【秋の交通安全運動】バイクの事故と違反の注意点【ライダーは要注意】

更新日:

明日(9月21日)からの10日間、秋の交通安全運動が実施されます。
全国で交通安全のためのリーフレットなどが配布されたりします。
まぁ、この期間に限らずですが、ライダーの皆様、くれぐれも安全運転で。

今回はバイクの安全がテーマです。

まず、バイクの事故はどのようなものが多いかというというと、
次の通りです。

※出典/警視庁のHP「二輪車の交通死亡事故統計(平成30年中)」

1位単独
2位右折時
3位出会い頭

俺は右折時かなと予想していたのですが、1位は単独ですか……。
出典元の警視庁のサイトによると「平成30年、過去5年平均ともに単独事故が多く、速度超過が原因と考えられます」とのこと。
くれぐれもスピードの出しすぎには気をつけましょう。

あと、事故と表裏一体ですが、ライダーとしては取り締まりにも要注意ですよね。
秋の交通安全運動の期間は、取り締まりが強化される傾向にありますし。
基本、俺は危ない運転はしないので、むしろ、こちらのほうが怖いっす……ゲフゲフ。

ライダーの交通違反はどのような内訳が多いのか調べたのですが、
正確な情報は得られませんでした。
そこで、ブログ的な個人の方々の記事を参考に、
捕まり経験が異様に豊富(!)な俺の主観とともに、「このような違反に要注意」のベスト5を紹介します。

まず、第5位。
一時停止違反
これは多いっすよね。多分、意識していない方もいるような気がしていて、一度、捕まると、それ以降、気にするようになるような……。一時停止のラインでは、一度足をついて、左右を確認しませう。

続いて第4位。
信号無視
赤信号での明らかな信号無視は論外として、俺が捕まったのは「黄色から赤にかわりそうなときに突っ切ってしまった……」という状況でした。これ、とくに急いでいるとやりがちですが、普通に捕まりますよ。そもそも黄色は「止まれ」ですからね!

んで、第3位。
走ってはいけないところを走ってしまう
これは、一方通行の逆走とか、車両進入禁止のところに入ってしまうですね。これはなぁ。本当にうっかり気がつかずに……のことが多いです。今はツーリングの絶好のシーズンですから、初めての土地を訪れることもあるでしょう。しっかり標識を確認しながら走りたいものです。

次は第2位。
駐車違反
都内など人が多いところでは、これにも要注意なんすよね。俺はまだ1回ですが、捕まったという話はよく耳にします。いや、駐車できるところを増やしてほしいんすけどね……。

いよいよ第1位。
スピード違反
まぁ、危険性も含めて、やはり、これですわ。スピードはくれぐれも出しすぎないように気をつけましょう。ちなみに俺は59kmで走っていて捕まったこともあります。40km制限の道で……。「20kmオーバーまでは大丈夫」は都市伝説でした……。しかし、59kmで……(泣)。

取り締まりについては、どこで、どのような取り締まりをするのかをサイトで確認できるので、出掛ける前にチェックしておくのも選択肢の一つだと思います。
県警管轄なので、「交通公開取締計画、該当の都道府県」でググるとよかですなぁ。
ちなみに俺が住んでいる埼玉県ならこんな感じです(リンクはこちら)。

あと、よく「すり抜けって違反なの?」ということが議論になりますが、どうもグレーゾーンのようで……。

※参考サイト/MotorFan
バイクで「すり抜け」は違反? 白バイ警官等に質問し、道交法を徹底調査してみた。【追越し・追抜き】

繰り返しになりますが、バイクライフを楽しむためにも安全運転をお願いします。
でわでわ~。

投稿者/管理人

1+

関連コンテンツ



-バイク

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.