【フィールドレビュー】ワカサギ釣るのに針は7本、必要なのか……【ワカサギ/芦ノ湖】

更新日:

先週末、まぁ10月5日ですね。
ワカサギ釣りに行ってきました。
バイク釣行です。
ツーリングがてらでしたが、ツーリング編は後日……。
1回のバイク旅で2記事を稼ぐ作戦です(笑)。
なので、バイクでの行き方等はここでは省いて、釣りについての情報です。

この日のメンバーは以前、『趣味人に聞く』にも登場いただいたシロクマさんとその同僚のクロクマさん(この記事用に俺が勝手に命名しました)。
クロクマさんとは初対面。しかも、釣りについては「子どもの頃はよくやったけれど、最近は……」という感じだそうで、ちょっと俺にはプレッシャーでした。
いや、俺がシロクマさんを「芦ノ湖にワカサギ釣りに行きたい」と誘い、クロクマさんはそれに付き合うかたちなので、楽しめなかったらどうしようかと……。

芦ノ湖のレビューの前に基本情報を。
俺とシロクマさんは毎年、正月にワカサギ釣りにいくのが年中行事になっているのですが、世の中の「ワカサギ釣りは数釣り」という認識とは違うところで釣りを楽しんでいます。
これまで、いろいろなところに行きました。
高滝湖(千葉県)、牛久沼(千葉県)、相模湖(神奈川県)、田沢湖(埼玉県)、宮沢湖(埼玉県)……。
そうそう山中湖(山梨県)にも行きましたな。

結構、行ってはいるのですが、まぁ年1ですし、ボートは手漕ぎ、タックルも極めて簡単なものなので、「うわぁ、すんごい釣れたよ」ということは一度もないです。
よく「100匹は釣りたい」といいますが、最高でも3人で100匹くらいのような……。
ときには坊主のこともありましたし……。
よいんです。楽しめれば!

んな感じなので、「アタリもなかったら、クロクマさんにはツラいだろうな……」と心配していました。
俺らも芦ノ湖は初めてですし、いつも冬に行っているので「秋にワカサギって釣れるの?」という疑問もあったし、事前に電話予約したボート屋の「くろさわボート」さんによると「今年はダメだよ。釣れても30匹くらいじゃない?」と言っていたし……。
まぁ、30匹でも俺にしてみれば上出来の釣果なのですが……。
あと、ワカサギは仕掛けが細かく、針も複数(少なくて5本で、通常は7本ですかね……)で、エサ(基本的にはサシを使います)をつけるのも面倒ですし……。
だいたいワカサギが掛かるのは下から2本目とかなので、「ん~針って7本も必要なのかしら」と常々思っていたものです。

当日、俺は埼玉、シロクマさんとクロクマさんは千葉ということで、芦ノ湖のボート屋さんに現地合流しました。

俺がDトラッカーX、シロクマさんがR1、クロクマさんがGSX250Rです

んで、こちらが「くろさわボート」さん。

「くろさわボート」さん。芦ノ湖の南側にあります。

おやっさんはちょっとぶっきらぼうなところもあるけれど、とてもよい方です。
帰り際にはおかみさんから缶コーヒーもいただきました。

ちなみに、くろさわボートは、おやっさんとおかみさんの高齢化のため、今年の12月14日に閉店するそう……。
事前に調べましたが、だいたい芦ノ湖のワカサギのボート釣りの料金は
・定員3名=1日4,500円、半日3,500円
・定員2名=1日3,500円、半日3,000円
&入漁料=大人1,300円、中学生以下無料

で統一されています。

タイミングが合えば手漕ぎでも、エンジン&魚探付きの船でポイントまで連れていってもらえますし、芦ノ湖で釣りをやるなら料金は一律のようなので、ぜひ「くろさわボート」さんをよろしくお願いします(よくしていただいた恩義だす)。
リンクも貼っておきます(こちら)。

あ、手漕ぎボートを引いてもらえるのはタイミングが合えば……らしく、朝マズメとか混んでいるときは難しいかもというお話です。
もう一つ、こちらではエサを売っていないので、持参する必要があります。

さて、当日の釣りはというと……。

おかみさんに引いてもらってポイントにつき、エサのサシを投入したのは朝マズメははずした時間帯。10時くらいでしたかね……。
天気はよく、結構、ワカサギ狙いの釣り人がいました(サムネイル画像参照で~。空がきれいでしたぁ)。

芦ノ湖はきれいでしたよ。
あと、いつもいくとこよりも水深が深い。

17mとかでしたかね……。
巻き上げるのに時間がかかります。

竿を出すと意外と早いタイミングで、シロクマさんにアタリが。
いや、この人は俺より、ちゃんと釣りをするし、腕前が俺より確かなので、毎回、俺より釣果が上なんす。

坊主でなくて、よかったぁ

んで、気になるクロクマさんとはといえば、ワカサギの細かい仕掛けに苦戦中……。
この日は風もあったし、結構、絡まって「もう3本でやる!」と。
がんばれ、クロクマさん!

「ん~、針の数を減らしてやると、どうなんだろう……」と俺が心のなかで思っていたら、クロクマさんもヒット!
よかったぁ。
一方、俺はどうかといえば、まぁボチボチ。

シロクマさん、クロクマさんに続いて、ようやく……。

俺はだいたい1尾でも釣れると、置き竿にして一服です。ポイントで吸うタバコ、美味しいんだもん。
それで再開しようとしたら、仕掛けが絡まっていました。
いやぁ、この日は結構、仕掛けとの戦いでした……。

そして、絡まった糸をなんとか復活させようとしている頃、ふとシロクマさんを見ると、なんと、この人は置き竿にしてスマホゲームに夢中!
「ねぇねぇ、このイベントのキャラ、交換したほうがよいかな?」
……。
知らんがな……。

結局、クロクマさんがいちばんコンスタントに釣っていました。
ワカサギ釣り、初めてなのに……。
本来、針が5本の仕掛けを3本でやっているのに……。

しかも、かなり大きいのも釣っていました。

この日、もっとも大きかった一尾。シロクマさんいわく「いや、こんな、大きいのは初めて目にしたよ」

クロクマさんはさらに大きいのも釣りました。

ウグイだか、カワムツだか、多分コイ科の魚の幼魚だすな

シロクマさんもようやく釣りを再開し、俺も結局、新しい仕掛けに付け替えて再チャレンジ。
細かい仕掛けにイラッとして「クロクマさん、3本で釣っているし、やはり針は7本必要ないのでは……」と思っていたものです。

入れればアタリ……というわけには行きませんでしたが、飽きない程度には釣れ、大満足でしたぁ。
ツーリングもしたいので、お昼前にあがりました。

シロクマさんがくろさわボートさんに電話したところ、「迎えにいくから、アンカーを上げておいて」とのことでした。
「了解だす」とアンカーに一番近い位置にいた俺が竿を置いて、せっせと引っ張り上げることに。

アンカーを引っ張り上げて、「さて、俺も片付けよう」とリールを巻いたところ、ラインが結構、引っ張られたんすよね。
「アンカーを引き上げたから、湖底の流れに持っていかれているのかな……」と思っていたら、なんと!

ババーン!

7本全部に掛かっていました!

大事なことなので、もう一度いいます。

一尾は写真撮影中に船に落ちてもうたのです

こんなことってあるんすねぇ。
結論、ワカサギ釣りの針は7本必要です!!
↑手のひら返し……。

3人合わせての釣果はこんな感じ。

3人で50匹くらいでしたね

いや、いつもさっむい冬に行っているし、秋にこれだけ釣れればもう大満足です。
箱根観光もできるしで、芦ノ湖の採点は100点満点で95点
あと5点は、今後、ここを越えるフィールドが登場したときのためにとっておきます。

でわでわ~。

投稿者/管理人

【ワカサギのフィールドレビュー/バックナンバー】
高滝湖(千葉県)

0

関連コンテンツ



-釣り

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.