【訴訟が】今さらグリー問題を考える【好きなの?】

更新日:

ちょっと前の話題ですが、クラクラのエディター機能が復活しましたね。
これは、プレイヤーにとっては大きな問題で、エディター機能を使えない期間には「村を作るのがめんどくさい」という意見をよく耳にしましたし、それでクラクラから離れていった人もかなりいると思います。
んで、エディター機能が復活したのを機にクラクラに戻ってきたプレイヤーもいて(実際に俺の周りにもいます)、まずはホッとしたものです。

この問題、世のなかの関心は低いでしょうが、
世間ではどう扱われたかと気になったので調べてみました。

…………。

やはり、大きな話題にはなっていないようで、大手メディアの記事は見当たりませんでした。

扱っていたのは次のような感じです。

※参考サイト/IT MEDIA NEWS
グリーとSupercellが和解 「クラッシュ・オブ・クラン」などの特許侵害めぐる訴訟で

ま、いずれにせよ、一件落着でめでたしめでたし。

勃発当初は「なんだよグリー……イライラ」と思ったプレイヤーも多いのではないでしょうか。
じつは俺もその一人です。

もともと特許を侵害しているというのが争いの原因ですが、そのグリー側のゲームが、俺は聞いたこともないものだったので、なおさらです。
本当に個人的なことで申し訳ないのですが、俺は「たとえ他のゲームとかでもグリー関連は不買運動してやる」と思ったものでした(今も継続中……)。

ちなみに、そのグリーは他にも同じような訴訟をしたことがあるようです。

※参考サイト//IT MEDIA NEWS
釣りゲーム訴訟、グリー敗訴が確定 最高裁が上告退ける

「悪が栄えた世はない」ということで(繰り返しますが、クラクラユーザーとしての俺の個人的な見解です)、すっかり目にすることがなくなったグリーですが、最近はどうしているかというと、バーチャルユーチューバーに力を入れているようです。

※参考サイト/RAKUTEN INFOSEEK NEWS
最近耳にしなくなったグリーは、なぜ凋落したのか?「人員削減頼み経営」の末路

ふ~ん。
まぁ空気を読めない会社だから何をやっても……(繰り返しますが、俺の個人(以下略))

でわでわ~

    0

    関連コンテンツ



    -クラクラ

    Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.