【連載・第14回】全国版冬ツーリングのおすすめスポット5選

【出張版さすライダー・ドットコム/連載第14回】

どもです、冬ツーリングが大好きだけど、北海道は雪が積もるのでバイクに乗れない、、、さすライダーです。

目が覚めた瞬間は「このまま布団と一生過ごしたい」と思うけど、いざ走り出すと澄んだ景色に心が躍る!それが冬ツーリングです!

一般的に冬ツーリングに適した場所は「冬でも温暖で降雪や凍結の心配がほぼない(0ではない)場所」ですが、それに見合った場所を全国から5か所厳選してお届けしようと思います。

1:関東圏ライダーの冬ツーリング定番スポット「静岡県:伊豆」

バイク雑誌やメディアが冬に差し掛かると一斉に特集する場所、それが関東圏ライダーなら誰でも大好き「伊豆」です!

高速道路を使えば首都圏から1〜2時間で行ける気軽さと、冬でも温暖な気候、海と山の絶景ロードあり、ご当地グルメあり、温泉あり、、、と正にツーリングパラダイスです。

さすがに1〜2月は伊豆スカイラインが凍結する場合もありますが、海沿いの道は冬でも安心して走れます。

冬ツーで迷ったら伊豆に行こう

2:関西圏ライダーの冬ツーリング定番スポット「和歌山県・三重県:南紀」

関東圏ライダーの冬の定番スポットが伊豆なら、関西圏ライダーの定番スポットはズバリ「南紀」です!

和歌山県と三重県に跨がる、紀伊半島の海沿いをトレースするのが冬ツーリングの定番で「国道42号線」がメインルートになっています。

道中にはご当地グルメや白浜などの有名温泉スポット、世界遺産の高野山など、これでもか!という程立ち寄りスポットが充実していて、本州最南端の「潮岬」まであるので困っちゃいます。

国道42号線は12月でも南国感が全開!

3:冬でもトロピカルムード満点「宮崎県:日南フェニックスロード」

宮崎県の海沿いをトレースする「日南フェニックスロード」は、国道220号線・448号線・県道36号線の総称です。

フェニックスとは「ヤシの木」のことで、その名の通り道路沿いにはヤシの木が立ち並び、道の駅ではマンゴースイーツが売られていて、冬に行くと「え?今ってサマーでしたっけ?」と突っ込みたくなります(笑)

北海道並みに道幅が広く、信号の少ない快適なトロピカルシーサイドロードを走っていると、完全に季節感が狂っちゃいますよ(真冬でも普通に暖かいです)

これが宮崎県の12月です(夏かよ!)

4:日本最南端を目指すロマン「鹿児島県:大隅半島」

鹿児島県は全域が冬ツーリングスポットですが、ライダーなら日本最南端の「佐多岬」がある大隅半島は外せません!

なんせ、沖縄を除けば日本最南端なわけですから、当然冬でも暖かく快適なツーリングを楽しめちゃいます。

大阪からフェリー「さんふらわあ」を使うと、大隅半島の付け根にある「志布志市」まで行けるので、関西圏ライダーの定番冬ツーリングスポットになりつつあります。

ライダーなら黙って端っこを目指すべし!

5:手軽に味わえる冬の離島旅「兵庫県:淡路島」

冬でも温暖な場所として知られている「淡路島」は、本州と橋で繋がっている気軽な離島旅が味わえる場所です!

海沿いをグルッと一周するのが定番で、時間があるライダーはそのまま四国インすることも可能です(徳島県と橋で繋がっています)

観光スポットやご当地料理、温泉も非常に充実しているので、何度行っても新たな発見がある場所です。

四国とも橋で繋がっています(大鳴門橋)

冬は最高のツーリングシーズンです!

お布団が恋しい!なんてヌルい事を言っていないで、冬は夏よりバンバンツーリングに出かけましょう!

空気が澄んでいるので景色が綺麗、人が少ない、道が空いている、色々と夏より安い、、、などなど、実は冬は絶好のツーリングシーズンです(最高のきらり)

冬こそバイクで走ろうぜ!

執筆者のプロフィール

SasuRider
SasuRider
北海道砂川市在住。バイクで日本2周、オーストラリア1周済の放浪系バイク乗り。フリーのWebライターとして活躍中。自身のサイト、本家「さすライダー.com」も大好評。YouTubeの「さすライダーチャンネル」のチャンネル登録もお願いします。
【管理人より/『趣味達者が綴る』のバックナンバーはこちら
0

関連コンテンツ



更新日:

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.