【スロット】スロットも釣りも思い込みが大切です【プラモ】

更新日:

昔、読んだマンガで印象に残っている言葉の一つに「勘違いと思い込みが恋」があります。
いや、映画だったかな……。
何のタイトルだったかも覚えていないのですが、なるほどねぇと思ったんす。

それで、先日、久しぶりにスロットを打ったのですね。
俺はもはや『ガールズ&パンツァーG』しか打ってないっすね。
最近のビッグタイトルでいうと『バジリスク絆2』あたりがありますが、
打っているみなさん、どうですか?(←逆に聞いていくスタイル)

『ガールズ&パンツァーG』を打つ理由は、シンプルにガルパンが好きだからです。
台としての評価はイマイチのようですが、その他の6号機が軒並みひどいので、「6号機のなかではマシ」という感じのようですな。
まぁ、最近はほぼほぼ撤去されていて、置いているホールはかなり限られていますが……。
ちなみに、この台は一つ、勝てる大きな要素もあって、設定変更後の朝イチは期待値があります(その記事はこちら)。
まぁ、最近はあんまり設定を変更しないところが多くて、直撃の確率も1割強と、それほど高くはないですが……。

いくら『ガールズ&パンツァーG』の必勝法をお知らせしても、ほぼほぼ「役に立ったぁ」という人はいないでしょうから、もっと汎用性の高い情報をお伝えしておきますね。

まず、結論からいうと、先日は結構勝ちました。
状況はこんな感じです。

ホールに入ったら、設定変更後で打っていない、つまりは期待値がある台が落ちていたのです。
これは打つのには迷いはありません。
ただ、直撃はしなかったです。
それで「畜生、せめてチャンスゾーンまで回すか」と追加投資をしてしまいました。
あ、この台はAT(アシストタイム/大当たり)の天井はないのですが、CZ(チャンスゾーン/大当たりしやすいゾーン)までの天井はあります。
やがてCZまできたのですが、ATには当選せず。
ただ、画面を確認すると高設定示唆(中)でした。

赤枠内の絵柄がチャンスゾーン後に変化します。この絵は「高設定示唆(中)」です。

「示唆」という言葉は信用ならんのですが、早めにチャンスゾーンに到着したということで追加投資。
すると1Kでまたチャンスゾーンに。
俺は「おぉ、これは高設定だ」と信じ込みました。
そのチャンスゾーンははずしたのですが、また1Kでチャンスゾーンに突入して、やっとATに。
そこからは怒涛でした。

これはレアです。いわゆるフリーズです。

結局、打ち止めまでいきました。

打ち止め確定演出です。俺ははじめてみました。

さすが高設定!
この機を逃すまいと念のために画面を確認したら、高設定の画面はどこへやら。
ノーマル画面に。
この機種は高設定だと、設定を確認できる画面に表示される絵柄が二つになります。

つまりはこうなります。

それさえ、ならずに……。
いや、確率の問題なのでわかりませんが、俺は設定が低い台を「設定が高い」と信じ込んで打っていた可能性が高いっす。
ただ、気がついたのはATが終わったあと。
でも、高設定と信じ込んでいたので、不思議と負ける気はしなかったっす。

これが汎用性の高い必勝法です。
勘違いと思い込みで勝てるときってありません?
今日は勝てそうとか、よいことしたから神様がご褒美をくれそうとか。
ただ、これはナチュラルな状態であることが大前提で「今月は負けているから、何とか……」という感じで無理に思い込んでもダメです。

んで、これは釣りにも共通していると思います。
先日、今シーズン初の渓流釣りに行ってきましたが、みごとにアタリもない坊主でした。
でも、あとで確認したら、そこは放流したところでした。
それを聞いて、「途中から、この川には魚はいないと思ってやっていたので、それが悪かったのかも」と思いました。

以前、こんなこともありました。
その日は釣り仲間との釣りで2人とも坊主。
それで、その帰りに悔しかった俺は持参したポイントガイドに載っていた川に立ち寄ろうと提案したのです。
確か高麗川か、越辺川だったと思います。
いずれにせよ、ファミリーが川遊びに訪れるような場所で、釣り仲間は「そんなところにはヤマメはいないよ」と車で寝ていることに。
俺は「いる」と信じて竿を出したのですが、するとみごとによい型のヤマメが釣れました。

あと、船釣りで俺も周りも釣れていなかったので置き竿にして一服してたら、船長さんに「アワセとか以前に、そんな気持ちじゃ釣れないよ」と指摘されたことも。
「釣れる」と信じて真剣にやることが釣果につながることってありますよね。

あきらめたら、そこで試合終了ですよ…?

それに趣味は真剣にやるからこそ、楽しいんす。
というわけで、釣りもバイクもクラクラも関係なく、プラモを作っている草葉ミノタケの「大人の趣味入門(仮)」を更新しました(下の画像をクリックするとリンクにとびます)

あ、ただ、スロットは信じたところで、基本は勝てないですからね。
最後に一つ情報を落としておきます。
ギャンブルには還元率という概念があります。
これは主催者の儲けに関係するもの。
当然のことながら中央競馬であればJRA、スロットであればホールが設けなくては運営できないわけです。それで売り上げのなかから自分たちの取り分を抜き、残った額をギャンブラーに還元します。
そのパーセンテージが還元率であり、その数値が高いほど、勝てる割合が高いということになります。
パチンコ・スロットは公表されていませんが、一般的には80%といわれています。
パチンコ・スロットも含めて、主なギャンブルの還元率は次の通りです。
□パチンコ・パチスロ80~85% 管轄/警察庁
□競馬70~80% 管轄/農林水産省
□ボートレース(競艇)75% 管轄/国土交通省
□競輪75% 管轄/経済産業省
□オートレース70% 管轄/経済産業省
□宝くじ46% 管轄/総務省

※参考サイト/
ギャンブル還元率ランキング

いくら思い込みで勝てるときがあっても、何かの対策がないと負けに収束していきまっせ。
ギャンブルはほどほどに。
でわでわ~。

投稿者/管理人

0

関連コンテンツ



-その他
-

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.