君の膵臓を食べたい はコメントを受け付けていません。

君の膵臓を食べたい

2017年に話題となった
超有名小説のタイトル。
映画化もされた。
すごく素敵なタイトルだ。

以下ネタバレのため、
未読(未見)の方は要注意。

この物語は
膵臓の病で余命いくばくかの女子高生と、
その秘密を知ってしまった男子校生の話。
恋愛ではなく、それを超えた関係が描かれている。

それを端的に表しているのが、
「君の膵臓を食べたい」。
病を治したいという意味かと思いきや……。

ヒロインのセリフは次のとおり。

「私はもうとっくに君の魅力に気が付いているからね。
死ぬ前に、君の爪の垢でも煎じて飲みたいな。
って書いてから、気づいたよ。
そんなありふれた言葉じゃ駄目だよね。
私と君の関係は、
そんなどこにでもある言葉で表わすのはもったいない。
そうだね、君は嫌がるかもしれないけどさ。
私はやっぱり。
君の膵臓を食べたい」

ニジマス はコメントを受け付けていません。

ニジマス

サケ科タイヘイヨウサケ属。
成魚の体長は一般的に約40 cm前後であるが、大型のものは60〜120cmにまで成長することも。
渓流のターゲットとして、ポピュラーな魚種。
渓流の釣り堀やBBQ場を併設して「国際マス釣り場」などで、
放流されるのは、このニジマスであることが多い。
ただし、外来種であることもあり、
渓流釣りを本格的に楽しむアングラーの人気は低く、
ヤマメやアマゴ、イワナに対して外道と扱われることも
(かわいそう……)。
食味はタンパク。

ただ、いつまでも車の好きなお前でいてくれんか はコメントを受け付けていません。

ただ、いつまでも車の好きなお前でいてくれんか

楠木みちはる氏の『湾岸ミッドナイト』4巻より。

この漫画、絵の好みは大いにわかれるだろうが、
読んでみると考えるところが多い。

この4巻は平本という車のチューナーがスカイラインの32Rを駆り
主人公のフェアレディZに挑むところ
(エピソード単位でまとめられていて、
平本のエピソードは3~5巻)。
このエピソードもたくさんの心に残る言葉がある。
ここで紹介したい全文は次のとおり。

「お前はいまでも車が好きか…?
車のコトを考えると夜も眠れん。
今でもあるかそんなコト?
車は使い捨てのライターとは違うよな?
仕事を変わるのもええ
改造車に乗るのもええ
さらに、この街に根づいて生きていくのもええやろ
すべてはお前の自由や
ただ
いつまでも車の好きなお前でいてくれんか?
そして忘れるな
すべての車は命を乗せて走っているコトを
無理はするなよ
もしかしたらまわりはスゴい人達かもしれんが
お前はお前のペースでやっていくしかないんやしナ」

平本の後輩の父親の、後輩に対する言葉(ややこしい)。
世のなかは時間の経過とともに変わっていくけれど、
変わらないものへの想いは、誰にもある……

最高のレベルを見せるのがプロだ! はコメントを受け付けていません。

最高のレベルを見せるのがプロだ!

「金をもらえるから『プロ』じゃないんだぞ
ファンの前で
最高の技術を!
最高のレベルを見せるのがプロだ!」

塀内夏子『Jドリーム』2巻より。
塀内さんはマガジン(講談社)系で
主にスポーツ漫画を描く漫画家。

名言製造機だと思う。
仕事をしていて迷ったとき、
「プロとはなんぞ?」という問いにぶつかったとき、
この言葉は一つの答えになると思う。

少しあとには、
「プロはセンス、
プロは技術、
プロは――実力」という言葉もある。

読むにつれ、プロでありたいと思う……。

大きくなった油田の火事は…… はコメントを受け付けていません。

大きくなった油田の火事は……

漫画『アキラ』by大友克洋における
主人公・金田のセリフ。
ことが大きくなった問題に対して、
一気にケリをつけようとして……。
全文は
「大きくなった油田の火事は
ニトロで派手に吹き消すそうじゃないか……」

ちなみにこれ、本当のことらしい。
かっこいいセリフだぁ

お前はそういうコトやってねえのに…… はコメントを受け付けていません。

お前はそういうコトやってねえのに……

出典は漫画『バタアシ金魚』by望月峯太朗。
本作はとにかくヤル気がとにかくすごい、
主人公カオルが織り成す青春コメディ。
ヤル気がイマイチでないときに読むと
ヤル気が出る。

このセリフは
なんだかんだで練習はすごいしている主人公が、
練習をさぼっているチームメイトに向けて放ったセリフ。
全文はこちら。

「俺はこれでもバタ足にかけちゃエキスパートだぜ
このバタ足練習用ビート板
自分で削って作ったんだぜ……それに
バタ足の練習やりすぎて
ひらめ筋切ったんだぜ
お前はそういうことやってねえのに
バタ足の練習?
え? ん?
じゃあ俺の前でピチョピチョやってて……
練習なんていうなよな」

説得力がありすぎっ!

努力してきたと自負している人は
ぜひ努力が足りん人に!

やるしかないだろ。クズなんだから はコメントを受け付けていません。

やるしかないだろ。クズなんだから

漫画『喧嘩稼業』の三代川祐介のセリフ。
全文は
「クズの俺が今から努力して間に合うか!?
間に合わなくてもやるしかないだろ。
クズなんだから」

「クズなんだから、何をやってもダメ」ではなく、
「クズなんだから、やるしかない」という発想は、
心が折れそうになったときに、
前へと進むことを助けてくれる。

なお『喧嘩稼業』は2018年4月現在、
最強の格闘技を決めるトーナメントを実施中。

三代川は召琳寺拳法の使い手。
召琳寺拳法は架空の武術らしく、
まぁ元ネタは少林寺拳法。
どこまで勝ち進められるか……。

漢 はコメントを受け付けていません。

クラン「釣りとバイクが趣味なんだ。」で使われる
ローカルワード。
「おとこ」を表す言葉で、
クラン戦ですでに勝敗が決しているときに、
それでも意地で攻撃した方に
賞賛の意を込めて使用する。
ちと、かつての男尊女卑の気もするが、
そこは遊びとしてのご愛嬌で。
使い方としては
「タロウ」など
(この場合の意味は「タロウさん、おとこですなぁ」の意)。
同じようなシチュエーションで使われる言葉に
」、「」、「」がある。

ブルーギル はコメントを受け付けていません。

ブルーギル

サンフィッシュ科ブルーギル属。
体長は25cmくらい。
ブラックバスと同様に淡水のフィッシュイーターで、
やはりブラックバスと同様に生態系を壊す悪者として扱われる。
しかも、ブラックバスはバサーには温かい目で見守られるている傾向にあるが
(そりゃあ、ブラックバスがいないとバス釣りを楽しめないから)、
ブルーギルにはバサーにも敵対視されることが多い。
ルアーで釣れるが、
ブラックバスよりも小型のために外道だから……。
敵ばかりではかわいそう……。
国内に持ち込んだのもまた、人間なのに……。
がんばれブルーギル!とつぶやいてみる。

ブラックバス はコメントを受け付けていません。

ブラックバス

スズキ目サンフィッシュ科。
一種ではなく、オオクチバス属に属する魚の総称である。
ポピュラーなのはラージマウスバス(オオクチバス)とスモールマウスバス(コクチバス)。
淡水のルアーゲームのターゲットとして人気が高い。
ブラックバス釣りを愛するバサーは釣り人口のなかでも
かなりの割合を占めるかと……。
ブラックという割には、なぜか、それほど黒くはない。
いや、腹の底は黒いのかもしれないが……。
というのも、繁殖力がとても強く、
しばしば悪名高き外来種として悪者として扱われる。
バス釣りの聖地の1つ、琵琶湖沿岸には、
ブラックバスのゴミ箱があるほど。
バス釣りは楽しいので、バサーとしては複雑な心境だ。


※写真提供/クロさん
ちとサイズは小さいけれど……