【大型連休】ゴールデンウィークの釣り人&ライダーの実情は…【自粛してる?】

更新日:

世の中には本音と建前があります。
この建前の部分がとても大切。影響力が強ければ強いほどそうです。
例えば戦国時代の徳川家康が豊臣家を潰すために起こした「鐘銘事件」。これは家康が豊臣秀吉の息子・秀頼が制作した鐘の銘文にいちゃもんをつけて、やがては大坂冬の陣のきっかけとなった事件です。
「いちゃんもんではない説」もあるようですが、一般的には言いがかりとされています。
当時、家康にとって豊臣家は邪魔な存在でした。家康はすでにかなりの権力を手中におさめていたので、もしかしたら、そのまま攻めても勝てたかもしれません。ただ、秀吉に恩がある武将も多く残っていたので、より成功の確率を高めるために自分の行動を正当化するためのいちゃもん、まぁ建前が必要だったわけです。

翻(ひるがえ)って、現在の新型コロナウイルスの「不要不急の外出の自粛」問題。
「釣りに出かけられない」「ツーリングに行けない」と多くの方が嘆いています。
影響力の大きい人気のユーチューバー、ブロガーさんは皆さま自粛しています。
これは決して建前と思っているわけではありませんが、俺はこのスタンスは重要だと考えています。
感染症の拡大は避けたいですからね。
社会的な背景を鑑みても、そうあるべきと思っています。

そして、本サイト。
本サイトは大人気サイトではなく、社会的な影響力は皆無かと。
それで、ここでは建前ではなく、本音でいきたいと思います。

まず、ずっと言っていますが、俺は自粛の波の「右向け右」感に違和感を覚えています。

ネットで感染拡大のニュースに対するコメントでは「なんで勝手な行動をしているの? 今は我慢のときなのだから、みんな外出は控えましょう」というニュアンスのコメントを見かけます。
極めてまっとうな意見です。
ただ、俺はこのような考えも勝手な考えだと思います。

俺の周りを見るに、今のところ、仕事については事務所への勤務を継続していたり、テレワークを取り入れたり、休みにしても給料が補償されている人が少なくないようです。
そのような人にとっては「今は我慢のとき」でよいでしょう。
お金には困らないわけですから。

でも、飲食店をはじめとする個人事業主の人はそうはいきません。
収入が激減するわけですから、「がまんのとき」とかは言ってられんでしょう。
少し前にネットで「確率的な死か、確実な死か」という言葉が取り上げれていました。
これは新型コロナによって死んでしまうことを(死ぬ可能性がある)を選ぶか、自粛などによって生活できなくなってしまうこと(収入がなくなることで確実に死ぬ)を選ぶかという意味合いの記事でした。

俺は「新型コロナウイルスなんて気にしないで、どんどん出かけましょう」といいたいわけではありません。
ただ、どうか、政府やマスコミが発信する情報を精査して、ご自身で判断していただければと思う次第です。

前置きが長くなりました(←前置きだったんかい)。
そんな折、昨日(2020年5月2日)、俺はバイク釣行をしてきました。
建前は「一人で人のいない釣り場にいって釣りをして、一人で帰ってくるのだから問題ないはず」で、本音は「釣りをしたかった」です。

……。
正当化できる行動でないことは自認しています。

んで、釣り人やライダーのなかには、「みんなはゴールデンウィークはどうしているの?」と気になる人もいるでしょうから、実情を報告をしておきます。

まず、釣り場。
俺は渓流釣りなので、渓流の話です。
これがですね……、やはり人がいないことはないのですね。
むしろ、結構、釣り人は釣りに行っています。

現地で釣り人と情報交換をしたのですが、その人は新型コロナウイルスについて、
「いやぁ、結局、街より、こういう自然のなかのほうが安心だからね。問題は事故したときに医療機関の方々の迷惑をかけることですから、とにかく安全面には気をつけています」
とおっしゃっていました。
これが、多くの出かけている釣り人やライダーの本音かと思います。

ただ、気にしたいのは、むしろの釣り場の混雑です。
実情として、人気の釣り場の混雑がニュースに取り上げられています。
人気の釣り場、愛知県南知多町の豊浜漁港近くには多くの釣り客が訪れているということです。

※参考サイト/ヤフーニュース
“他県ナンバー”の車も…漁港に『釣り客』約150人集まる 看板には「不要不急の外出自粛を」

そしてツーリング。
俺は今回の釣行は埼玉県の秩父に行きました。
山奥の三峰神社の近くです。
三峰神社はパワースポットとして広く知られていて、人気のツーリングスポットでもあります。ただ、現在は新型コロナ感染症の拡大予防の観点から参拝を中止にしています。
また、それに関わることとして、秩父市内の飲食店屋、お土産屋さんも休業しているところが多いです。
それが影響しているのでしょう、例年のゴールデンウィークよりもライダーは少なかったです(俺は昨年、ちょうどこの時期に同じ方面にツーリングしました)。

ただ、圧倒的にライダーを見かけないかというと、そのようなことはなく、普通に多くのライダーが走っていました。
感覚としては、例年の8割くらいかな……。

道路もガラガラかというと、そのようなことはありません。
俺の自宅からは秩父方面へと向かうには国道299号を使うのですが、帰りは、結構、ノロノロ運転で、ちょっとストレスが溜まるくらいでした(ほぼオレンジラインで追い越せないのですよね)。

んで、交通事情について、もう少し言及すると、ツーリングロードに限らず、道路ってすいてはいないですよね。
むしろ、混んでいるところも。
買い物で自動車を利用している人も多いと思うのですが、「事故で医療機関に負担をかけるなら……」という観点でいうなら、チャリのほうが正解のような……。
それに多くの自動車は排気ガスを出しますが、ある研究によると、新型コロナの死亡率は大気汚染で悪化するそうです。

※参考サイト
新型コロナの死亡率、大気汚染で悪化と判明、研究

もちろん、買い物も自動車でないといけない方がいらっしゃるのも事実でしょう。
それぞれに事情がありますから。

それぞれの事情といえば、渓流に車でデートに来ている若いカップを見かけました。
そのカップルに「今は自粛だから、遠出してはダメでしょ」といえる人っています?
俺は若いカップルにも自宅にいることを強要するような社会なら、その社会のほうが病んでいると思います。

まとめとして、今回の情報としては「ゴールデンウィークでも釣りやツーリングに出ている人はいる(さほど減ってはいない)」でした。
繰り返しになりますが、だからといって俺は「どんどん出かけよう」と推奨するわけではありません。
ただ、人にはそれぞれの事情があるのだから、脊髄反射で「自粛、自粛」というのではなく、しっかりと個人で判断したほうが……という主張です。

以上、弱小サイトの記事でした。
でわでわ~。

投稿者/管理人

1+

関連コンテンツ



-バイク, 釣り

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.