【連載】アジをフライで釣る―デシーバー タイイング編―【第10回】

こんにちは、まーさんです。

前回は「クラウザーミノー」のタイイングでしたが、今回は同じようにソルトフライで定番の「デシーバー」を巻いていきます。
デシーバーとは詐欺師という意味なのですが、これに喰いついた魚が「詐欺だ!」と言ったとかなんとか(笑)まぁ、それほど良く釣れるフライだということですよね。

それでは、タイイングしていきましょう。

アレンジ無限大

デシーバーはアレンジパターンが多く存在しますが、基本的にはテールがコックハックル(鶏の羽)でウイングがバックテール(鹿のしっぽ)です。
今回はバックテールの代わりにクラフトファーでタイイングしています。気に入った色が簡単に手に入るのと、他のソルトフライと兼用で使えるためです。
新しくデシーバー用にマテリアルを揃えるのであれば、透過性の無いバックテールの方がアピール力は高いですよ。

テールに使うコックハックルも色を変えたり、枚数を変えたりしてもOK。
コックネックではなくサドルにしたり、長めに付けたり短くしたり。色々なバリエーションで作ることができます。

使用するマテリアル

材料
・クラフトファー ホワイト+各色
・ティンセル
・コックネック グリズリー
・アイシール 今回は4mmを使用
・スレッド ホワイト 6/0
・フック ソルト用 #6(良く使われるのは#2~2/0)

 

作り方

①フックをセットし、下巻きします。

 

②テールの長さはおよそシャンクの2倍程度。サイズを決めて、不要な部分をトリミングします。

 

③テールを取り付けます。上から見たときに、2枚がぴったりとくっつくように裏と裏を合わせます。
ずれないようにストークをシャンクの真上に固定することも忘れずに。

 

④ティンセルを左右2本ずつ取り付けます。取り付けたあとはテールと同じ長さでカットします。

 

⑤ティンセルを取り付けた段差を埋めるためと、ギルの代わりにレッドのスレッドで段差を埋めました。けれどウイングを取り付けてしまえばほとんど見えないため、ただのこだわり(笑)
スレッドで段差を埋めたあと、ホロティンセルをボディに巻き付けてもいいかもしれません。けれど、やはりウイングを取り付けたあとはほぼ見えません...

 

⑥再びホワイトスレッドに持ち替え、腹側に白のクラフトファーを一つまみ取り付けます。

 

⑦背側にお好きな色のクラフトファーを取り付けます。

 

⑧ヘッドを成形してフィニッシュします。
なるべく平らにしておくことで、アイシールを取り付けるときにくっつきやすくなります。
そして、ヘッドが小さ過ぎるとシールを取り付けたときにバランスが悪くなるためフィニッシュする前に確認しておきましょう。

 

⑨瞬間接着剤でアイシールをバランス良く取り付けます。左右のアイがずれていないかを前から&上から確認してください。
貼り付ける位置はフックアイの後ろ1つ分位あけた辺りだとバランスが良いと思います。
どんなフライにも言えることですが、フックアイの周りはすっきりさせておいた方が何かと便利です。

 

⑩アイシール&ヘッド部を何回かに分けてレジンコーティングします。
アイシールの上からもコーティングすることで強度もアップします。

 

⑪硬化が終われば完成です。

 

ルアー用にアレンジ

ルアー用にジグヘッドにタイイングしてみました。
ウイングを巻き留めた部分が不格好になるため、ギルの代わりに赤いヤーンを巻き付けてみました。

キール姿勢になるため、根掛りも少なくなりそうですね。
ソルト用のジグヘッドですが、4gを使用しているためライトタックルでもキャスティング可能です。

 

最後に

3本のデシーバーですが、下2本はティンセルの代わりにピーコックハールをトッピングしました。そして見えませんが、ボディはティンセルを巻いてあります。水の中に入ったとき、クラフトファーは透け感があるため、少しは見えるかな?と期待しています。

ウェイトを巻かないフライのため表層~ちょい下辺りを狙う用ですね。

サイズダウンすれば管理釣り場でも使えるストリーマーになります。ニジマス用だと#8辺りでしょうか。フックサイズを小さくするときは、アイシールのサイズも小さくしてくださいね。

まだまだ外出が難しい時期ですので、次回もタイイングの予定です。
はやく釣りに行きたいなー

執筆者のプロフィール

まーさん
まーさん
大阪府在住。サイト『つりたべ』(https://turitabe.com/)の管理人。こちらはそれこそ「別腹」で。家事・育児・内職の合間を見て、平日に釣りを楽しんでいます。秋冬はエリアトラウト、春夏は川釣りメインです。
【管理人より/『趣味達者が綴る』のバックナンバーはこちら
0

関連コンテンツ



投稿日:

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.