【30MM】アルトを組み立ててみよう【本当に30分?】

【大人の趣味入門(仮)/連載第2回】

【前回までのあらすじ】

バンダイスピリッツ(バンダイがプラモデル部門を分社化した新会社。ガンプラを中心にバリバリ稼いでいる)が、アニメなどのタイアップなしでリリースしている新シリーズ『30MINUTES MISSION」通称「30MM」。これを作ってみようとということでまずは20種類もあるキットから地球軍の「アルト」をチョイスして開封した。ニッパーも用意して準備万端。

さあ、作ろう。
まずは頭から。30MMのキットは、頭、腕、胴など、組み合わさるパーツが最初から近くのランナーについている。
頭は、写真の最上段の横一列に、ヘッドギア、レンズ(クリアパーツ)、頭部前側、頭部後側の4つのパーツになっている。
ニッパーでじゃんじゃん切り離していけば、サクサクと組み上がっているというわけだ。

次は胸部分。1つしかないので気が楽だ。

そして腕。両腕のパーツは共通になっている、拳だけは左右違う。

両脚はまったく同じ部品。2回作るので、2本目はだいぶラク。

腰パーツ。部品は多くないが少し複雑で向きを間違えやすい。慎重に組み立てよう。
3mmの穴が開いているが、こういう穴が全身にあり、いろいろなオプションや武装を取り付けることができる。
そのカスタマイズ性の高さが、30MMの醍醐味部分なのである。

頭、胸、腰、両腕、両足と7つの部位が揃った。
部品も(ガンプラに比べれば)多くなく、ランナーの上を探し回ることもないため、スムーズに組み立てできる。
それでいて細部のディテールはガンプラなどと遜色ないクオリティなのである。完成に近づくにしたがい、こどものオモチャっぽさがなくなっていく。
これは仕上げ次第では化けるのではないだろうか。

付属の武装(マシンガン)を持たせれば完成。軽くポーズを決めてみる。

アルト(イエロー)のキット内容はこれで全部だ。本当に30分程度でできあがる。
ガンプラで同じサイズぐらいのキットだと1時間程度はかかるため、「手軽に作れる」は本当だった。
ギミックや武装は多く含まれていないので、少々物足りなさはあるが、これはあくまで「素体」であり、お楽しみのカスタマイズはこれからである。まずはこの状態で全身を確認して、これからのプランを考えてみたい。

次回はオプションセットを1つ試してみよう。
イエローのボディにグリーンの追加装備なら似合うんじゃないかな。

(管理人より/サラリと広告。よければ30MMのお買い求めはこちらから↓)

執筆者のプロフィール

Minotake
Minotake
管理人氏の仕事&趣味仲間。クラクラの元ギルメン。
ちょっと記事を書いたり、なんか作ったりしますわ。
0

関連コンテンツ



投稿日:

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.