【保存版】現役バイクライターが本気でおすすめしたいアイテム5選

【出張版さすライダー・ドットコム/連載第35回】

どもです、意外と知らない人が多いかもですが、本業は「フリーライター」そして「ジャンルはバイク」のさすライダーです。

そうなんです、いわゆる副業じゃなくて、こうやってバイクの記事を書いたり、動画を作ったりするのがそのまま本業なんです!

しかも得意分野はズバリ「商品レビュー」なので、今までありとあらゆるバイク用品を使ってきましたが、今回はその中でも「これは本気でおすすめだぜ!決してメーカーへの忖度や案件じゃないぜ」ってなアイテムを5つ紹介したいと思います。

ぶっちゃけお安くはないものが多いですが、必ず価格以上の満足を得られることをお約束します、、、ってことで早速いきますYO

ヘルメット:LS2 チャレンジャーF

スペイン生まれのヘルメットメーカー「LS2」のツーリングヘルメット「チャレンジャーF」はマジでおすすめですYO

、、、とは言っても「ん?LS2?ヘルメットといえばAraiとSHOEIでしょ?ぽか〜ん」ってな人が多いと思いますが、実はLS2は海外でかなりのシェアを誇る著名なメーカーなんです!

そして、そのLS2の「チャレンジャーF」は近未来的デザイン、各種ベンチレーション、インナーバイザー、フル脱着内装と機能が満載で、しかもピンロックシートと立派なヘルメットバッグ、それからヘルメットカバーとヘルメットサポート(メンテナンス台)という豪華すぎる付属品がついて、お値段まさかの「30,800円〜(税込)」という信じられないコスパを誇るヘルメットなんです!

そうなんです!今回はお安くないものが多い、、、と怖がらせておいて、トップバッターはヘルメットとしては相当お安い、、、けど素晴らしいヘルメットにご登場いただきました。

※管理人より/ちなみにアマゾンアフィリを利用するとこちらです↓

ジャケット:KNOX アーバンプロ

イギリス生まれの世界的なプロテクターメーカー「KNOX」が誇る、通称「着るプロテクター」が「アーバンプロ」でございます!

、、、って、パッと見メッシュジャケットやん!全然着るプロテクター感がないやん!っと突っ込みたくなるかもしれませんが、、、確かにメッシュ素材なんですが、かなり高強度で引き裂きと摩耗に強い作りになっています。

しかも肘、肩、脊髄(OPで胸部)にはCE規格をクリアした特殊プロテクターを装備しているので、まさに「着るプロテクター」なんです!

これを実際に着ると「守られてる感」が半端なく、しかも着心地や動きやすさが抜群に良く、さらにはタイトフィットなのでインナープロテクターとして上から普段着を着ることができます(お気に入りの服でバイクに乗れます)

難点としては「39,600円(税込)」とそれなりのお値段であることですが、僕は今これしか着ないほど気に入ってますYO

※管理人より/ちなみにアマゾンアフィリを利用するとこちらです↓

アドベンチャーブーツ:ガエルネ Gミッドランド

これね、控えめに言って「最&高」なブーツなんです!大好きです、気に入ってます、ぶっちゃけGSに乗る時はこれ以外考えられないです!

ガエルネといえば恐らくライダーなら知らない人はいないであろう、イタリアの超メジャーブーツメーカーですが、この「Gミッドランド」はゴアテックスを駆使した防水アドベンチャーブーツなんです。

まずは見た目がかっこいい、それから抜群のフィット感、そしてかなりの雨でも一切浸水しない防水性能の高さ、加えてプロテクション性も高し!、、、と「え?欠点?それって美味しいの?」と言わんばかりの超優等生なんですYO

こちらもアーバンプロと同様に「41,250円(税込)」と、それなりのお値段となっていますが、履いた瞬間に元が取れると断言します!

※管理人より/ちなみにアマゾンアフィリではピッタリの製品は見つけられませんでしたが、ガエルネのブーツはこんな感じです↓

デジタルエアポンプ:KIJIMA スマートエアポンプ

お次は僕が大好きなガジェット、タイヤの空気入れを自動化しちゃう「スマートエアポンプ」の登場でございます。

あらかじめメーカー指定の空気圧を設定してスイッチを入れると、自動的にタイヤにそこまでの空気を入れてくれて、終わると自動停止するという優れものです。

しかも空気圧の単位は「PSI・BAR・KPA・kg/cm2」の4つから選択できて、バイクの他に車や自転車、なんとボール(笑)の空気も入れられちゃう優等生っぷりです。

ちなみに老舗バイク用品メーカーの「KIJIMA」が作ったガジェットなので、怪しい中華製ガジェット(嫌いじゃないけど)にはない絶対的な安心感がありますYO

気になるお値段は「7,920円(税込)」と単純に空気入れと考えるとお高めですが、これで正確に空気入れができて、しかも自分でシュコシュコする時間が短縮できると思えば、速攻で元が取れる投資です!

※管理人より/ちなみにアマゾンアフィリを利用するとこちらです↓

空気圧監視ガジェット:FOBO Bike2

前後タイヤのエアバルブにセンサーを取り付けて、空気圧を測定してスマホに送ってくれる、、、そんな便利で萌え〜なガジェットが「FOBO Bike2」です!

つまりはエアゲージを使って、手を汚しながら測定していた空気圧が、スマホを開くだけで簡単に把握できるってわけです!

しかもスマートウォッチでも確認できるので、さっと腕を見て「うむ、現在の俺っちの愛車の空気圧は〇〇だぜ」っとミッションインポッシブルごっごができます(最高)

、、、っと、ここで勘の良い方なら既にお気づきでしょうが、前述のスマートエアポンプと併用すると「普段はスマホで空気圧をチェック、仮に空気圧が減っていたら自動で入れる」という美しいスマートライフが手に入ります!あぁ、堪らね〜っす。

ちなみにお値段は「9,980円(税込)」と地味にボディーブローのように効く価格ですが、このスマートさを考えるとお値段以上ニ○リもびっくりだと思いますYO

※管理人より/ちなみにアマゾンアフィリを利用するとこちらです↓

全部最高におすすめ!

えっと、できれば全部手に入れてください、絶対に損はさせません!が、しかし責任は取りません(爆)

、、、くどいですが僕はバイクライターです、しかも得意分野は商品レビュー、今回選んだアイテムはズバリ全て買いです!

きっとあなたのバイクライフが今の2倍3倍はグレードアップすること間違いなし。

FOBO Bike2は動画もあります

執筆者のプロフィール

SasuRider
SasuRider
北海道砂川市在住。バイクで日本2周、オーストラリア1周済の放浪系バイク乗り。フリーのWebライターとして活躍中。自身のサイト、本家「さすライダー.com」も大好評。YouTubeの「さすライダーチャンネル」のチャンネル登録もお願いします。
【管理人より/『趣味達者が綴る』のバックナンバーはこちら
0

関連コンテンツ



投稿日:

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.