【北海道の】ルアーやフライでトラウトの天然ものを狙う【釣り事情】

趣味人に聞く 釣り編 其の十 鰈ライダーさんの巻

 ライダーにとっての憧れの地・北海道。今年の夏も多くのライダーが訪れるのでしょう。俺もむか~し、ボロボロのバリオスで2週間くらいかけて1周しました。一方、釣りに目を向けると、これまた、かなり気になりますよね。スケールの大きな釣りが楽しめそう……。
 今回の趣味人は北海道在住の鰈(かれい)ライダーさんです。その名が示すように、釣りもバイクも嗜むアウトドア派。記念すべき「趣味人に聞く 釣り編」の10回目となる今回は、とくに北海道の釣りにスポットをあてて、お話をお伺いしました。さてさて、注目の北海道の釣りはどのような感じなのでしょうか……。

取材・文/管理人
画像は鰈ライダーさんのブログに掲載されているものです。無断転載は禁止させていただきます。

せっかくの北海道の美しい大自然。今回は画像多めでいきます。画像はすべて鰈ライダーさんのブログより(この画像は2019年7月17日「道東遠征」より)

充実のタックル
 まず、鰈ライダーさんが楽しんでいる釣りのスタイルを教えていただけますか?
「今、楽しんでいるのはルアーとフライで海や川のトラウトを狙う釣りです」
 ほう。ちなみにタックルはどのようなものをお使いで?
「具体的に説明しましょう……。」
 (会話形式だとあれなので、ここは箇条書きでまとめます)。

タックルの写真も雪バック(笑)です(画像は2019年3月17日「海サクラ2、3、4陣??」より)

【鰈ライダーさんの使用タックル】
・川のルアー
ロッド/アングラーズリパブリック『エゲリアネイティブパフォーマンスENRS-711M or ESNS-83MH』
リール/シマノ『ストラディックCI4+2500HGS』

・川のフライ
ロッド/シマノ『ライムストーン9ft #6』、ケンクラフトの8ft #4
リール/オービス『バテンキルディスク7/8SAシステム123』

・海のルアー
ロッド/ヤマガブランクス『アーリーフォーサーフ103M』、シマノ『NESSA 906MML』
リール/シマノ『ヴァンキッシュ4000XG』、シマノ『エクスセンス4000XGS』

・海のフライ
ロッド/Gルーミス『GL3 9ft #8』、TFO『ディアクリーク14ft #9、10』
リール/ティムコ『オラクルVLA-V』、ティムコ『オラクル TH-Ⅱ』

・鮭用
ロッド/テイルウォーク『ケイソン チタンリミテッド VⅡ-130HH』、シマノ『コルトスナイパーBB 1000MH』
リール/ダイワ『フリームス4000』

すごい。充実のタックルです。ちなみにフライラインは「それぞれ状況に合わせて使ってます」とのことだす。

渓流は天然もの。ニジマスの最高サイズは71cm
 これだけハマッているとなると、鰈ライダーさんが釣りに興味を持ったきっかけが気になります。
「祖父と父が釣り好きでしたので、その影響で興味を持ちました。幼い頃、イワナが釣れる源流やニジマス、ヤマメが釣れる川へ連れていってもらい、きれいな渓流の魚が釣れたことが釣りにハマったきっかけです」
 イワナが釣れる源流……ゴクリ。源流ということは、て、天然ものなのでしょうか……。

ちょっと雰囲気が関東とは違うのですよね……。よいなぁ(画像は2019年5月22日「今年初の小リバー」より)

渓流でのヤマメ、イワナなどは自然繁殖した天然ものがほとんどです。ニジマス、ブラウントラウトは昔に放流してその後自然繁殖した物のようです」
 う~、俺も渓流釣りが趣味なのですが、「入漁料を払い、放流ものを釣る」というスタイルです……。
「こちらも阿寒川は遊漁料が掛かります。ほかにも、洞爺湖や朱鞠内湖など、いくつかの湖は入漁料を払い禁漁期以外の時期に釣りをすることができる場所となってます。ただ、やはり渓流釣りは入漁料を払う場所はあまりないですね
 う、うらやましいです。ちなみに過去、最高のサイズは?
川ではブラウントラウトの67cm、湖ではニジマスの71cm、海では鮭の82cmです
 ニジマスの71cm!? しかも天然物!! やはり北海道は釣りのスケールも大きいっす。
「ちなみに、渓魚はすべてリリースしてるので、1日で釣れた匹数については、正確な数を覚えていません。でも、1日で30匹以上のヤマメなどを釣ったことはあるかな……
 ちくしょう。北海道がもっと近ければっ!
「ぜひ、いらしてください(笑)。先日はメスの50cmオーバーのニジマスを釣りました」
 そのサイズもこちらではなかなか……。
「多分、この個体は3回目にようやく掛けたのですよね。あまり、ないことで、よい思い出になりました」
 釣りキチ三平の世界じゃないですか。その様子は鰈ライダーさんのブログをご覧ください(リンクはこちら)。

50cmオーバーのニジマス。デカッ!(画像は2019年7月7日「3度目の正直」より)

北海道は1年を通して釣りを楽しめる
 北海道の釣り、そのスケールの大きさはイメージどおりで、あらためて憧れが強くなりました。
「お伝えできてよかったです。大自然の中で育まれた魚は数も多く、釣れるサイズも大きいのが北海道の特徴だと思います。『まさかこんな所に?』という場所でも、ニジマスやブラウントラウトそしてヤマメやイワナなどが釣れるのですよね」
 冬はどうなのですか?
「私はアメマスを狙います。海の話になりますが、春のサクラマス、夏のカラフトマス、秋のアキアジ(鮭)、そして冬のアメマスと1年を通して大物がルアーやフライで狙えます

3月ですが、雪です……。ここで釣ると……

40cm越えのブラウントラウト(上の2枚は2017年3月5日「3月5日 大リバー」より)

 よいっすなぁ。
「北海道は初めての方も安心して釣りができるよう千歳空港近くにフィッシングガイドのお店があります。これからの季節、ライダーだけではなく、アングラーもぜひ」
 鰈ライダーさん、貴重なお話、ありがとうございました。

趣味人のプロフィール

鰈ライダーさん
北海道在住。釣りもバイクも趣味。釣りはルアーフィッシングがメインだったが最近はフライフィッシングに再び目覚め、近くの河川や港湾で竿を振っている。ブログ「釣りとバイクの備忘録」も大好評(サイトはこちら)。
最近、食べた美味しいもの/「先日、道東遠征をした時に朝食で先輩釣り師が作ってくれた「男のサンドイッチ」という名のマヨネーズ和えタマゴがパンから溢れまくった豪快なサンドイッチが最高に美味しかったです」
最近、購入した釣り関連グッズ/「今年の春に海サクラマス用に買ったロッド・ヤマガブランクス『EARLY 103M』です。穂先はしなやかですがバットはシッカリとした海サクラマス釣りによく合うロッドです」

(バックナンバー)
【釣り編】
其の一 まりっぺさんの巻 デカバスを狙うなら琵琶湖でワーム!
其の二 かなすびさんの巻 大注目のタチウオテンヤ釣り
其の三 Fresh Kitchen・戸田美保子さんの巻 料理のプロが教える美味しい魚料理
其の四 ピカレスクさんの巻 プロのリール修理士が教えるリールメンテナンスの基本
其の五 バッスンさんの巻 ブラックバスのキャッチ&イートのすすめ
其の六 クニさんの巻 クロダイの落し込み釣り
其の七 田中徹さんの巻 アオリイカのヤエン釣り
其の八 ジョーさんの巻 のんびりヘラブナ釣り
其の九 片山さんの巻 コマセやウキの自作のすすめ

7+

関連コンテンツ



更新日:

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.