え? ここが無料!? 北海道ツーリングおすすめキャンプ場3選

【出張版さすライダー・ドットコム/連載第32回】

どもです、おキャンプ大好き!家よりテントの方が熟睡できる男、さすライダーです。

毎年春が近づいてくると「今年も北海道に行きたい病」が絶賛発病する皆さん、大変お待たせいたしました!

今回は北海道をバイクで軽く10周くらいしちゃってる僕が、このご時世に「無料」で利用できて、しかも「予約も必要ない」素晴らしきキャンプ場を3か所紹介しちゃいますYO

え?無料で予約不要?嘘でしょ?(本当です)

壮大な夕陽ショーを特等席で!呼人浦キャンプ場(網走市)

北海道は網走にある、古くからライダーに人気の無料キャンプ場が「呼人浦キャンプ場」です。

網走湖の湖畔沿いの細長いキャンプ場ですが、バイクは乗り入れが可能で「バイク+テント+湖」という超絶インスタ映え〜なシチュエーションが実現できます!

無料ながらトイレ・炊事場がきちんと完備されており、バイクで南に5分くらい走ると「ホテル網走湖荘」で温泉も確保できます(日帰り入浴700円)

湖畔沿いのインスタ映え〜なキャンプ場です

近くに立派な温泉もあります(ホテル網走湖荘)

ここの最大の魅力は「目の前の網走湖に落ちる壮大な夕陽ショー」で、まるで教科書のような美しい夕日を特等席で鑑賞することができます!

買い出しは網走の市街地まで、バイクで5分くらいの距離なので問題がなく、仮にレストランや食堂に晩飯を食べに行っても、近いので完全に日が落ちる前には帰ってこれます。

夏はまるでライダー専用キャンプ場のようになっていますが、子連れファミリーも多いので敷地内は最大限速度を落として移動しましょう。

美しい夕日を特等席で鑑賞できます

可もなく不可もなくのトイレがあります

住所:〒099-2421 北海道網走市呼人
電話番号:なし
利用料金:無料
設備:炊事場、トイレ
バイク乗り入れ:
最寄りの温泉施設:ホテル網走湖荘(バイクで5分)

霧がデフォです!霧多布岬キャンプ場(浜中町)

ルパン三世の作者「モンキーパンチ」さんの出身地として知られる「浜中町」にある無料キャンプ場が「霧多布岬キャンプ場」です。

その名の通り霧がデフォの絶景スポット「霧多布岬」に隣接するキャンプ場で、こちらも呼人浦キャンプ場と同様に、古くからライダーに人気のあるキャンプ場です。

設備としては炊事場・トイレ・それからランドリーも備わっており、1泊1,760円と格安で泊まれるバンガローもあります。

霧がデフォのキャンプ場です

晴れ男が行くとこうなります!

サイトは海が見える高台で眺めが良いですが、微妙に傾斜している場所が多く、平らな場所はすぐに売り切れてしまいます(汗)

残念ながらバイクの乗り入れはNGですが、二輪専用の駐車場があるので安心して愛車を停めることができます!

温泉はバイクで5分くらいの場所に「霧多布温泉ゆうゆ(500円)」という日帰り温泉施設がありますが、霧が濃い時に日が落ちると、、、なので、早めに行くことをおすすめします。

二輪専用の駐車場があります

温泉は早めに行きましょう(霧+暗闇は普通に死ねます)

住所:〒088-1522 北海道厚岸郡浜中町湯沸
電話番号:0153-62-2239
利用料金:無料
設備:炊事場、トイレ、ランドリー、バンガロー
バイク乗り入れ:不可
最寄りの温泉施設:霧多布温泉ゆうゆ(バイクで5分)

ホタルを見よう!西神楽公園キャンプ場(旭川市)

住所的には旭川ですが、ほぼ美瑛寄りのど田舎、、、じゃなくて郊外に位置する無料キャンプ場が「西神楽公園キャンプ場」です。

旭川と美瑛・富良野を繋ぐ国道237号線からちょっと入った場所にあるので、ツーリングの拠点としての立地に優れています。

駐車場が小さくシーズン中は停車できない場合もあるので、なる早で行くか少なくても土日は避けることをおすすめします。

旭川の郊外にあるキャンプ場です

セルフ受付で無料で利用できます

炊事場とトイレは可もなく不可もなくのレベルですが、無料なので上等なものを求めるのは全くの畑違いでございます。

そもそもここに泊まるメリットは「ホタルが見れる」からで、7月下旬には敷地内の遊歩道でホタルの乱舞を見ることができます!

ちなみに温泉はバイクで旭川方面へ10分くらい走ると「御料乃湯(600円)」という日帰り入浴施設があるので、そこで済ませましょう。

敷地内でホタルが見れちゃいます♪

駐車場が小さいのでお早めに!

住所:〒071-0171 北海道旭川市西神楽南1条1丁目 西神楽公園
電話番号:0166-75-3669
利用料金:無料
設備:炊事場、トイレ
バイク乗り入れ:不可
最寄りの温泉施設:御料乃湯(バイクで10分)

北海道のキャンプ場は無料でも高クオリティ!

無料なのにロケーションが良くて、設備もしっかりしていて、なんなら近くに温泉もあったりして?しかも予約不要とか!?

「おい、どう考えてもおかしいだろ?全くどうなってるんだよ、北海道のキャンプ場ってやつはよ!」って叫びたくなりますよね?

ってことで、今年の夏も北を目指すライダーの皆様にGoodLuck !!

無料でこのロケーションはおかしい、、、(呼人浦キャンプ場)

YouTubeでもおすすめのキャンプ場を紹介しています

執筆者のプロフィール

SasuRider
SasuRider
北海道砂川市在住。バイクで日本2周、オーストラリア1周済の放浪系バイク乗り。フリーのWebライターとして活躍中。自身のサイト、本家「さすライダー.com」も大好評。YouTubeの「さすライダーチャンネル」のチャンネル登録もお願いします。
【管理人より/『趣味達者が綴る』のバックナンバーはこちら
0

関連コンテンツ



更新日:

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.