【釣り】3分でわかる軽石問題の釣りへの影響【2021年11月】

更新日:

軽石問題がニュースになっているようで……。
最近は本職のほうに忙殺されていて、あまり詳しく知らなかったのですが、「死んだ子ウミガメの体内から軽石100個」という情報がヤフーのトップにあり、気になった次第です。
それで、釣り人目線で調べたので、ここにまとめておきます。
俺のようにサクリと軽石問題の概要と、それの釣りへの影響を知りたい方の参考になればと……。

軽石問題(2021年11月の)とは
この問題はシンプルで概要はすぐにわかります。
今年(2021年)8月に小笠原諸島の海底火山「福徳岡ノ場」が噴火したそう。これは100年に一度といわれるほどの大きな規模だったと。んで、その噴火によって、一時は新しい島が生成され「日本の領海が広がるかも?」と話題になったとのことですが(いや、俺はそのことすら知らなかった……)、その島は軽石などの水に浮く軽い成分で形成されていたため、波や海流に洗われて流出してしまいました。それで、その大量の軽石が海流などに流され、2021年11月中旬現在は沖縄本島や鹿児島県の離島に漂着して漁業などへの影響が深刻化している……。
先のウミガメのニュースはその影響を顕著に示している例で、沖縄県で海岸で保護された後に死んだ子ウミガメの体内から大量の軽石が見つかったと(死因は軽石の誤食ということです)。

※参考サイト/ヤフーニュースなど
南日本の漁業に甚大な「軽石」被害 本州への影響も時間の問題?
漂流する軽石 関東などに接近中か 沖縄では被害広がる
死んだ子ウミガメの体内から「軽石100個」…砂浜で衰弱した状態で見つかる

軽石問題による現状の被害(2021年11月16日)
少し前の情報ですが、2021年10月28日の報道では、軽石が沖縄や奄美の海岸に大量に漂着して問題となっていて、鹿児島県の沖永良部島でも確認され漁業者らが回収作業に追われているとのことでした。
すみません。重ね重ねのお詫びで恐縮ですが、俺は眞子さんのニュースは知っていても、こちらのニュースは知りませんでした(汗)。
想定される被害は次の通りです。
・軽石による漁船の故障
・養殖魚の誤食による死亡
・ビーチが軽石で埋め尽くされ立ち入りができなくなるなど観光上の問題

※参考サイト/ヤフーニュース等
大量の軽石 沖縄などで漁業に深刻な被害 旅客船に影響も

軽石問題の釣りへの影響
もっと大きな問題なのでしょうが、本サイトらしく、ここでは「釣り」に焦点を絞って軽石問題の影響を考えます。
まず、今回の軽石問題は本当に大きな規模で、今後1~2年続く可能性があるそう。
んで、その範囲ですが、現状は沖縄などで問題になっていることからわかるように、軽石は一度は西に向かって流れましたが、今後は黒潮の流れに乗って北上すると見られていて、海洋研究開発機構のシミュレーションによれば2021年11月末には関東地方の沖合に軽石が到達する恐れもあるとのことです。
となると、やはり先に挙げた問題が今度は関東で発生する可能性もあるわけです。
身近な例でいうと釣り船が出港できなくなるかもしれませんし、海のオカッパリが軽石によって楽しめなくやもしれませぬ。

対策があるとよいのですが、現状では重機で回収がメインのようで。検討されているものとしては、「養殖の生け簀では海に漏れた油などの拡大を抑える「オイルフェンス」と呼ばれる帯状の機材を一帯に設置する」などもあるそうですが、いずれも対症療法ですね。
そりゃそうだ、自然の力には抗えないし、根治療法なんて無理ですから。

希望的な観測としては先のシミュレーションは風向きを考慮していないため、本州への漂着は回避できるとの見方もあるそうです。
できれば、そちらでお願いしたい……。

以上、今回はニュースの紹介でした。
でわでわ~。

投稿者/管理人

0

関連コンテンツ



-ニュース, 釣り

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.