【バイク好きの】日テレ久野アナはCBR250RR乗り【有名人】

更新日:

本サイトは釣りとバイク、そしてクラクラの普及を目指しています。
その一環として、それぞれが好きな有名人を見つけては紹介しています。

ちなみにクラクラ好きはまだ発見していないです……。

さ、さて、今回はバイク好きの有名人を確保(?)したので、
ご報告しておきます。
Yahooニュースになっていましたね。
その人は日本テレビの久野静香アナウンサーです。

…………。
はい。俺は存じ上げません。
だって、テレビってほとんど見ないのですもの。

ちょっと調べてみたところ、
愛知県大府市出身で1989年生まれとのこと。
女子アナだけあって、おきれいっすな。

気になる愛車はCBR250RR<ABS>ですって。
カラーはグランプリレッド。
え~とですね、お値段がなんと821,700円~ですって。
クオーターでっせ。
お、お高い。

ちな、カワサキ派の俺ですが、
CBR250はホンダさんから借りて乗ったことあるのです。
仕事でメディア用のモデル車をお借りしたのですね。
ホンダさんはメディアに優しいのです。
だから、ホンダはカワサキの次に好きです(←誰も関心ない……)。

乗った感想としては、とてもスムーズでしたね。
高速も乗ったのですが、クオーターといえど、
法定速度厳守の俺はパワー不足も感じなかったです。

イメージとしては本当に安心という感じ。
カワサキは野暮ったくて、なんか信用できないのですよね
(だが、それがいい)。

んで、久野アナに話を戻すと、なぜニュースになったかというと、
「フェンダーレスであることに注目が集まり、SNSで多くのコメントが寄せられているから」ですって。

※参考サイト/Yahooニュース
日テレ久野アナが「カッコかわいい」 バイクにも注目「フェンダーレスかっこよすぎ」

今さらながら「フェンダーレス」をご説明すると、まずフェンダーとはタイヤ周りの泥よけのことです。

このパーツです。画像はWeblio辞書より

「レス」は「ない」ということですから、フェンダーレスとはフェンダーというパーツを取っているということになりますな。

では、フェンダーレスにすると、何がよいかというと……。
好みの問題ですが、スタイリッシュになると。
基本、レーシングマシンはフェンダーレスですから、本物志向というイメージになりますな。
あとは、ほんのわずかですが、パーツ分の軽量化も図れるでしょ。

反対にデメリットは泥がビンビンに跳ねて車体はおろか、ときにはライダーも汚れると。

ここからは俺の私見ですが、基本、走りを追求するなら純正が一番ですよ。
メーカーが本気で出した答えですから。
そのバイクに手を入れるということは、好みに合わせるという意味合いを除くと、
走りには悪い影響を与えることになりますよね。

例えば、俺の愛車は社外品のマフラーを入れていますが、
いまだにしょっちゅうエンストします。
うまく排気干渉ができていないのでしょうね。

あと、ず~っと前、「バイクは昼間もヘッドライトを点灯」が主流ではなかった頃、
パーツを購入して、ヘッドライトのオンオフスイッチを自分でつけたのですが、
そのあとにバイクショップにメンテに出したときに
「ヘッドライトをつけるように設計してあるのに、それがなくなったら、その予定の電気はどこにいくんだろうね」とボソッといわれたことを今でもはっきりと覚えています。
「確かに……」と思いました。

あ、また、話が逸れてもうた。
ここでCBR250RRをもう一度見てみましょ。

かっこいいっすね。画像はホンダの公式HPより

そして久野アナのインスタの画像がこちら。

画像は久野アナのインスタより

ん?
フェンダーレス。
いわれてみればナンバーのあたりがすっきりしていますが、よく見えないような……。

結果、「フェンダーレスだからかっこいい」はよくわからないという微妙なオチで……。
でも、久野アナにはいつまでもバイク好きでいてほしいっすね。
でわでわ~。

投稿者/管理人

0

関連コンテンツ



-バイク

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.