コメント(0)

クラクラ/クランリーグを考える

今回のテーマはクラクラです。

まず、12月にイベントを控えているので、
皆さま、奮ってご参加を!
一見さんも大歓迎です。

※参考サイト/本HP内リンク
クラクラ/合同イベント「雪見酒」のお知らせ
さて、ここではちと、俺なりにクランリーグを考えてみます。

クランリーグ、楽しんでますか?
画像/下にリンクのある「なりブロ」さんの画像です。

ちと前置きしますが、
このサイトは管理人がWordPressというツールで
手作りをしています。

本来、WordPressはブログ用のツールなので、
SNS的に交流の場として仕上げるのは難しいのですが、
「プラグイン」というアプリ的なものを積むことで、
いろいろな機能を追加していくことができます。

そのプラグインの一つに、
訪問者数や記事の閲覧数を
サーチするものがあるのですが、
これまでの記事のなかで、
もっとも閲覧数が多いのが、
こちらなんすね。

※参考サイト/本HP内リンク
クラクラ/2018年夏のマッチング係数を考えるいや、俺は、もっとたくさんいる、
釣りやバイクの愛好家の交流の場を目指しているのですが……。
↑ときどき、心の声が入ります。

ちなみに、このサイトの1日の平均訪問数は30人くらいです。
いや、もっと増やして広告申請して、
副収入にしたい……。
ゲホゲホ……。

話を戻すとクラクラの記事が
人気なんすなぁ。
まぁ、世に出ている情報が少ないですから。

んで、クランリーグについてです。
概要はこちらに詳しく書いてあります。

※参考サイト/なりブロさんのサイト
【クラクラ攻略】徹底解説!クラン対戦リーグのやり方と注意点

やっと、ここから俺なりの解釈なんすけど、
クランリーグをどうやって活用するかというと……。

あ、まず、メリットを考えますね。
メリットはズバリ一つ。
対戦相手の選出がマッチング係数に影響されないことです。

最初は影響されますが、
一度、そのクランのリーグが決まると、
二回目以降はそのリーグで戦うことになり、
必然的に同じレベルの相手との組み合わせになります。

普段のクラン戦のように、
「うわぁ、戦略的早上げばかりで、
やる前から勝てる気がしない」
ということはないわけです。
これは大きいですよね。

んで、クラン内でエントリーメンバーをどう選ぶかですが、
うち(「釣りとバイクが趣味なんだ。」)を例にします。

うちは大所帯(45~50名)で、
メンバー間のレベルにも開きがあります。
「メンバー全員で楽しみたい」と
ローテーションを試みたのですが、
これが難しい……。

同じレベルのリーグ戦といっても、
基準は上位15名になっているわけで、
相手は全力。
うちの下位の方をエントリーしても、
結局、普段のクラン戦のように
「相手が強くて攻めるところがない」状態になってしまいました。

結果、クランリーグは割り切って、
「上位15名の戦いにする」と決めました。

各クランのリーダーは、
エントリーメンバーの選出に悩むと思いますが、
これは「うちのガチの実力を決める戦いなんや」と割り切ったほうがよかと思います。

まぁ、下位の1~2名をローテーションしていくという方法はあるとは思いますが、
結局、先の「相手が強すぎて攻めるところがない」状態になってしまいますから。

ただ、メンバーに不満が生じないように、
ロースターはフルで選ぶこと推奨です。
報酬はロースター全員にあるようなので。

それでも、不満対策が不安なら、
この記事を読むようにすすめてください。
理由を納得できるでしょう。

よし、これで閲覧数が伸びるぞ(笑)

コメント(0)

クラクラ/クラン向け/クランリーグについて

あまりに久しぶりの投稿になってしまいましたぁ。
いや、本当に仕事がドタバタで……。
んで、ようやく仕事が落ち着いたので、
こちらへの書き込みを再開していこうかと……。
もはや、毎日更新は無理ということがわかったので、
せめて、1日置き、いや、せめて中2日では投稿していきたいっす。

さて、再開後の初投稿は
まずクラン『釣りとバイクが趣味なんだ。』のメンバーへのお知らせです。

テーマは「クランリーグへの取り組み」です。
メンバー全員が楽しめるようにしていきたいんすけど、
進行があまり進んでいない方をエントリーしても、
普段のクラン戦と同じで、
「攻めるところがない」状態になることがわかりました……。

そこで……ですね。
とりあえず、クランリーグは上位陣の戦いとします。
ローテーションするにしても上位15~20人で交代していきます。

もちろん初期時のエントリーはフルメンバーにして、報酬のコインについては、
ちと分配を考えます。
ですが、やはり基本はうちのベスト15による
うちのクランとしてのランクを決める戦いにしようかと。

これに関連して、
役職の振り分けも少しマイナーチェンジして、
クランリーグに出る方を「サブリーダー」、
それ以外のアクティブな方を「長老」、
マイペースで楽しみ中の方を役職なしとしようかと。

クランリーグの目標はタイタンです。
がんばりましょ!

コメント(0)

クラクラ/2018年秋のマッチング係数

このサイトのクラクラ情報では、
よくマッチング係数をとりあげています。
これで、クラン戦の相手が決まるので、
ゲームを楽しむうえで、重要な要素ですから。

ネットサーフィンをしていたら、
今(2018年9月)時点の
防衛施設の係数がわかるサイトを見つけたので、
ご紹介しておきます。

※参考サイト
マッチング係数表でアプデの優先順位を決めよう(防衛施設)

いや、紹介させていただきながら、
本当に恐縮ですが、
こちらのサイトで紹介している係数のソースが不明なので、
ちと真偽はわかりません。

俺の実感としては
「本当?」という思いも強いのですが、
オフィシャルで公開していない以上は、
ワラにもすがる思いでして。

本当であることを前提にするなら、
かなり平均化したという印象です。

俺の場合は、昨年なら、
「ITのレベル上げは控えておこう」と思っていたのですが、
これなら上げてもよい。
いや、あげるべきと。

これはクロスボウやイーグル砲などの、
他の大型の防衛施設も同様ですね。

繰り返しで申し訳ないですが、
これが本当なら、
もはや何も考えずに
ひたすら防衛施設はどんどんレベルアップしたほうがよい……かなと。

いや、暴論かな……。
いずれにせよ、俺はちょっと驚いたので、
御報告させていただきましたぁ。

コメント(0)

クラクラ/勝てないクランへの処方箋

今回のテーマは「クラクラ」で、
しかもクラン戦についてです。
どちらかというとリーダー向けの内容となっています
(でもプレイヤーの方にはみんなに読んでほしいっす)。

まずは画像いれとこっと。文字ばかりではつらいでしょうから……。画像はグーグルプレイからです。

いやぁ、勝てまへん……というクラン、
多いのでは?
まぁ、うち(『釣りとバイクが趣味なんだ。』)もそうです。

来月4周年なのですが、
これまでの戦績を見ると、
192勝351敗と大きく負け越しています。

こないだは6連敗をくらいまして……。

そんな弱いクランのリーダーが
クラン戦の勝ち方を述べたところでまったく説得力はないでしょうが、
まぁ4年の経験があるということで、
ちょっと聞いていってくださいな。

うちはメンバーが50人のフルハウスで、
エントリーメンバーをいろいろ調整できます。
勝ちにこだわるのであれば、
勝率8割くらいはいけるという自負はあるのですが、
そうはしません。
いや、だって、勝ちにこだわっていませんからぁ。
こだわっているのは、
メンバーがそれぞれのスタイルで楽しめることです。

あ、うちのことはさておき、
さっそく俺が思う、
いや、提案する
クラン戦の勝ち方を記していきます。

っと、その前に
まず、なぜクラン戦に勝てないかを再確認しときましょ。

理由はシンプルで
単純に強い相手と戦うことになるからですね。

では、どうして、強い相手と戦うことになるかというと、
相対的に自分のところに早上げのメンバーが多いからですね。

早上げとは、守備力に対して、攻撃力が低い状態です。
ヒーローとかユニットのレベルを上げないで、
クロスボウとかインフェルノタワーとか
守備力の高い防御施設を建設していくと、
その状態になってしまいます……。

前置きが終わったところで、
レッツゴー!

●強いメンバーを加える
実行しやすさ:☆☆☆
効果    :★★★
オススメ度 :★★☆
一人……。たった一人でよいのです。
相手の1と2を全壊できる人を加えたら、
状況は激変するはずです。
だいたい勝負は上位の星取りになりますからね。
ただ、これは本当に難しい。
うちの長い歴史のなかでも、
「この方がいればクラン戦に負けない」
という強力な方に在籍いただいたことは、
ほとんどないです……。
グロチャ勧誘、がんばりましょ……。

●各メンバーの腕前を高める
実行しやすさ:★★☆
効果    :★★★
オススメ度 :★☆☆
これは所属しているメンバーに
攻撃力を高めてもらうように促すということです。
実現できれば一番よいのですが、
現実的には難しいかも……。
というのも、早上げの方は、
そもそも、そんなにこのゲームに入れ込んでいないはずで
(だって入れ込んでいたら情報を得て、早上げしないはずですもん)、
言ったところで……と。
なもんで、オススメ度は低めです。

早上げの人をクラン戦からはずす
実行しやすさ:★★★
効果    :★★☆
オススメ度 :★☆☆
シンプルです。
早上げの人はクラン戦のメンバーからはずすと。
ちなみに早上げの判断基準は、
簡単なところでは、
クラン戦で自分と同じ番号を全壊できるかどうかで決めてもよいと思います。
この方法はですね……、
メンバー感で不協和音が生じる可能性が高いのでご注意を。

●守備力の低いメンバーを加える
実行しやすさ:★★☆
効果    :★★☆
オススメ度 :★★☆
守備力の低いメンバーを加えて、
クラン全体の評価を下げて
弱い相手と戦うようにする方法です。
加えるメンバーは攻撃力が高ければなおよしですが、
別に低くてもOK。
攻撃は2回できるので、
きっと誰かがカバーできるでしょう。
「そんな簡単にメンバーが加入しないよ」という方は、
自分でサブアカを作るとよかですね。
ただ、その手間が必要なので、
そのぶんオススメ度は減点です。

●発想を切り替える
実行しやすさ:★★★
効果    :☆☆☆
オススメ度 :★★★
最後にちょっと番外編的な……。
「そんなに勝つことが大事?」
とあらためて自分に問いかけてみませう。
俺にいわせれば、
自分のクランのメンバーに対して
「なんで、この人は星を取れないんだよ」というスタンスは論外ですね。
クラン戦はメンバーがいないとできないということを、もう一度、思い出しましょ。
負けたっていいじゃないですか。
そのぶん、勝ったときの喜びが大きくなりますし。

俺の大好きな歌詞を紹介しておきますね。
スキャットマンジョンという方の歌詞です。

♪スキャットマンズワールド
Everyone’s born to compete
as he chooses
But how can someone win
if winning means that someone loses
♪和訳(意訳)
誰もが自分が選ばれるように
競争するために生まれてくるけれど
勝者がいるということは
敗者もいるということだから、
誰も勝つことなんてできないね

もう一つ、
クラクラからは少し離れますが、
この手のゲームは相手ありきで、
勝敗は相手との力関係で決まります。

これはゲームに限らず、
ものの考え方ですが、
結果にこだわるのは「結果エントリー」といって、
あまりよい発想ではないとされることがしばしば。

それはそうですよね。
だって、自分ではコントロールできないのですから、
それを気にしたところでストレスがたまるだけ……。

そうであれば、
自分ができることにスポットをあてる、
「自分エントリー」に切り替えることをおすすめします。

営業職なら、
「今月5件の契約を取る」ではなく、
「今月は20件の飛び込み営業をする」というように、
自分にできることを考えるというわけです。

もちろん、結果は見すえないといけませんが、
そればかりにこだわるのは
疲れるだけですからねっ!!

コメント(1)

クラクラ/イベントのご報告&あるあるネタ

今回のテーマはクラクラです。

先日の合同イベント(会場は「雪見酒」)、
たくさんのプレイヤーにご参加いただき、
本当にありがとうございました。

50人集まるかな……と不安でしたが、
予想以上の方にご参加いただき、
急遽、もう一つクラン(雪見酒2nd)を作ることに……。
いや、ドタバタでご迷惑をおかけしました。

結果は1stも2ndも勝利。
皆さま、すごかったっす。
とくに俺の印象に残ったのが、
相手の1と2を全壊した
ちろさんです。

さすが、ユーチューブに
クラクラ関連の動画をアップする猛者……。
ちろさん関連のサイトを紹介しておきます。

まずはブログ。
※参考サイト/ちろさんのブログ
クラクラ 友と絆の物語

次に動画。
※参考サイト/ちろさんの動画
CHIRO CHAN

さて、俺はクラクラ関連として、
「リーダーあるある」でも書いときます。
リーダーでなくてもアクティブな方は同じような経験があるでしょうし、
そうでない方はリーダーの苦労をしっていただければ……。
いや、そんな高尚なものではなく、クスリと笑っていただければという感じです。

あ、ちなみに俺はゲーム上の役職はリーダーですが、
「普通じゃおもしろくないな」と思い、
勝手にドゥーチェという肩書きを名乗っています。
ドゥーチェはイタリア語で総統のことです。
まぁアニメのガルパン由来で、わかるひとはクスッとするかと……。
もしくは、「おいおい勝手にアンチョビ(登場キャラ)を名乗るな」と
イラッとするか……。

ではいきます。

其の一
え~このタイミングで抜けるの!?
よくいわれる(非難される)のは
クラン戦にエントリーしていながらの攻撃なしでの脱退ですが、
ドーチェともなると、もはやその程度は意に介しません(笑)。
俺が「あいた(痛)~」と思うのは、
メンバーが連続して抜けたときです。
俺はアクティブな方50人を目指していて、
キックするときは「やむをえず……」なのですが、
一人キックすると、それに続くように抜ける人が出るのです。
「え~、それなら、キックはしなかったのに~」と思っても、
あとの祭り……。
「一人抜けると連続して抜ける」は、俺のなかのあるあるです。
いかん、共感者が少ないところからいってもうた……。

其の二
え~呪文がないっ!
マルチで攻撃開始直後に
愕然とするとき。
それはヒーローが寝ていて、いないときですね。
それは一般的な「あるある」です。
ドゥーチェともなると、
「ヒーローがいないなら、
俺がヒーローになってやる」ってなもんです
(もはや意味不明……)。
「やってもうた」と思うのは、ヒーロー不在ではなく、
呪文がないとき。
ドゥーチェは援軍入れが生業(いや職業ではないけれど……)なので
マルチにいく直前に呪文を援軍入れしてしまい、
なくなっていることがしばしば……。
相手に援軍が入っていて、
こちらにポイズンがないときなど、
絶望を感じます。

其の三
あんなに盛り上がったに、私を捨てるのね……
メンバー集めについてです。
ときに新規加入の方で、すごく話してくれる方がいます。
「いやぁ、よい方にご加入いただいたなぁ」と思い、
次に、その方と話すことを楽しみにインすると……
あ、赤字!?
あっという間に抜けているんす。
これ、意外と多いので
ドゥーチェともなると、
どういうタイプが抜けやすいか、
わかるようになりました。
言葉にすると難しいのですが、
合コンで「あのときは盛り上がったけれど、
付き合うまではいかないな……」という感覚に似ているような……。

其の四
フレチャとはいえ、お前ら~、裏切ったな~
これはシチュエーションとしては、
クラン内のフレチャで攻撃にいったら、
先ほど自分が入れた援軍が
テッテレ~と出てきたときです。
いや、そのフレチャを出した方ではなく、
単純にそのユニット自体にイラッとします。
すべては自分がやっていることですが……。

今回は長文となりました。
でわ、ピロシキ~
(繰り返しますが、これも、ガルパン好きならクスリとします)

コメント(0)

クラクラ/知っておきたい仕様4選

このサイトはワードプレスというツールで作っています。
もともとはブログ用のツールなんすが、
今は個人のブログを超えて、
企業のHPなどにも使われています。
多様な活用方法ができるのですが、
このサイトはまだまだ個人のブログっぽい……。
もっと洗練したいんすけどね。

さて、HPを運営していておもしろいのは、
専用のプラグイン(スマホのアプリみたいなもんす)を使うと、
訪問者数や記事の閲覧数がわかること。
んで、ちょっと意外だったのですが、
前回のクラクラに関する記事が、
割りと閲覧数が多かったのですよね。

※参考サイト/前回の記事はこちら
2018年夏のマッチング係数を考える

そこで、調子に乗って(笑)、
またクラクラの記事です。
すみません、前置きが長くなりました。

今回は知っておきたい仕様についてです。
多分、オフィシャルでは公表されていないので、
まぁ、いわゆる小ネタですね。
では、さっそく。

画像はGoolePlayより。いや、とくに意味はないです。文字ばっかりだと疲れると思って……

①エメラレルドの箱はしばし放置
出るとうれしいエメラルドの箱。
「やった」とすぐに回収したくなりますが、
ちょっと待って。
しばらく放置したほうが、
次にエメラレルドの箱が出てくるまでのサイクルが短くなります。
これは以前、うち(「釣りとバイクが趣味なんだ。」のメンバーが実証していました。
少なくとも1日は放置したほうがよいようです。
具体はあまり覚えていないのですが、
わかりやすく例えるなら、
「すぐに回収すると次に出るのが1週間後」くらいだったのに対して、「1日放置してから回収すると次に出るのが4日後」くらいだったと思います。

②防衛用の援軍は入れた順に出て行く
とくにクラン戦の話ですが、
防衛用の援軍は、入れられた順番に出ていきます。
たとえば「ドラゴン→バルキリー」の順で入れたら、
そのまま「ドラゴン→バルキリー」の順で出ていくと。
クランによっては、入れる順番を指定するように決めているところもありますね。
まぁ俺なんかは「そんなに結果には影響しないんじゃない?」と思ってしまいますが……。

③クランプロフィールが「誰でも参加可能」だと人の出入りが多くなる
これは、以前は確実にそうでしたが、
最近は検証してないです。
俺は「45人作戦」と呼んでいます。
クランのプロフィールを「承認制」ではなく、「誰でも参加可能」にすると、
クラン検索でキーワードを入れなくても
表示されるようになります。
結果としてメンバーが入ってくるようになります。
とくにメンバーが30人より多いと顕著で、45人を超えると、その流れは止まります。
ただ、海外の方も含めて、たくさんの方がやってきますので、いわゆる「荒れた状態」になるので要注意です。

④ヒーラーはハウジングスペースに応じてつく
クイヒーをやっていて、「あれ、ゴレにいっちゃったよ……」という経験のある方は多いのでは?
ヒーラーは優先して何につくかというと、
条件
・ハウジングスペースが2以上のユニット
優先順位
①ユニットがダメージを受けている
②ユニットスペースが大きい
③対象のユニットまでの距離が近い
みたいです。

ちと、他のネット情報もまじえつつ、経験も含めたものなので、
この小ネタについては断言はさけさせてください。
多分、合っているとは思います。

ハウジングスペースとは
ユニットの大きさをあらわすもので
数値であらわすことができます。
ちと、わかりずらいですね……。
難しいことはなく、
基本的には生産時のコマがベースとなります。
アチャやバーバリアンなら1、
ドラゴンなら20という数値です。

そして、ヒーラーの対象について、
ハウジングスペースという言葉を使って表現するなら、
ヒーラーは個々ではなく、
同じユニットならまとまりとして認識するので、
たとえばアチャが5体まとまっていればハウジングスペースは5、
ボウラー(個では6)が5体まとまっていればハウジングスペースは30となります。
んで、クイーンのハウジングスペースは25とのこと。
なので、クイーンとゴレが並んだら30>25でゴレにつくと。

「なら、ババキンとウォーデンのハウジングスペースはいくつなんだよ!?」
と思って調べたんすけど、情報は見つけられなかったっす……。
体感的にはババキンは同じ(だけど近いからそっちにいっちゃう)、
ウォーデンはクイーンよりも大きくて30くらいですかね。

ちなみにクイヒーに関することとしては、
先にもちょっと触れましたが、
ヒーラーは単体ではなく、
同じユニットのまとまりを対象とします(ボウラーが5体いれば、5体まとめて癒してくれる)。
クイヒーからはじめても、どこかで違うユニットに切り替えたほうがよいことも多くあります。
この攻め方を「スイッチ」といいます。

いやぁ、今回は頑張って書きました。
閲覧数が伸びるといいなぁ(笑)

コメント(0)

クラクラ/雪見酒/合同イベントのお知らせ

「雪見酒」、「クラクラ」でググると、
ここに飛ぶことが多いようなので、
道順を整理しときます。

最新の合同イベント情報は、
以下をご参照ください

※参考サイト
クラクラ/合同イベント「雪見酒」のお知らせ

んで、以下が以前の記事です。
時事ネタなので、
もはや、読む方はいないでしょうけれど……。

――――――以前の記事――――――
まず、「雪見酒」については、
次の最新の投稿をご覧ください。

※参考サイト/本サイト内リンク
クラクラ/緊急/合同イベント「雪見酒」についてのお知らせ

んで、以下は当時の記事です。
日付は8月4日ですね。

また、間が空いてしまいましたぁ。
仕事でなかなかに追い詰められとります……。

久々の投稿なんすけど、
人を選ぶ情報です。

クラクラの合同イベント、
雪見酒、お盆にやりますっ!!

「合同イベントって何?」というところからご説明いたしますと、
いくつかのクランの有志が一時的に集まって、
クラン戦などを楽しむイベントです。

目的は「クランを超えての交流で、
情報交換やフレチャなどを楽しむ」ですね。
大規模になるので、
「大人数戦を楽しみたい」という方もぜひ!

次回の概要は次のとおりです。
●日程/8月13日(月)23時23分にクラン戦の対戦ボタンを押し予定
●会場/雪見酒(合同イベント用の専用クランです)
●レベル/不問。タウンホールレベルも問いません
●コンセプト/ワイワイと楽しくで、必要以上に勝敗にはこだわりません
●参加手順/各クランの代表者などによる事前の参加人数の申請は不要です。50人集まるのは厳しいと思いますが、先着優先で、満員になり次第、締め切り御免である旨、あらかじめご了承ください。

なお、管理人がお声かけしているクランを以下に記します。
ただ、あくまでも声をかけただけで、実際に参加いただけるかは、神のみぞ知る……です。
【お声かけしているクラン】
※順不同、敬称略
釣りとバイクが趣味なんだ。
・JPX/1
クラクラの誇り
・魔法の絨毯♡オクラホマ
・ギロチンドロップ
・大日本帝国「菊兵団」
・避難所ハァハァ
・タイガース
・Le Vin
・君のハートにマスターボール
・おっちゃんクラブ
・わいるどふぁぽー
・乃木坂46☆
・心陽の独り言
・ビギナーズ育成スクール
and more……

初参加の方も大歓迎。
紹介なしでもOKです。
ご参加、お待ちしています!

コメント(0)

クラクラ/2018年夏のマッチング係数を考える

今回はクラクラの記事です。
本サイトのクラクラの記事、
これまでは少ないかと。

だって、俺のなかでは、
釣りやバイクにくらべると、
クラクラ人口は、かなり少ないので……。
このサイトはビッグなサイトを目指していますからぁ。

とはいえ、「これだけは言っておきたい」ということがあるので、
繰り返しますが、
今回はクラクラです。

なかでもテーマは最新のマッチング係数
そして、いきなり結論ですが、
これはオフィシャルが発表していないので
正確なところはわかりません!

でも、体感的には、
タウンホール12が実装された6月のアップデートの以前と以後では
結構、変わったと思います。

6月のアップデートの背景として、
運営サイドに課せられた
大きなテーマの一つに
マッチング問題の解消がありました。

あ、断言しちゃった。
この記事はすべて俺の推測ですが、
もう語尾は断言系にします。
誤りがあっても苦情は受け付けません(笑)。

んで、「マッチング問題の解消」の根拠としては、
多くのサイトでそのように指摘されていたし、
実際問題、
「マッチングが不公平でクラン戦に勝てないからおもしろくない」という人はたくさんいません?
それが原因でやめていく人も……。

当然、この声は運営サイドまで届いていたと確信しているのですが、
それを解消するのは、なかなかに難しい……。
クラクラの歴史は、
「なんとか優位なマッチングにしたい」とうユーザーサイドと、
「どうにかして実力が拮抗したクラン同士をマッチングさせたい」という運営サイドの闘いの歴史でもあると思うのです。

ちとマッチングの基準の中心を振り返ってみると
概ね次のような流れだったかと。

・昔はタウンホールのレベルがマッチングの基準の中心
 ↓
・不公平なことが多い
 ↓
・マッチングの基準の中心を守備力に
 ↓
・「守備力を上げないで攻撃力だけを上げる」という戦略的早上げが蔓延
 ↓
・またもマッチングが不公平になることが多くなった……

そこで、6月のアップデートでは、
それまでは、守備力を中心にクラン全体の強さを算出していたのを
攻撃力を中心にクラン全体の強さを算出するようになったと。

ただ、ここで運営サイドが賢いのが、
それだけだと、また何かしらの工夫をユーザーサイドがする可能性があるので、
もうユーザーサイドのゲームの進め方を均一になるようにしたと。
それが「タウンホールのレベルアップはすべての防衛施設を作ってから」という
新しい仕様です。

いやぁ、賢いなぁ。
だって、普通は「クランの強さをどうやって算出するか」にばかり着目するのに、
そうではなくて、
「どうやってクランの強さを表す数値の内容を均一化するか」に焦点をあてたのですから。

さらに、
さらにですよ。
それだけだと
「それなら、俺は今、十分にクラン戦で星を取れるからこのままでいいや」という人がいるかもしれないので、
運営サイドはもっと村を育てたくなる工夫をしたわけです。
タウンホール12のさまざま特典は、こうして生まれたと……。

タウンホール12の特典で
とくにフィーチャーしたいのが突破兵器(突撃艦)ですね。

これがおもしろい。
いろいろな工夫の仕方があって、
たとえば空の突破艦に陸の攻撃ユニットを積んでもよいのです。

一気に攻撃の選択肢が広がったといえるでしょう。

プレイヤーとしては、
たくさんの研究の余地がありますし、
そのためにはタウンホール12に上げなければいけない。
そして、それを実現するには防衛施設を全部建設しなくてはいけない……。
つまりは、進行は均一化して、マッチングの不公平は減る……。

あ、ちなみにですが、
具体的な数値はわかりませんが、
今はイーグル砲やインフェルノタワー、クロスボウなどのヘヴィな防衛施設は、
建てるだけで自分の村の係数は跳ね上がります。
これはアップデート前よりも顕著ですね。
結果として、
戦術的早上げは激減するでしょう。

いやぁ重ね重ね、運営サイドは賢い。

とにかくユーザーサイドとしては、
この魅力たっぷりの突破兵器(突撃艦)の活用方法を
しっかりと考えていきたいところです。

そして、「そうは言うけれど、まだマッチングが不公平だと思うのだけれど……」という人は、
もう少し様子をみたほうがよいかと。
これから、突破兵器(突撃艦)が浸透して、
今より、さらにタウンホール12を目指す人は増えるでしょう。

そうなったらシメたもの。
今後はマッチングの不公平は、減少していくと思います。

コメント(0)

クラクラ/タウンホール12に上げるタイミング

おっと、初の管理人の1日2投稿……。
ちと、早めにお知らせしたい情報があったので。

テーマはタイトルのとおり、
クラクラの「タウンホール12にあげるタイミング」です。

ユーザーによっては、
やはり「戦略的早上げをせん」と急いで着工しようと思っている方も多いのでは?

でも、ちょっと待って!

友好クラン『君のハートにマスターボール』のチロさんが、このテーマに触れていました。

※参考サイト/クラクラ 友と絆の物語
TH12へ上げるべきタイミングを考えてみる

進行は自由ですが、
俺もチロさんに同感です。
いや、俺はチロさん条件を満たさずに上げてしまいましたけどね……。

皆さまも、ぜひ一読を~

コメント(0)

クラクラ/とあるサイトの御紹介

ひっさびざのクラクラ情報です。
じつは、このサイトを通じて、
あるクラクラ愛好家と出会いましたので……。

その方はチロちゃんと申します。
ブログやっています。
※参考サイト/チロちゃんのブログ
クラクラ 友と絆の物語

YouTubeにも投稿しています。
※参考サイト/YouTube/チロちゃんのチャンネル
CHIRO CHAN
*動画サイトなので通信環境にご注意ください。

うち(『釣りとバイクが趣味なんだ。』というゲーム内の集まり)は、
趣味の情報交換を重視している異色の存在で、
このサイトも釣りやバイクが中心。
ゲームから離れた内容となっていますが、
クラクラというゲームを楽しみ、
その情報を発信する姿勢は本当にすごいと思います。
チロちゃんのサイトは情報としても、とても有意義なので、
クラクラ愛好家の方は、ぜひ、のぞいてみてください。

そして、もし、「スマホでなんか楽しいゲームがないなか……」と思ったら、
ぜひ、クラクラをやってみてください。
なにせ、世界中で楽しまれているスマホゲームなのですから!
さらに、ゲームをはじめたら、
何卒、『釣りとバイクが趣味なんだ。』にお越しを!!