【興味がある】オフロードのすすめ【ライダーに】

今回は入門者、というか「オフロードってどうなの?」「やってみようかな……」という方に向けての記事です^^
オフ車歴1年以上の方には意味成さないと思いますので、あらかじめご了承を。うぴゃぴゃ。

オフロードを走ったことがない方はオフロードとオンロードの差はジャンプの有無だと思うかもしれません。
でも、それは間違いです。
正解は「ジャンプのしやすさ」です。
「んなアホな」と思うでしょ……プギャー
ロンより祥○で(昔こんな麻雀ゲームあったな……。スーパーリアル○○。頷いた方多分年齢一緒ですね^^;)、「マン島TT」という言葉をググってください。
飛んでますでしょ。
そうです。
オンロードマシンも飛べるのですよ。うひゃひゃひゃ^^:

では、オフロードとはどういうものか。
まずは種類をチェックです。
1.モトクロス
スピード競技です。人工的に作ったコースで誰が速く走れるかを競います。基本、モトクロスコースは誰でも走行できます。速く走れるかは別。詳しくは「AMA スーパークロス/モトクロス」でググるとイメージがつかめるでしょう。

2.エンデューロ
「技術系エルツベルグ」でググると何となくわかると思います。変態と思った方……良識があります。ただし1年後はうぴゃぴゃぴゃと言ってるはずですよ^^ 自然物を生かしたコースでテクニックを競いながら走ります。

3.トライアル
うーん足を着かずにぴょんぴょん跳びはねるアレですよ。そこら辺のアレです。^^;

で、本題です。
最近、バイク乗ってても新しい発見ないし、マンネリだなという方、ぜひオフロードを試して下さい。
新たな発見!
新たな仲間!
新たな経験!

きっとあなたの求める物が待っています。
「んなわけあるか^^;」と突っ込みされる方で林道をオフ車走ったことがない方は、もうオフ車を買うとよいでしょう。買ってから何とかするというスタイルです。
でも、きっと後悔はしないと思います。

林道走行30秒後には、うぴょぴょぴょぴょとなりますよー^^!
説明せねばなるまい、上記の擬音は過去のワイの記事読んで下さい(その記事はこちら)。

ちなみにオフ車を買う際には以下の点に留意して下さい。
1.価格は乗りだし30万位とすべし
2.できる限りフルサイズとすべし
3.足つき、軽量を優先すべし

「1.価格は乗りだし30万位とすべし」に関してはオフ車はしっかりとオフ車として使うと3年持ちません。まず、林道を走ることになると思いますが、ここで普段見られぬ新たな発見があります。花や景色、コーヒー沸かして飲むなどです。
人跡未踏の場所にてのコーヒーは至高の旨さです。
かの海原○山も、「むむむ、これは~」と唸ります。
間違いありません。

そして、フラット林道は3回も走れば、林道の脇道へと行きたくなるはずです。
ここで一人では行けなくなるので、新たな仲間を必然的に探すことになります。
その結果、仲間は3~4人増え、新たな装備にロープが加わります(ローソクは要らないよー(*´∀`*))
その後バイクは時には投げるものという経験に遭遇することになります。

3年もたないのは、そのためでもあります。
なのでバイクは安いので充分です。
最初のマシンは自分の方向性を決めるものとして選びましょう(後程説明します)。

「2.できる限りフルサイズとすべし」に関しては、フロント21インチ、リア18インチのマシンがよいでしょう。
小さなサイズで、フロント19インチのマシンもありますが、フルサイズなら林道走行で岩や倒木に遭遇したときに簡単にクリアできます。
それが難しいと嫌になってしまうこともあるので……。

「3.足つき、軽量を優先すべし」については、オンロードの場合はとにかく馬力で考えることもアリですが、オフにはとくに最初のうちは馬力は不要です。
馬力よりも足つきが重要で、足つきが悪いと不安になるのと、転けたときに起こすのが大変です。
気に入った車種の足つき性が不安ならローダウンさせる部品もあるので、それを利用するとよいでしょう。

なお、「オンロードでフラット林道駄目なの?」と思う方もいるかもしれませんが、結論はアカンです。
慣れないうちは楽しめない苦行が待ってます。

また、峠道で縦溝のある道路マンホールで怖い思いした方は、以後の悪路走行に苦手意識あるかもしれません。
そういう経験をしないためにもオフロードは専用のバイクを用意しましょう。
ちなみに上記の経験された方は、「タイヤをハイグリップの物に交換」「バイクを足でしっかりホールドして腰で乗る」
で対策できます^^!

ここで、方向性の話になりますが、ある程度林道走ってから、スピードが好きな方はモトクロスへ、技術系や耐久系が好きな方はエンデューロへのレーサーへと進むとよいでしょう。
より楽しさが分かるはずです。
レーサーは競技で勝つことを念頭に作られているので、その方向性に特化してます。疲れにくく、うぴゃぴゃぴゃになります。
ただしバイクに乗るのに、車を買う(バイクの運搬用)という意味不明の地獄に落ちますが……。

最後に「楽しそうだけどバイクを買う前に試したい……」という方におすすめの施設を紹介します。

・「ガッツリ試したい」という方におすすめ
モトスポーツランド しどき
マシンからウエアまで完全レンタル可能。マシンがボロボロではなく高年式が多い。速い人は走行禁止のため安心。

・「そこそこ試したい」という方におすすめ
MMT 守谷
お安く試せるが、ウエアやプロテクターのレンタルはない。一度コース体験してみたい方にはオススメ

・「エンデューロしたい」という方におすすめ
日野カントリー
ここのマディ(雨でドロドロになったところ)はヤバい。ワイの元マシンのxtzちゃんのカウルがとれたちった記憶が……。

あなたのM度を加速させる魅惑のオフ。ぜひお試しあれ! うぴゃぴゃ

執筆者のプロフィール

lancer
埼玉在住リターンライダーです。バイクには日常よりの脱却と癒やしを求め彷徨い中。死ぬまでにボスホスに乗る事を考えています。オンオフどちらも好きですが、バイクに関しては、良い悪いの白黒を付けたがりです。過去所有バイクは10台以上なので、同系列のバイクと比較記事を書いていく予定です。
【管理人より/『趣味達者が綴る』のバックナンバーはこちら
0

関連コンテンツ



投稿日:

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.