【特別定額給付金】管理人、10万円で買えるバイク関連アイテムを考えます

更新日:

10万円はぜひ受給しませう

皆さまは10万円の特別定額給付金は受給されたでしょうか。
きっとまだという人が多いのでしょうね。
この給付金は市区町村主体で給付されるのですが、多くの市区町村が「オンライン申請方式」と「郵送申請方式」という二つの方式を採用しています。
んで、オンライン申請方式はすでに始めているところが多いのですが、こちらにはマイナンバーカードが必要でして……。マイナンバーカードの普及率は15%ほどらしいので、郵送申請方式で「市役所から書類が届いたら手続きしよ」という人も少なくないでしょ。そのために必要な書類の市区町村からの発送は、2020年5月25日(月)からスタートというところが多いようで。
まぁ、これからっすね。

ちな、なかには「自分は政府の恩は受けない」という人や「自分は大丈夫だから、もっと余裕のない人に……」という人もいるらしいっすが、これは断然、受給したほうがよいと思いますよ。
個人の自由ですが……。

日本国憲法の第二十五条に「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。国はすべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない」というのがありまして、これを普通に解釈すると、何かあったときには政府は国民に何らかの対策を講じなければいけないということになるわけです。
つまり、これは政府の慈悲とかではなく、やるべきことをやっただけ。
あと、他の人にというのなら、受け取ったあとに、それを寄付したほうが、よほど確実に世のためになります。

ちと、また前置きが長くなりましたが、そこで今回はバイクをテーマに「支給額の10万円で何を買えるか」を考えてみます。
潔く、一品で10万円でいきましょう。
いや、小分けにすると際限ないですからね……。

10万円で買えるバイク

もうね、まずは10万円で車体を買ってしまおうと。
それで、『GooBike(グーバイク)』で検索してみました。
検索結果はこちら(クリックすると該当ページにとびます)↓

ん~、諸経費込みで250ccに限定したところ、走行距離が4万kmのビクスクが多いっすなぁ。
ちょっと怖いかなぁ……。
有意義な使い方にはならないかも。

そこで、もう少し面白い情報を探してみたところ、10万円は超えてしまうのですが、10万円台なら新車が買えるみたいっすよ。中国製の125ccですが……。
紹介している記事はこちら(クリックすると該当ページにとびます)↓

うん。これならセカンドバイクにちょうどよいのでは?
スタイルも俺は好きだなぁ。

10万円のメット

続いてはライダーには必需品のヘルメットだす。
これが10万円前後となると、高級品すぎて、あまりないんすよね。
そこで、こんなのはいかがでしょ?

ヘルメットの素材って何だかご存知で?
もちろん俺は知らなかったのですが、FRPという素材を使ったものが多いそうです。
他にはカーボンを使ったものもあって、その特長は高い強度と弾性とのこと。
ただ、価格が高いのですよね。
先に紹介したシンプソンのメットもカーボン製です。

それで、10万というくくりを抜きにしたら、もっとお値打ちでよいメットがあることを知りました。
ウインズジャパンという国内メーカーの「A-FORCE」というシリーズです。
紹介している記事はこちら(クリックすると該当ページにとびます)↓

10万円のマフラー

俺なんかは「10万円で買えるバイク関連アイテム」ときいて、パッと思いつくのはマフラーです。
マフラーは高いので、10万円ならスリップオンすなぁ。
それで俺が好きなカワサキと親和性が高い『ビート』を調べたら、10万円以上の品が多かったです。
いや、マフラーの値段は素材と車種によって、かなり変動するのですけどね。
それで、価格と質のバランスのよい『アクラポビッチ』を紹介しておきま。
バイク関連通販サイト『Webike』の検索結果です(クリックすると該当ページにとびます)↓

まぁ、別にアクラでなくても、10万円あればスリップオンなら購入できるものが多いので、これを機にカスタムするのもよいのではないですかね。

あとはウエア関係もあるとは思ったのですが、時間とスペースの関係で、今回はここまで。
ぜひ、特別定額給付金はぜひ有意義に使いましょう。
でわでわ~。

投稿者/管理人

0

関連コンテンツ



-バイク

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.