【秋近し】渓流釣りは何月まで楽しめる⁉

更新日:

2021年の8月も下旬になりました。
ぼちぼち渓流釣りのシーズンも終わりに近づいています。
今シーズンは、あまり行かなかったような……。
ここまでは3回くらいですかね(多分)。
少なかった理由はテナガエビに凝ってしまったことやバイクの買い替えで遠出を控えたことなどがあります。

あと、1回は行きたいと思っていますが、時間が流れるのが早くて9月末までに時間が取れるかどうか……。

あ、そうそう、ここで今回のテーマです。
それは「渓流釣りはいつまでできるの⁉」ということ。
まぁ渓流釣りを楽しんでいる方はほぼほぼわかっているでしょうが、一応、基礎知識として。

答えは「管理している漁協によって決まる」です。
俺の考え方ですと、まず基本は「自然を楽しむ渓流釣りは身の安全などに留意しつつ、いつでも自由にやってよい」です。んが、現在は漁協が管理しているところが少なくはなく、その場合は漁協が定めたルールに従う必要があります。
結果、バラつきはあるものの、一般的には「春は3月1日、秋は9月30日まで」のところが多い。

ちなみに以前は9月20日前後までが多かったような気がしますが、なんか最近は9月末日が多数派ですね。
あとは、「漁協が管理していなければいつまででもよいの?」と思う方もいるでしょう。その疑問については、それはそうなのですが、例えば関東から日帰りでいけて、漁協が入っていないところを俺は一つも知りません。名前を聞く渓流は、ほぼ漁協が入っているかと。

そして、もう一つ、ヤフー知恵袋でおもしろい質問を見つけました。
内容は次のとおり。
「10月からの禁漁期間はキャッチ&リリースなら普通に釣りしててよいのでしょうか? ヤマメイワナはダメだけど、マスはオーケーってことですか? まだまだ釣りしたいんですけどダメなんでしょうか?」

なるほど、おもしろい発想をする方がいるものです。
まぁ、答えはやはり漁協なりですよね。
なもんで、禁漁区域や禁漁期間は人(ここではその釣り場を管理している漁協)が定めたものですが、お出かけ前にHP等で情報を確認を!

最後にお知らせです。
本サイトの人気コーナーの記事を公開しました。
一つは、渓流でお題は俺が知りたかった「渓流のエサ釣りとルアー釣り、釣れるのはどっち⁉」、もう一つは都内の釣り場を探し求めている連載コーナーで内容は「【門前仲町駅ちか!】大横川で初めての雨天での夜釣り!が、予想以上に…!」です。
ぜひ、少しでも関心がある方はぜひチェックを!

でわでわ~。

投稿者/管理人

0

関連コンテンツ



-疑問に回答, 釣り

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.