【バイクの】バイクの分類は時代とともに変わってます【カテゴリー】

更新日:

バイクのカテゴリーってたくさんありますよね。
俺が学生の頃は「レプリカ」「ネイキッド」「オフ車」「アメリカン」くらいでしたが……。
今や人気のスクーターもなかったですよ。
いや、正確にはあるにはありましたが、50ccでした。
やっとホンダのフュージョンが出た頃で……(いつの時代だ!?と思うかもしれませんがマジです)。

んで、「今はどうなってんだ!?」ということで調べてみました。
いや、Wikiの丸写しです。

※オンロードモデル
・ネイキッド
・ストリートファイター
・スーパースポーツ
・メガスポーツ
・ツアラー
・アメリカン
・ストリートバイク
・オールドルック
・カフェレーサー
・スクランブラー
・ビッグスクーター

ストリートファイターってなんでしょ……。もう、格闘ゲームではないか!?
続いてオンロードです。

※オンロードモデル
・デュアルパーパス
・アドベンチャー
・スーパーモタード
・フラットトラッカー、ダートトラッカー
・モトクロッサー、モトクロスバイク
・エンデューロレーサー、エンデュランサー、エンデューロマシン、エンデューロバイク
・トライアルバイク、トライアラー
・ファームバイク、アグリカルチャー

オフロードだけでも、かなりあるのね……。

どういうバイクかが気になる方は、Wikiなり、Webikeさんなりでチェックしてみてください。
ここでは、「これは知っておいたほうがよい」と俺が勝手に思うバイクのカテゴリーを俺が勝手に思う言葉で紹介しておきます。
なので正確ではない旨、あらかじめご了承を。

●スーパースポーツ

カワサキのNinja400です。画像はカワサキの公式HPより。

流れ的には以前のレプリカで、それが環境適合などによってマイルドになったイメージ。カウルがついていて、前傾姿勢のライディングポジション。

●ネイキッド

カワサキのZ900RSです。画像はカワサキの公式HPより。

直訳すると「裸」ですね。俺的にはカウルがあればスーパースポーツで、なければみんなネイキッドでよいと思っています。ただ、アメリカンやらの特徴的なのは別ですよ。

●アメリカン

カワサキのVULCAN S。画像はカワサキの公式HPより。

コーヒーと違って薄いわけではありません。いや、カワサキ派なので、この車種の写真にしましたが、これってアメリカンかな……。まぁ、わかりやすくいえばハーレーダビッドソンですよ。

●オフ車

カワサキのKX250。画像はカワサキの公式HPより。

オフロード用のバイクだからオフ車。決して、価格が何%かオフになっているわけでも、オフ会用のバイクというわけでもありません

●アドベンチャー

カワサキのVERSYS-X 250 TOURER。画像はカワサキの公式HPより。

多分、釣行にもっとも適しているのがこちら。自転車のようなラクなライディングポジションで少々の荒れた道も守備範囲(のはず)。

●モタード

カワサキのD-TRACKER X Final Edition。画像はカワサキの公式HPより。

俺が今、乗っているタイプです。で、でも、死語になっているようで……。クソゥ。オフ車をベースにオンロード用の足元をつけたやつです。釣行に向いていますが、とにかくお尻が痛くなるのが難点(これはオフ車も同じ)。

●スクーター
カワサキはスクーターを出していないので画像は割愛。250cc以上のものは「ビクスク」と言ったりします。いや、それならビッグの略だから「ク」ではなくて「グ」だろうに。これは「ビックカメラの法則」と言います(勝手に俺が命名)。でもビックカメラは「Bic Camera」なんすよね。なんだろ、Bicって……。それはそうと、俺にとっては「ビクスク」ではなくバカス……ゲホゲホ。

これくらいですかね。
あ、それで、今、『趣味人に聞く』ではバイクのカテゴリー別に腰痛対策を連載中です。
最新の記事はこちら

でわでわ~。

投稿者/管理人

1+

関連コンテンツ



-バイク, 趣味人に聞く

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.