【釣り】管理人、釣りとバイクの相性を考えます【バイク】

更新日:

あらためていうまでもなく、本サイト名は「釣りとバイクが趣味なんだ。」です。
そういうからには「釣り バイク」でググったら上位にヒットしたいと願っているのですが、これがなかなか……。
「釣りとバイク」でググるともっと下位……(泣)。
「釣りとバイクが趣味」でようやく上位です。
がんばろっ(汗)。

というわけで、定期的に「釣りとバイク」についての記事は上げていこうと思っています。

それで「釣り バイク」の検索で上位にくるサイトをみると、多くは「釣りにバイクは最適」とか「バイクで釣りは絶対おすすめ」という言葉が並んでいるようです。

俺は天邪鬼なので、そのような記事を見ると「はて……」と思ってしまいます。
いや、もちろん本人がバイク釣行を楽しんでいる方の記事なら「いけ、いけ~!」と応援しますが、キュレーションサイト(特定のテーマに絞った情報を整理したサイト)で、どこぞのWEBライターが検索してまとめただけの記事を見ると、ちょっとした憤りを覚えるのです(←いくつになっても反抗期ですみません)。

もう長いこと渓流へのバイク釣行を実践している俺が思うに、バイクと釣りは「最適」でも「絶対おすすめ」でもありません。

前にも書きましたが、ことあるごとに、その理由は記していきます。

まず、バイク釣行は対象の釣りを選びます。
大きめのタックルを使うものはタックルを運搬できないし、ターゲットが大きい釣りも釣った魚をお持ち帰りできません。
ある程度、楽しめる釣りが限定されるのですが、なかでも俺がやっている渓流釣りやバス釣りなどが相性がよいはず。

そして、問題はそれだけではなくて、バイクの大きな弱点は「天候に弱い」です。
とにかく寒さには要注意です。
いや、この今回、このテーマを取り上げようと思ったのが、先日の釣行で朝マズメからフィールドに入ったのですが、道中、寒くてつらかったからです。
あと、いくらレインウェアを持っていたとしても雨も痛烈にイヤですね。

それにバイクは孤独感がすごい……。
これは渓流限定かもしれないですが、夜中に人気(ひとけ)のない山道を走るのは、少なくても俺は怖いです。
何かあったらどうしよう……といつも思っています。
車なら何とかなりそうな感じがするのですけれどね。

んなわけで、先日の釣行もバイクで行くか、車にするか、結構、迷いました。
ただ、バイクのメリットも大きくて、「現地でエントリーできる場所を探してウロウロしやすい」「駐車場に困らない」のはとても魅力。
結局、俺のなかでは6対4くらいでバイクが勝って、結局バイクにしました(結構、接戦)。
結論としては、はじめていくフィールドで、ポイント探しにウロチョロしたので、バイクで大正解でした。

俺のイメージとしては、世のなか、「バイクを乗っているのだけれど、プラスαで釣りもしてみようかな」という人よりも「釣りにいくのに、バイクはどうだろうか」という人のほうが多いような気がします。
そんな人にお伝えしたいのは、「バイク釣行は絶対的にいいものではない」ということです。
とくにバイクは寒さに弱いですからねっ!
俺の周りには「冬は乗らない」という人もいますし、ハーレー乗りの知人は「冬はバッテリーをはずす」といっていました。

バイクや安いものではないので、その点は十分に考慮することをおすすめします。
ただ、繰り返しになりますが、もちろん、メリットも大きいですよ!

おっと、最後にお知らせです。
バイクに乗る人も乗らない人も、釣り人であれば読んでいただきたいコラム【釣り編】の最新版をアップしました。
記事はこちら(【コラム】『小坪漁港』に行ってみたら釣り禁止区域が多かった…の巻【釣り編】)。ぜひ、ご一読を!

でわでわ~。

投稿者/管理人

0

関連コンテンツ



-バイク, 釣り
-

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.