【KLX230&ダックス125】釣り&キャンプ向きのバイクの最新情報2022年版【ホーネット750】

更新日:

今回はバイクの記事で2022年10月時点での気になる最新車種についてです。
きっかけはヤフーニュースに「ホンダ・ホーネット750が発売」という情報が紹介されていたこと。
いや、俺は750、ナナハンが一番好きな排気量なんす。
世代が古いもので、その響きがよいと思ってしまう。
あと、リッターとかは俺の好みではなくて、「重いよね~」と。
んで、ホーネット750だけだとなんとなく寂しいので、他の車種も触れておこうと思った次第です、はい。
本サイトは「釣りとバイクが趣味なんだ。」というサイトなので、それらしく釣り人目線、いや、それだけだと間口が狭いので最近、流行っているというアウトドア人目線です。

まず、最初にお伝えしたいのは、釣り・アウトドアにバイクはおすすめですが、結局は好みだということ。
便利な面もありますが、車のほうがよい面もあります。
そこは話すと長くなるのでここでは割愛しますが、車種についても同様に結局は好みです。
たまに、「釣り向きのバイク〇選」という記事を見かけますが、天邪鬼の俺としてはホント、小一時間問いただしたい。
俺の本職は出版の編集者で、今はWEBライターもやっているので事情がわかるのですが、まず、結構、実際はたいして使用していないのに記事としてまとめられていることがあるんすよ。
釣りはよくやるけれど、そこまではバイクは乗らないとか、その逆とか(全員がそうではなくて、あくまでもそういう例もあるということっすよ)。

だって、ひと口に釣りと言ったって、いろいろなスタイルがあるじゃないですか。
それをひとくくりにして、「釣りにはこのバイクがよい!」とは言えないですよね。
あとは「なぜその車種なのか」が不明瞭なことがあって、例えばざっくりと「釣り向き、バイク」でググってヒットした、とあるサイトを見ると、そちらにはその一つとしてヤマハ・マジェスティSが紹介されていました。いや、それなら別に他のスクーターでもよいはずで、ホンダ・PCXでもよくね?と。

ま、考え方は人それぞれなので、細かいことをいってもしょうがない。
ここでもあくまでも俺目線であることはあらかじめご了承を。
それでは最新車種の紹介にいきましょう。
3選でいきます。

ほぼオールラウンダー
カワサキ・KLX230SM

※写真はカワサキの公式サイトより

おぉ、そうですか、モタードですか!!
国内では絶滅したと思っていたのですが、発売されますか!!
発売予定日は2022年10月15日です。

モタードとはオフロード用バイクをベースにしつつ、タイヤをはじめとする足回りをオンロード用にしたバイクです。
俺は昨年までモタードのDトラッカーXに乗っていました。
モタードは釣り・アウトドア向きで、理由は砂利道に強いから。俺は林道は走らないし、そこまでジャリジャリとしたところにはいきませんが、それでもやっぱり釣り・アウトドアでは砂利道に遭遇することがあります。
その点、モタードは先に触れたようにベースがオフロード用バイクなので強いっす。
ネガティブな要素については、あまり俺は触れたくないのですが(だって、そんなのは人によるし……)、あくまでも俺の個人的な印象・感想としてはお尻が痛くなる。ある程度は慣れますが、まぁ未体験の方には「モタードの尻痛は舐めないほうがよい」とはお伝えしときます。でも、俺はモタードで九州一周しましたし、どうにもならないということはないですけどね。

あとは、この排気量だと高速道路では「頑張っている感」が出ます。ライディングポジション的にも風を真っ向から受けますし……。もちろん、これもどうしようもないということはなく、慣れはしますけどね。

もう一つ、スタイル的に足つきが気になる方はいるでしょうね。車体が軽いし、女性にもぜひ乗ってほしいのですが……。シート高が低くて、お尻が痛くならない(シート幅が広い)バイクがあると売れると思うけどなぁ。

いずれにせよ、モタードは俺が好きなバイクのタイプなので、おすすめ度は高いですよ。尻痛問題を除けば街乗りもラクで、何かと使い勝手がよい、ほぼオールラウンダーです(完全オールラウンダーでないのは高速道路の頑張り感です)。
諸元については俺が気になるところをピックアップしときま(以下同)。
【主な諸元】
シート高/845mm
エンジン種類/空冷4ストローク単気筒/SOHC 2バルブ
総排気量 /232cm³
車両重量 /136kg
最高出力 /14kW(19PS)/7,600rpm
最大トルク/19N・m(1.9kgf・m)/6,100rpm
燃料タンク容量/7.4L
トランスミッション形式/常噛6段リターン
価格/572,000円(税込)

身近な釣り・アウトドアに
Dax125

※写真はホンダの公式サイトより

正直、俺は同じタイプのバイクに乗ったことがないので(あってクロスカブです)、想像になりますが、これはよいバイクかと。
発売は2022年9月22日ですな。
こういう無駄のないバイク、好き!

軽くてコンパクトなので釣り・アウトドアで重視される機動力は抜群かと。
排気量的に高速道路には乗れないので、俺のように「高速を使って、その先で釣り」ということがある人には不適ですが。

機動力というメリットはクロスカブやスーパーカブ、それにスクーターなどにも共通していますが、このシルエットが好きなら、もうこれでしょ。もちろん、女性にもよいんじゃないかな……。
【主な諸元】
シート高/775mm
エンジン種類/空冷4ストロークOHC単気筒
総排気量 /123cm³
車両重量 /107kg
最高出力 /6.9kW(9.4ps)/7,000
最大トルク/11N・m(1.1kgf・m)//5,000
燃料タンク容量/3.8L
トランスミッション形式/常時噛合式4段リターン
価格/440,000円(税込)

高速道路使用派は要チェック
CB750 ホーネット

※写真はヤングマシンより

高速道路を使用することを考慮すると、もう釣り・アウトドア向きのバイクというのはちとナンセンスなのですが、あえていうなら車体重量が軽いほうがよいとは思うのですよね。釣りならポイントを求めて、小移動&取り回しの機会が多くなるから。

このホーネットは190kgと大型としては軽い。
しかも、価格は80万円台ですって。
これはよい!

気になる発売日は……。
2022年10月現在、国内発売の予定はありません!

俺は2022年10月4日に「【価格は80万円台?!】ホンダの新型車「CB750 ホーネット」正式発表!! 92ps/190kgのネイキッドスポーツ」という記事で、このバイクのことを知ったのですが、発表されたのは欧州仕様だそう。
そうなのね……。
本当に国内で80万円台で発売されたら売れると思うけどなぁ。どうなんでしょ……。
【主な諸元】
シート高/795mm
エンジン種類/水冷4ストローク並列2気筒SOHC4バルブ
総排気量 /755cm³
車両重量 /190kg
最高出力 /91.83ps/9500rpm
最大トルク/8.65kgf・m/7250rpm
燃料タンク容量/15.2L
トランスミッション形式/6段
価格/―

今回は以上です。
でわでわ~。

投稿者/管理人

0

関連コンテンツ



-バイク, 小ネタ

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.