【強豪クランのリーダーが教える】ポイントは「入りのパート」【全壊のコツ】

 全壊のカギを握るのは序盤なのですね。
「そうです。ユニットを出してから主力部隊を投入するまでの時間は、よく『入りのパート』と表現されますが、プラン自体が間違っている場合を除いて、この入りのパートの成否が全壊できるかどうかの分かれ目です。クラクラの攻略でよく使われる『サイドカット』という言葉も、入りのパートに関するもので、これは『サイドの設備を削り、ユニットを中央から侵攻させる手法』です。いずれにせよ、入りのパートでこけてしまうと、思ったようなルートを作ることができず、プランが崩壊してしまいます」
 俺の場合、これまで何となく意識はしているのですが、相手があることなので、うまくいかないことが多くて……。
「それは管理人さんだけの話ではないですよ。例えば『サイドカットしよう』と思って投入したベビードラゴンがホーミングで落ちて十分なカットができずにクイヒーが逆走してしまうとか、『壁に穴を開けよう』と思って出したウォールブレイカーがバネトラップに飛ばされたせいで穴が開かず、ユニットが外に流れていってしまうとか、このての話は本当にアルアルです」
 L字ルートに進ませるためにはどうしたら、よいのでしょうか。
「逆説的になりますが、入りのパートがうまくいかないと全壊できないというなら、そこで失敗しないようにすればよいのです。入りのパートで不測の自体が起きないように対策していくことが大切で、逆算して考えるとよいと思います。例えば『クイヒーが逆走しないようにサイドカットしよう←サイドカットにはベビードラゴンを使おう←サイドカット用のベビードラゴンがすぐ落とされるとまずい←まずバルーンでトラップの確認をしよう』といった具合です。他にも『この区画にクイヒーを入れたい←ウォールブレイカーで穴開けしよう←ウォールブレイカーがバネトラップで飛ばされるとルートが作れない←まずはウォールブレイカーを一体投入してトラップ確認しよう』『時間短縮のために外側の施設を破壊しておきたい←アーチャーでカットしておこう←テスラが設置してあるとアーチャーがやられてしまう←予備としてバルーンを一体持っていこう』など、いろいろなケースが想定されます。細かいことですが、5枠でできる確認を怠ったがゆえに、うまく行かずに思っていた区画にユニットを入れられない……。それで結果として全壊できなかったというのはちょっともったいない話だと思います」
 入りのパート、見直してみます!
「具体的な攻撃方法はうちのサイトにて(笑)。まずは考え方として、立てたプランが滞りなく進むようにその対策をあらかじめ考えておくというのが全壊への一番の近道ということを皆さまにお伝えしたいと思います」
 先生、わかりました(←すでに生徒気分)。基本をおさえたところで、もっと詳しく聞きたいという方のために、JJさんの全壊解説が詳しく学べるブログを紹介しておきます。もっと具体的なチーム編成や攻め方を知りたい方はこちらまで。

ブログには具体的な戦術が紹介されています。勉強になりますなぁ

クラクラは大人の部活動
 ところで、俺はJJさんのことをブログで知りました。ブログをはじめた理由は?
「自分がリーダーをしている『Limit☆Break』というクランの存在を、少しでも広く知ってほしかったからです。うちは今、JWC12というタウンホール12オンリーのリーグに参加させてもらっているのですが、より広く告知していくことでメンバーを集めていきたいと思ったのです。ブログを始めたことで、ブログを読んできてくれた方もいますし、やってよかったなと感じています」
 俺からJJさんへの最初のアプローチでは、突然、サブアカで『Limit☆Break』さんにお伺いして失礼しました。
「驚きましたよ(笑)。まぁ、この縁もブログの効果ですね。ちなみにブログでは、ときに自分が思ったことを長文でアップすることもあります。ゲーム内のチャットでは伝えにくい気持ちなどを文章にすることで自分の気持ちが整理できますし……。そのような側面もあるので、あまり頻繁に更新しているわけではありませんが、これからも続けていきたいと思っています」
 最後にJJさんにとってクラクラとは?
「クランに所属していることが前提になりますが、大人の部活という感じでしょうか? 学生時代の部活って、一つの目標のために仲間同士が打ち込んでいきますよね? 最初にクラクラの魅力はクラン対戦とお話ししましたが、クラクラも、クランというコミュニティでメンバーと一体感を持って同じ方向に進んでいく。ときには緩くチャットで話したり、ときには『BAND』というアプリでクラメンと通話しながらプランニングしたり、はたまたクランの方向性話し合ったり……。たまにはリアで飲みにいくこともありますし、端末の向こう側にいる大事な仲間と遊ぶための大事なツール……。自分にとってはそんな感じです」
 大人の部活動……。すばらしい言葉です。うちのコンセプトにも加えようかしら(笑)。JJさん、本日はお忙しいところ、本当にありがとうございました。

【達人のプロフィール】
JJ
クラン『Limit☆Break』のリーダー。WEBサイト『リミット☆ブレイク~限界の先に~』が大好評。ブログの紹介コメントは「クラメンみんなで戦術から雑談まで記事をあげて行きます(๑•̀ㅂ•́)و✧」。タウンホール12オンリークランに興味のある方はぜひクランに遊びにいってみてください。

【クラクラ編/バックナンバー】
其の一 まお(まおまおチャンネル)さんの巻 上達への近道はフレチャ&YouTube

執筆者のプロフィール

34
34
本サイトの管理人です。34はゲーム「クラッシュ・オブ・クラン」のアカウント名です。いや、名前なんかは何でもよいのです。大抵のゲームは、このアカウント名にしています。本職は紙媒体の編集&ライターです。
4+

関連コンテンツ



更新日:

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.