【ツーリングレポート】お土産はカマボコで!【箱根&小田原(神奈川)】

更新日:

前回の釣りのフィールドレビュー(芦ノ湖のワカサギ釣り)に続いて、
今回は箱根&小田原のツーリングレポートです
(芦ノ湖のワカサギ釣りはこちら)。

この日はシロクマさんと、その友人のクロクマさん、そして俺の3人でのツーリングでして、
集合は現地(箱根)でした。

じつは、俺、遅刻したんすよね……。
まず、釣りの場合、俺は前日に寝ないで夜中に出発することが多いのですが、この日は集合時間が午前7時ということで、「微妙に寝られるな……」とひと眠りしたんす。

いや、慣れないことはするものではなく、目が覚めたのは午前4時半。
完全な寝坊ではなくて、
準備はすませておいたので、すぐに出れば何とか間に合う時間です。
あわてて出発したのは言うまでもありません。

俺は川越なので圏央道から東名コース。
「箱根ICって東名だろうな」と思っていたのですが、これがおおいなる勘違いで、箱根ICは東名から厚木ICで分岐する小田原厚木道路のICです。
圏央道からいくと、東名を走るのは500mくらい……。

そんなこととはつゆしらず、「とにかく東名、東名……」と信じこんでいた俺は、厚木ICをスルーしてしまいました。
それでも、まだなんとかなるところ。
野生の勘で「これは、間違えているのでは……」と気づき、中井PAで地図を確認しました。
あ、俺はバイクに乗るときにナビを使わないんす。

んで、「どうも大井松田ICまでは行き過ぎではない」ということを知り、また走り出しました。
それですめばよかったのですが、もはや俺は箱根ICは東名にはないということはわかっていたのですが、まだ、すんごい勘違いをしていて大井松田ICで何かしらの有料道路に分岐すると思っていたのですよね……。
なもんで、大井松田ICからの分岐を待っていたのですが、出口の表示はあれど、分岐の表示はなく……(そりゃ、そうだ、分岐してないんだもん)。
結局、大井松田ICは降りずに通りすぎてしまいました。。
降りたほうがよいか、迷ったんすけどね……。
迷いはすぐに後悔にかわりました。
ちょっと走って、これは間違えたと確信しました。

でも、高速って降りられないんすよね。次のICまで……。
この苛立たしさは誰もが一度は経験するでしょう。
しばらく走って、ようやく足柄スマートICで高速を降りられました……

結果、1時間くらい遅刻してもうたのです。
あとで、シロクマさんも「いや、あの小田原厚木道路への分岐はわかりにくいよね」と言っていました。
遅刻した俺への慰め半分でしょうが……。
いずれにせよ、関東から箱根に向かう皆様、気をつけましょう。
東名高速道路を使って箱根ICにいく場合は、厚木ICで分岐して小田原厚木道路に入ります。

さて、前置きが少し長くなりましたが、無事にシロクマさん、クロクマさんと合流できました。
釣りはお昼に上がって、あとは観光とツーリングですな。

観光したのは定番のこちら。

箱根神社だす

昼飯を食べて、あとは走りっすな。
箱根といえばターンパイクですが、俺が遅刻した間隙を塗って、シロクマさんとクロクマさんは合流までに走ったそう。
なので3人で箱根スカイラインと芦ノ湖スカイラインを走りました。

気持ちよい道路でした

あ、途中で一応バイクもパチリ。

うん、俺のD虎がいちばんかっこいい(笑)

箱根スカイラインも芦ノ湖スカイラインもすいていて、快適でした。
こういう、「いかにもツーリングロード」を走るのは久々ということもあり、気持ちよかったっす。
天気がよくて空も近く感じました。
箱根スカイラインが260円、芦ノ湖スカイラインが270円と有料ですが、おすすめだす。

ここで、翌日、早朝から予定のあるクロクマさんとはお別れ。
俺とシロクマさんはお土産を求めて小田原に……。

なぜ、箱根に行って小田原なんでしょ……。
いや、近いし、なんだかお土産にカマボコを選びたい気分だったんす。
小田原といえばカマボコで、カマボコといえば小田原です。
↑単なる偏見……。

でも、別にカマボコを大好きというわけではないんすよ。
ちょっと話は飛びますが、以前、釣り雑誌の編集長と話をしているときに、俺が「そういえば、編集長の好物ってなんです?」と聞いたところ、すかさず「チクワブ!」という答えが返ってきたことがあります。
そのときの衝撃ときたら……。

だって、チクワブですよ。
なんの変哲もない小麦粉の塊……。

俺にとってはカマボコもチクワブと同じような位置づけです。
「あれば食べるけれど……」という感じ。
嫌いな方は少ないでしょうから、お土産にはよいんすけどね。
でも、シロクマさんはカマボコに一家言あるようで、カマボコがご飯のおかずになるそうです。
なんと奇特な……。
↑これまた偏見……。

小田原駅に向かう途中で「鈴廣かまぼこ博物館」を発見。立ち寄りました。(リンクはこちら)、

店内にはすんごい広いお土産屋さんもあります

ここでお土産も買えるのですが、「せっかくだから、ベストなかまぼこを見つけよう」と小田原駅に。

ここでライダーにお得な情報ですが、駅周辺ってバイクの置き場所に困りますよね?
車ならコインパーキングに置くけれど、バイクは……てな感じで。
この日も少々迷ったのですが、結局は「小田原お堀端 万葉の湯」さんの地下の駐車場に停めることができました。
こういう商業施設に停めるのはグレーゾーンですが、ここだけの情報ということで。
出るときに警備の方と話しましたし、黒よりもかなり白に近いグレーゾーンです。
料金は無料です。

んで、駅前に並ぶカマボコ屋さんに入っては、話をお伺いして、試食もさせていたいて吟味。
俺はあんまり違いはわからんのですけれどね……。
値段はだいたいどこも1本千円で、同じ店舗でもグレードによって値段は変わります。

なんとなく、「鈴廣さんが美味しいような……」と思い、決めかけていたところ、シロクマさんが「小田原まると」さんの店員さんと話しこみ、どうも、ここは他に出店していないことがわかりました。
鈴廣さんは大手で浅草にも店舗がありますからね。
ここは、そこでしか手に入らないものを!
小田原まるとさんの「土岩かまぼこ」にしました。

小田原まるとさんです。駅そばです。

特徴はコリコリとした歯応えだそう。
帰宅後に食べたのですが、確かに弾力が違う。
味は……カマボコです。
いや、ネット上の評価も上々ですし、俺はそもそも味の違いがわからんというだけで、決して「値段の割には……」ということはありません。
あぁ、違いのわかる男になりたい(シロクマさんも買って帰ったので、今度、感想を聞いてみよう)。

箱根&小田原のツーリングレポートは以上です。
なかなか楽しめましたよ。
ちなみに帰りは迷うことなく、2時間はかからなかったす。いや、迷わなければこんなに近いとは……。
箱根&小田原のおすすめ度は100点満点で80点。
今は、大涌谷が噴火警戒で立ち入り禁止なので、そこが残念でした
(今年、2019年の10月下旬には解除されるようです)。

でわでわ~。

投稿者/管理人

1+

関連コンテンツ



-バイク

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.