【コラム・クラクラ編】クラクラとの出会い【連載第1回】

【タクマルのクラクラちんまりコラム/連載第1回】

こんにちは、こんばんは、わたくし、プレイヤーネームを【タクマル】と申します。
こちら『釣りとバイクが趣味なんだ。』様でクラクラのコラムを隔週ペースで書かせて頂きますので、なにとぞよろしくお願いいたします<(_ _)>✨

クラクラ【クラッシュオブクラン】との出会い
まずは、クラクラと言うゲームとの出会いについて今回は書かせて頂こうと思います。
クラクラはみなさんご存じでしょうか。
ヒゲの黄色い角刈りのバーバリアンが「ドアアッ!」と言いながら、集団でドッカンドッカン戦いまくるゲームですね。

目的はまず、とにもかくにも自分の村を強くするためです!

クラクラは村が成長していくことが最も楽しいゲームだとわたくしは思っております。
最初はちっぽけだった村に一番最初に設置した、小さな小さな大砲が、村を強くするために必死にバーバリアンなどを駆使して、他のプレイヤーたちの村に攻め入り、資源を獲得していきます。
そのように資源をどんどん稼いでいきますと、村にある【タウンホール】と言う施設をアップグレードすることができるようになります。

そして、ふと気づくと、最初はちっぽけな、小さな小さなツブのようだった村を守るための大砲が、やけに巨大でゴッツイものになっているじゃないですか!

(*´ω`*)「俺の村の大砲・・・めちゃデッカクなったなぁ!✨✨」

と……

これが、クラクラをやっている楽しさの一つです。
そして、ふと、思うことがあると思います。

(*‘ω‘ *)「ほかのプレイヤーの人たちは、どうしているんだろう?」

そこで、タウンホールが5くらいに成長する頃には、最初は石ころや岩などがゴロゴロと転がっていた殺伐としていた村も、すっかり整ってきたと思います。
そのころには、最初はよくわからなかった謎の城のようなもの。

通称【クランの城】と言われるものです。

このクランの城によって、他のプレイヤーたちが集まり、参戦し、互いに切磋琢磨し、強力しあっている【クラン】と言うところに参加することができるようになります!

すると、いろいろなプレイヤーの方々が参加していると思います。
基本的には、クランを探す時には【おすすめ】のクランに表示されているクランに参加することが多いので、まったく活動していないようなクランに参加してしまった。
といったことには、あまりならないと思いますので大丈夫です。

そのようにして、初めてクランに参加しますと、通常はこのように思うと思われます。

(;´・ω・)「おれ、弱すぎじゃねぇ??💦」

しかし、それで良いのです!

「自分が弱い!」とわかったところからが、クラクラのスタートです。

タウンホールが6にもなるころには、なんだかすっかり強くなったような気持ちになるかもしれません。
しかし、クラクラの道のりは、まだまだ長く遠い道のりとなっております。

現在のわたくしのクラクラ
わたしの現在のクラクラは、このような感じまで育ちました!

クラクラがリリースされてから、ふと気づくと7年になりましたが。
いつのまにやら、大砲もデッカクなり、いろいろと凶悪な施設が立ち並ぶ大都会になりました!

いったんは、タウンホール12のすべての施設などをアップグレードさせ、いわゆるカンスト、と言われる状態まで行くことができましたが。
先日の新タウンホール13登場によって、また必死に資源集めの日々ですが、必死にトロフィーなどを上げていたりするよりも、わたしとしては、村をまったりと強くすることにやはり、喜びを感じておりますかね。

そのように、もちろん人それぞれ、クラクラの楽しみ方は本当に多種多彩であり、十人十色、千差万別!
といった様相でありまして、「とにかくクラン対戦というクラン同士で戦う【クラン対戦】で勝ちたいんだ! クラン対戦を毎日やりたい!」といったプレイヤーの方々もたくさんおられます。

わたしは、現在はそんなにはクラン対戦には力を入れてない感じではあるんですが。
クラクラにおいて、クラン対戦は、非常に楽しいものの一つだと思います。

クラン対戦においては、そのプレイヤーが最初にお世話になったクランさんの性質なども、そのプレイヤー個人の考え方に影響してくるかもしれません。

クランさんの【クラン対戦】における考え方は、数パターンありまして。
・毎日クラン対戦!
・週に一度くらいクラン対戦を行う!
・月に一度くらいクラン対戦を行う!
・あまり行わない、もしくは行わない。
といったように、いろいろと分別されることになります。

そのなかでも、わりとクラン対戦の頻繁なクランの場合には、クラン対戦における【勝利報酬】なども重要になってきます。
クラン対戦で勝利しますと、クラン対戦の勝利ボーナスが負けた場合と比べて【4倍】貰えるからです。
つまり、勝利することができた場合には、かなりガチガチで必死に攻めた場合、得することになりますが。
負けてしまった場合は、かなり損をすることになりますので、その所属しているクランが強いクランであれば、かなりの確率で勝利ボーナスを貰うことができますが。
そうでない場合、勝利する確率は50%前後をウロウロすることとなり、なかなか思うようにクラン対戦の勝利ボーナスで、資源稼ぎをする、といったアテが外れてしまうことになります。

もちろん、クラン対戦の勝利ボーナス目当てで、クラン対戦をしている人ばかりではないと思いますが。
村がカンストしている場合でなければ、どうしても資源は稼ぐ必要があり、クラン対戦で戦うユニットを作るのにも、大量のエリクサー・ダークエリクサーが必要になりますので、結果的に、いつまでもクラン対戦に使うユニットのために、資源稼ぎをするにとどまってしまい、いつまでも村が成長しなくなってしまう。

そのような連鎖に陥る可能性もありますので、まったく何も知識のないころに、初めて参加したクランの方針、といったものはかなり大きいと思われます。

しかし、クランからはいつでも自由に抜けることが可能ですので。
もし、「クラン対戦が頻繁すぎて、資源稼ぎもできない!」となりましたら、「失礼して、抜けさせていただく」といったことも必要だと思います。
反対に、「自分の村が強くなり、技術もついてきて、クラン対戦で活躍したい!」といったときに、所属しているクランが、まったくクラン対戦を行わないクランであった時には、やはりどうしてもクラン対戦を行わない場合には、やはりそれも、クランを抜けさせてもらう必要があると思います。

このゲームは、クラッシュオブクラン、となっておりますので、やはりそのまま受け取りますと【クラン対戦】こそが、このゲームを表しているようにも思いますので、やはりクラン対戦で強い、と言うことは素晴らしいことなのではないかと、わたしも思います。

今は、クランの世界最強を決めるための「クラン対戦リーグ」や「ウェルプライドリーグ」などのクラクラの世界大会のようなものも開催されるようになりました。
先日も、優勝賞金一億円をかけての世界大会が開催されました。

そのように、クラクラにも「eスポーツ」のような要素が出てきたように思います。

実際、自分と同じくらいの強さの村から、星を二つしっかり取ったり、もしくは、星三つ(全壊を取る)というのは非常に難しく、限られた技術力のあるプレイヤーしかできないことです。
そのように、「クラクラは村を少しずつ強くすることを楽しんでいくゲームである」とわたしは思っておりますが。

さらに、「世界大会なども開催され、クラクラの強さ、うまさ、技術力などを競いあうような大会も開催されていて、これからもどんどんクラクラは世界規模で楽しまれていくゲームである」とわたしは考えております。

このたび、【釣りとバイクが趣味なんだ】様にて、クラクラのコラムを書かせて頂けることになりましたが、いかがでしたでしょうか。

それでは、今回このあたりで失礼いたします(*´ω`*)ノでわでわ✨✨

(管理人より/今回のサムネイル画像はクラクラの公式ツイッターより転載させていただきました)

執筆者のプロフィール

タクマル
クラッシュオブクラン(クラクラ)はゲーム開始当初からプレイ。休止期間をはさみつつ、プレイ歴は足掛け7年ほどになる。ハテナブログのご自身のブログ『クラクラちんまりブログ!』も大好評。
1+

関連コンテンツ



更新日:

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.