【バイクで巡る】「一度は行きたい安くて美味い店を紹介するよ~」【B級グルメ】

バイク編 其の十弐 kanai factoryさんの巻

寒くなってきましたね。バイクに乗るのが辛くなってきました。
なかには「冬は乗らない」というライダーもいますが、俺は乗ります。
いや、銭湯(温泉のみならず、入湯料470円の銭湯だす)巡りも趣味なので、バイクで街に根づいた銭湯を訪れます。
バイクに乗るだけで楽しいのは間違いないのですが、自分なりのテーマを持つと、ツーリングがもっと楽しくなりまっせ。
そこで今回は本サイトからのご提案で、テーマは「バイクでB級グルメ巡りはどうでしょ?」です。
アメブロで大人気のブロガー・kanai factoryさんにお話をお伺いしました。

取材・文/管理人 写真/サムネイル画像を含め、すべてkanai factoryさんのご提供、またはブログからの転載です。無断転載は禁止とさせていただきます。

 はじめまして! kanai factory(以下kanaiさん)、お名前からバイクショップかと思っていました。
「勘違いされることは多いですよ(笑)。ショップではなくて個人です。あらためて、よろしくお願いします」

じつは同じ埼玉県民です。
「おぉ、自分は埼玉県内のホンダの狭山工場で働いていたことがあるのです」

あそこですかぁ。そういえば、kanaiさんが、バイクに乗りはじめたきっかけは?
「学生時代のバイク3ない運動の流れのなかで観た、映画の『ハイティーンブキ』の影響ですかね〜〜。マッチ(近藤正彦さん)のカスタムしたCBX400Fに憧れて……。ホンダにも就職したのも、その影響なのです。当時は、まだCBX400Fを狭山工場で作っていたのですよ」
あ、補足ですが、バイクの「3ない運動」とは、高校生に対しての『免許を取らせない』『買わせない』『運転させない』というスローガンを掲げた日本の社会運動です。1980年代の話ですね。

それで、CBX400Fに乗ったと……。
「いえ、結局、車に乗りはじめて、峠を走るようになってCBXの夢はどこかに……。車の免許は18歳で取りました。それでバイクは、まずスクーターのホンダ・スカイから。それが走っているときにヤマハ・ジョグに負けて、MBX50に乗り換えました。MBXは当時、最速原チャといわれていて、埼玉から江ノ島まで2時間で行けましたぁ」

当時の思い出です(画像はkanaiさんのブログ「旧車の思い出 バイク編①」より)

なんか距離と法定速度と時間の計算が合わないような……(笑)。まぁ記憶補正もありますからね(←あわててフォロー)。その後の車歴は?
「NS250Rを買いました。まぁ、免許はなかったのですけれどね(笑)」

ん?
「もちろん免許は取りましたよ。バイクを買ってから、乗る前に。それで、楽しく走っていたら、あるとき、西湘バイパスでTZRの後方排気にチギられて……。悔しくて、CBR400RRに乗り換えです。これは速かったなぁ。当時はレプリカ全盛時代で、強力なパワーと車重の軽さで勝る2ストが大人気でしたが、負けませんでしたもん。まぁ、歳をとるとともに落ち着いてCBX550Fを購入しました」

あれ、いつの間にか免許の限定解除をしたのですね。
「いえ、これまた、あとづけ作戦です。26歳のときに、CBX550Fを買ってから、鬼も裸足で逃げ出すという一発試験に3回で合格しましたぁ。その後は、リッターバイクはパワーがあり過ぎて乗りこなせないので、カワサキ・ゼファー750を購入。足廻りのカスタムなどしてツーリングを楽しんだのち、ヤマハ・マジェスティ250でツーリング中心に。そこからMF10型のヤマハ・フォルツァから現在のヤマハ・グランドマジェスティ400 です」

こちらが現在の愛車・ヤマハのグランドマジェスティ400です(画像はkanaiさんのブログ「大鶴ちたん (・∀・)」より)

気がつけばホンダから離れましたね……。
「確かに(笑)。でも、セカンドバイクにエイプ2台とカブ1台があるので、それでご勘弁を(笑)。あ、セカンドバイクがいっぱいでしたね(^.^)」

免許を取る前にまずバイクを買うというところが個性的です。
「バイクに乗りたいから免許を取るという人はたくさんいると思いますが、そういう人は免許も取らないし、バイクも買わないことが多いような……。なので、自分のおすすめは、『とにかく先にバイクを買う!』です。そしたら、免許取るしかないでしょ(笑)」

逆転の発想です(笑)。
「でしょ(笑)。あと同じようにバイク乗りアルアルで、『行くところがないから乗ってもなぁ』という人がいますが、その場合は、目的を作ってしまえばよいのですよ。自分の場合は、B級グルメ巡りをすることにしました。もともと食べるのが大好きで、ネットでいろいろなB級グルメの紹介を見ては『うまそうだなぁ』とヨダレを垂らしていたので……」

おっとぉ、B級グルメの話が出たので、ここで今回のテーマ、「バイクで巡るB級グルメ」に。さっそく、kanaiさんのおすすめを教えてください。
「ほいほい、たくさんあるので、テーマ別にいきますよ」

さぁ、がんがんいきましょ。kanaiさんのオススメを部門ごとご紹介します。写真のコメントは管理人の感想です。住所も紹介するので、よければ、ぜひバイクで(地図については『食べログ』さんのリンクは張ろうとも思いましたが、大手サイトを紹介するはしゃくなので……)。

安くて美味いはB級グルメの王道! コスパ部門
「これで1,000円チョイ」の海鮮丼

大盛りに驚く海鮮丼です(画像はKanaiさんのブログ「ランチツーリング その3」より)

伊豆によくある山盛りですが、
器がすっげ〜〜小さい店とは違うのよ〜〜(*゚▽゚*)

※お店/魚河岸海鮮丼(静岡県伊東市和田1-12-3)

――――――――――――――――
写真投稿をしたい方はどうぞ! 映え部門
まるで芸術品のようなトコロテン

う、美しい。確かに「バエ」しますなぁ(画像はkanaiさんのブログ「トコロテンツーリング」より)

一本箸で食べるのがマナー!
美味かったね〜〜!

※お店/日本一うまいところてん(新潟県上越市大島区下達460-2)

――――――――――――――――
昭和を思い出したいときに! ノスタルジック部門
まるでポツンと一軒屋で食べるラーメン

確かに昭和ですな(画像はkanaiさんのブログ「スッゲー怪しいラーメン屋???」より)

いや、当日は定休日だったのでお味のほどは……。
でも、雰囲気が抜群なので美味しいことは請け合いよ〜〜。

※お店/古民家 やま小屋らーめん(埼玉県比企郡滑川町伊古1649)

――――――――――――――――
バイク乗りはみんな大好き!? ハンバーガー部門
「埼玉だって佐世保に負けない」のハンバーガー

今や完全に市民権を得た、人気の手作りハンバーガーです(画像はkanaiさんのブログ「衝撃の一台(>人<;)」より

平日しかやってないのがアレだけど、
ここ、結構、美味いのよ〜〜(*^ω^*)

※お店/ブコウスキー(埼玉県川越市石田226-4)

――――――――――――――――
やはりこいつははずせない! カレー部門
「いつもと違うカレーをどうぞ」のスープカレー

盛り付けもきれいっす(画像はkanaiさんのブログ「川越の北海道スープカレーと散策も。」より)

カレーといっても、少々変わり種のスープカレーです。
うまい! でも、じつは辛いのが得意ではなくて……。
頑張って食べたけど、2番の辛さで充分。
頭から汗が垂れてきたよ〜〜。

※お店/プラスワン(埼玉県川越市石田69-3)

――――――――――――――――
道の駅と侮るなかれ! 道の駅部門
売り切れゴメンの人気の焼きトン

焼きトンといえば埼玉県内の東松山市も有名です(画像はkanaiさんのブログ「プチドライブとプチギャヒオク!」より

売り切れは早いよ〜〜。
辛味噌がまた旨いんだ!

※お店/和紙の里ひがしちちぶ:豚のカシラの焼き鳥(埼玉県秩父郡東秩父村御堂441)

――――――――――――――――
これぞB級グルメの王道! 焼きそば部門
ちょっと驚きのスープ焼きそば

スープ焼きそばは有名ですが、管理人は未体験です。食べてみたいな……(画像はkanaiさんのブログ「①お姉さんとスープ入り焼きそばと( ̄∇ ̄)」より)

あげ麺がトッピングしてあるよ。
隠し味のニンニクが前面に出ていて、逆に(?)美味い!
3回食べたらやめられないよ〜〜。

※お店/森林の駅(栃木県那須塩原市関谷1425-60)

――――――――――――――――
絶対に食べきれない! 大盛り部門
大きさがハンパない餃子

大迫力です。他のメニューも軒並みボリュームがすごい(画像はkanaiさんのブログ「ぼんちリベンジ(・∀・)」より

大盛りの聖地!
餃子がでかれば、他のメニューも大盛りばかり!

※お店/お食事処 ぼんち(山梨県甲斐市富竹新田457-1)

――――――――――――――――
女将さんの愛嬌が抜群 サービス部門
並盛りでもボリューム満点のうどん

これで並盛りとは……(画像はkanaiさんのブログ「古都でバトル ᕦ(ò_óˇ)ᕤ」より)

デカ盛りの店の雰囲気がまったくない「古都」というお店のネーミングやいかに!?
女将さんが素敵で、デカ盛りも楽しるよ〜〜。

※お店/古都(埼玉県入間市宮前町12-11)

――――――――――――――――
一度は食べたい! 肉汁部門
超迫力のポークステーキ

これまた、すごい! 1kgくらいありそう……(画像は「日光ツーリング前編!」より)

で〜〜ん!
こりゃあ、日光のエアーズロックやぁ。
こりゃ、シェアしないと食べ切れないよ〜〜。

※お店/安国屋(栃木県日光市手岡627-1)

――――――――――――――――
サクッとあがった絶品の美味さ! 天婦羅部門
「静岡といえばこれ」の桜えびのかき揚げ

天婦羅は出汁にひたすと、さらに美味しくなるそうです(画像は「桜エビツーリング 前編」より)

関東では中々食べられないよね。
これは食べに行く価値ありよ〜〜。

※お店/浜のかきあげや(静岡県静岡市清水区由比今宿字浜1068-2)

――――――――――――――――
ヘルシーも度を過ぎると… 食べ放題部門
ちょっと変り種の食べ放題のコンニャク

女性で5本も……。まぁ、うまいですからね(画像はKanaiさんのブログ「コンニャクツーリング その1」より)

200円で食べ放題!
秩父の隠れた名所よ〜〜。

※お店/ふるさと両神 両神コンニャク専門店 (埼玉県秩父郡小鹿野町両神薄1036-3)

――――――――――――――――
有名どころも紹介しときましょ 王道部門
「モツ煮の聖地!?」のモツ煮定食

有名どころだけに一度は行ってみたいっすよね(画像はKanaiさんのブログ「2014/10/4 伊香保ツーリング」より)

初期の投稿で紹介。
このときは午前10時半くらいにかかわらず、大変な賑わい!
それから、結構、何度も足を運んでいるよ〜〜。

※お店/永井食堂(群馬県渋川市上白井4477-1)

――――――――――――――――
どこも美味しそうなところばかりで……ゴクリ。手軽に美味しそうなところにいけるのもバイクの魅力です。この記事を見て、バイク乗りが増えるといいなぁ。
「今は80年代のバイクブームと違い、バイク乗り人口は1/10くらいですかね……。大体がおじさんですよね〜〜。
若いときはバイク乗ってたけどって人も多くて、自分のまわりにもバイク乗りは少なくなりました。そんななか、ブログを通じて色々な方と出会い一緒に走ったり遊びに行ったり、同じバイクが趣味という新しい友達ができてよかったと思います」

俺とも出会いましたしね(笑)。
「いや、この出会いは別に……(笑)。それはそうと、自分の日記としてブログを書いているって人も多いですが、是非自分の可能性を信じて同じ趣味を持った人達とミートしてみましょう! 肉好きなだけに(笑)。新しい自分が発見できるかも知れませんよ。ちなみに、最近はキャンプもやっています。今までにないバイクとキャンプっていうのも楽しいですよ。ギャヒヒ〜〜(^.^)」

うわぁ、キャンプっすなぁ(画像はkanaiさんのブログ「ほったらかしキャンプツー!」より)

ちな、ギャヒヒ〜〜(^.^)はKanaiさんの締めのお決まりフレーズです。

【趣味人のプロフィール】

kanai factory
「メインはグランドマジェスティ400に乗り、エイプのカスタムしたり、カブも増え、仕事もたいしてせずにツーリング、B級グルメを食べに行ったりしているバツイチの駄目なおじさんです」
最近、食べて美味しかったものは「伊豆の網代にある『あじあじ』さん。芸能人も足しげく通っているお店で贅沢なランチが食べられます。先日の台風でどうなっているか心配です……」。
最近、購入したバイク関連のグッズは「しばらく、バイクグッズってものを買ってないので……。あえていうならチタンボルトですかね。これは錆(さび)ないので純正品を買うより長持ちしますよ。また、最近シルビアを手に入れたので冬は車で遊ぼうかと色々弄ってますよ〜〜。ギャヒヒ〜〜(^.^)」
なお、「主に関東各県に出没して、ツーリングやオートバイネタ、B級グルメ、温泉の紹介が出来たらな〜〜って(゚∀゚)」というkanaiさんの人気のブログはこちら

【趣味人に聞く/バイク編のバックナンバー】
其の一 肉山☆のりこさんの巻 リーズナブルなバイク満喫術
其の二 ペペモーターサイクルス・鳥山さんの巻 プロのメカニックが教えるメンテナンスのコツ
其の三 タカハシミツルさんの巻 バイクの楽しみ&旧車の魅力
其の四 小川みずきさんの巻 入門者におすすめのバイク取り回し術
其の五 シロクマさんの巻 リターンライダーがすすめる最新バイクギア
其の六 野上鉄夫さんの巻 パーソナルトレーナーが教えるバイク乗りのための腰痛対策
其の七 平塚さんの巻 自分のバイクで海外ツーリング
其の八 マヨさんの巻 若い世代がバイクを選んだ理由
其の九 コバンさんの巻 トコトコ カブ旅の魅力
其の十 michikoさんの巻 ドゥカティ乗りがバイクを降りられない理由
其の十一 ピカレスクさんの巻 バイク釣行のポイント

2+

関連コンテンツ



更新日:

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.