【サップ】サップ(SUP)の釣り人が沖に流され漁船が救助【なんぞ⁉】

更新日:

今回は釣りに関するニュースの紹介です。
サップに乗って釣りの男性、沖に流され漁船が救助されたそうな。
記事はシンプルで次の通り。
「2021年10月10日の午前8時5分ごろ、出雲市三津町の三浦漁港北約2キロの海上で魚釣りのためサップ(SUP/スタンド・アップ・パドルボート)に乗って釣りをしていた男性(35)から「風に流されて帰還困難。助けてほしい」と118番があり、連絡を受けた地元の漁船に救助。男性にケガはなかった」

※参考サイト/ヤフーニュース
サップに乗って釣りの男性、沖に流され漁船が救助

地元の漁船の方に迷惑をかけたようですが、無事で何より。

さて、このニュースで俺が気になったのは、そもそも論で「サップってなんぞ⁉」です。
なので、調べてみました。

サップはずばりこちら↓

なるほど、見てわかりますな。
「スタンド・アップ・パドルボート」という名前からわかるように、立って漕いで進むボートと。
形状としてはサーフボードに似ていますかね。

ずっと立ってやってやるのは辛かろうと思ったのですが、別に座ってやることも可能なようで。

※写真はサイト「アクティビティジャパン」の記事のキャプチャです

メリットは手軽に沖に出られることだそうで、これは楽しそうです。
もはや巷では「サップフィッシング」という名で密かなブームになっているそう。

きっと多くの方が「免許はいるのかしら?」と思うでしょうが、結論からいうと免許は必要ないそう。また、基本的には事前の届け出も不要とか(ただ、マナーは守る必要がありますし、地方自治体によっては独自に河川の航行ルールを作成している場合もあるとのこと。ここらへんは要事前確認です)。
※参考サイト/そとあそびライフ
カヌーやカヤックを楽しむのに免許や資格、届け出は必要?

あとは似た釣りにカヤック(サップが1枚の板状に対してカヤックは中に空洞があり座席に穴が開いている)を使ったカヤックフィッシングがありますが、それとくらべるとサップフィッシングのほうがサイズが小さいこともあり手軽ですが、じっくり釣りを楽しみたければ積載性に優れたカヤックフィッシングだそうな。

※参考サイト/
SUPかカヤックか?釣りで使うならどっち?“買って後悔する前に”知っておくべき事

もう一つ、知っておきたいのはサップの価格ですよね。例えばこちら↓

サップフィッシング用のフィッシングサップなるものがあって(ややこしい)、5万ちょいで購入できると。
これは季節がよければ、本当によさげ。
俺なんかは海の上で置き竿にして読書をしたいと思いました。

んが、俺はバイク釣行メインなので、まず持ち運べない!
あと、泳げないのでライジャケ着てても海が怖いっ!

なので、まぁ俺はやらんのですが、興味がある方は、チャレンジしてみてはいかがでしょ?

今回は以上です。
でわでわ~。

投稿者/管理人

0

関連コンテンツ



-ニュース, 釣り

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.