しないで購入ボタンをポチっとしがちですが、やっぱそれは怖いっすよ。

さて、この新しい相棒、歩きにくかったり、水漏れとかしたら、報告しますが、
今のところ、使ってみてのレビューはしなくてよいかなと……。
まぁ繰り返しますが、星4ですよ。

でわでわ~。

投稿者/管理人

1+

関連コンテンツ



-釣り

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.