【バイク】ライダー必読! 右直事故に超御用心!【右直事故】

更新日:

本サイト、教育委員会推奨の優良サイトを目指しています!
な~んてねっ。
でも、ときにしっかりとしたテーマも取り上げねばと思っています。
テーマは「バイクの右直事故」です。
話題になっているというわけでもないのでビュー数が伸びるかは怪しいのですが、ぜひ、ライダーの方はご一読を。
命に関わる問題ですからね。

まずは、今回、このテーマを取り上げようと思ったニュースから。
先日(2020年2月12日)に福岡県北九州市で交通事故があり、バイクを運転していた方がお亡くなりになったそうです。その事故が右直事故でした。同じ日に同じように右折中のトラックとバイクが衝突し、バイク側の53歳の男性が意識不明の重体にもなっているそうです。

※参考サイト/Yahooニュース
交通事故が相次ぎ4人死傷

右直事故ってなに?
そもそも右直事故とはどういうものかというと、言葉の通りで「交差点での右折車と直進車の衝突事故」ですね。
バイクの場合はこのようなことが多いかと↓

バイクが曲がろうとするときの右直事故もありますね。よくあるのが信号が赤信号になろうとしているときに慌てて曲がろうとしたら、対抗車線の自動車も同じように突っ込んできたという場合ですね。
バイクが曲がろうとするときの右直事故はこちら↓

あとは、バイクはすり抜けする人がいるので、そのときも要注意ですね。
俺が教習所に通っている頃は、かなり強調されていました。
すり抜け時の右直事故はこんな感じかと↓

典型的な右直事故の動画も紹介しておきま。

*動画サイトなので通信環境に要注意

右直事故が多い現状
きっと多くのライダーが「注意していれば大丈夫」と思っているでしょうが、右直事故は本当に多いんす。
警察など信用できるデータは探しきれませんでしたが、だいたいバイクの死傷事故の原因として、右直事故は20%くらいもの割合を占めているようです。
もう少し、範囲を広めて「交差点での事故」とすると、55%にもなるそうです。

画像は神奈川県警のツイッターより

右直事故が起きる理由
右直事故が起きる理由は、もう、ずっと変わらないようです。
事故を起こした自動車のドライバーは口をそろえたようにこういうそうです。
「安全に曲がれると思った」
「気がついたときには、もうオートバイは目の前にいた」
バイクは自動車よりも小さいので遠くにいるように見えるのですよね。「どれくらいのスピードで走っているか」もつかみにくい。
高齢者ドライバーが社会問題になっていますが、高齢になると、どうしても「いざ」というときの反射神経も鈍くなりますし。

※参考サイト/有限会社シグナルさん
簡単な安全対策があるのというのに、いまだに右直事故の割合が変わらず多いのは何故?

右直事故を起こしてしまったときの過失割合
まず、右直事故は死にいたることが多いということはしっかりと頭に入れておきたいところ。
死ぬのはもちろん、むき出しのライダーですからねっ!
仮に命に別状はなかったとしても(←嫌な表現ですが)、自分のケガとの闘い、相手の補償の問題が待っています。
よくいいますが、こちらが動いている限りは「自分は悪くない」と思っても、過失割合が0になることはほぼありません。
状況にもよりますが、
直進車も右折車も青信号の場合、バイクが直進側であればバイク:自動車=15:85、バイクが右折側であればバイク:自動車=30:70が基本割合となるそうです。
バイクのほうが割合が低いのは「自動車よりもバイクのほうが大きなケガや被害を被りやすいから」とのこと。冷静に考えると怖い理由ですよね。
さらに直進車も右折車も青信号ではなく、黄信号のときは割合がかわって、バイクが直進側であればバイク:自動車=30:70、バイクが右折側であればバイク:自動車=50:50が基本割合となるそうです。
「黄色信号だからあわてて右折」はこの意味でもNGです。

右直事故を防ぐ方法
そして、大事な右直事故を防ぐための方法です。
これは、本当にいろいろ調べて、俺のこれまでの経験や知識を総動員しても、革新的な方法は見つけられませんでした。
もうね、このひと言に尽きます。
「安全運転」

こんな結論ですみません。
でも、これです。
とくにスピードです。交差点に進入するときは「いつでも止まれる」というスピードを厳守しましょう。
他人事ではないということを肝に銘じておくとよかですね。
俺の知り合いの女の子も右直事故で入院し、いまでも後遺症が残っています。
あとはできるかどうかはわかりませんが、「こんなことも意識しておくよいよ」ということも紹介しておきます。
・目立つ服を着る(とくに夜間。ドライバーが認識しやすいように)
・トラックなどの大型車両に続いて状況を確認しないまま交差点に進入しない(トラックとは並走がよいという説もあります)
・ヘッドライトは上向きに(これは状況によると思いますが、基本、バイクはヘッドライトは上向きですし)
・ちなみに自分が自動車を運転しているときは、バイクは先に行かせてから曲げるようにする

黄色信号、あるいは赤信号になってから「大丈夫なはず」と交差点に進入するのは論外です。動画を紹介しておきま。

*動画サイトなので通信環境に要注意

最後に今回の記事の参考にさせていただいた右直事故の予防に役立つサイト(動画)を紹介しておきます。

※参考サイト/MOTO-ACE―BROGさんのブログ
バイクの死亡事故原因の49%が"出会い頭"と"右直"|事故を防ぐ運転方法とは
※参考サイト/YouTube/MOTO-ACE―BROGのチャンネル
バイクの死亡右直事故を絶対に防ぐたった2つのテクニック!!
*動画サイトなので通信環境に要注意

以上、くれぐれも安全運転で楽しいバイクライフを!
でわでわ~。

投稿者/管理人

0

関連コンテンツ



-バイク
-

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.