【2020年】管理人、今、250CCを買うなら……を考えます【250CCカタログ】

更新日:

新型コロナウイルス、困ったものですなぁ。
本サイトはクラクラは別にすると、釣りとバイクというアウトドア、お出かけすることが前提の趣味がテーマですから紹介する内容も制限されてしまいます。
バイクについては、人気なのがおすすめのツーリングポイント紹介なのですが、紹介しても、なかなか出かけにくい状況で……。
いや、ツーリング自体は一人でもできるのですが、仲間とのほうが楽しいというライダーは多いでしょうし、何よりグルメもツーリングの大きな楽しみの一つですからね。
せっかく訪れても営業自粛とかですとトホホです。

記事として何を紹介できるかというと、読んで楽しい雑学やコラムになるのでしょうね。
あとは、この機会に自宅でカタログでも見てムフフとか。
バイクを購入する予定がある人はもちろん、そうでない人もカタログは見て楽しいですよね。

んなわけで、今回は俺の好きな250CCをチェックです。
とりま、国内の各メーカーの現行のカタログは次の通りです。

ホンダ

※仕様違いを除き全6車種(横にスクロールします)

CBR250RRCB250RCRF250 RALLYCRF250L
レブル250
フォルツァ
操る歓びを妥協なく追い求めたフルカウルスポーツ日常の移動を遊びに変える“新世代SPORTS ROADSTERラリーレーサーを彷彿とさせるアドベンチャーモデル都市からダートまで楽しめるデュアルパーパスモデルタフ&COOLにこだわった250ccクルーザー高速走行と扱いやすさを両立した快適で自由な走りの喜びを

価格:803,000円〜価格:564,300円


価格:715,000円
価格:507,100円価格:599,500円〜
価格:658,900円

ヤマハ

※仕様違いを除き全5車種(横にスクロールします)

YZF-R25MT-25トリッカー
SEROW250-2020
SEROW FINAL EDITION
XMAX
沸き立つ心は止められない意のままを、遊ぼ。マチを、遊びつくせ人と共に、道と共に、自然と共に走りとスタイルのクロス。血統と革新のクロス
価格:610,500円〜価格:621,500円価格:476,300円価格:588,500円価格:654,500円

カワサキ

※仕様違いを除き全4車種(横にスクロールします)

VERSYS-X 250 TOURERNinja 250Z250KLX230
高い汎用性を持つアドベンチャースタイルのツーリングモデルシャープなスタイリングにライトウェイト、ハイパフォーマンスを兼ね備えたモデル軽さと力強さを併せ持つ本格的スーパーネイキッドマシンオフロード走行における理想的なパートナー
価格:704,000円価格:654,500円価格:610,500円価格:495,000円

スズキ

※仕様違いを除き全5車種(横にスクロールします)

Vストローム250GSX250RジクサーSF250ジクサー250バーグマン200
Vストロームの名に相応しいこだわりを追求し、あなたの冒険心を解き放つ日常の中にある感動。扱いやすいエンジンがライディングをサポート軽快かつ爽快な走りを可能にするロードスポーツモデルライトウェイトスポーツの楽しさを体現ライトでコンパクト、だから毎日にジャスト
価格:580,800円
(Vストローム250 ABSもあり、その価格は613,800円)
価格:536,800円価格:481,800円価格:448,800円価格:533,500円

さて、ここからは俺の個人的な「今、バイクを買えかえるなら……」を紹介します。
まず、なぜ250CCかというと、俺が好きだからです。
車検がないのでリーズナブルですからね。
その問題がなければ俺が好きなのは750CCです。
リッターはなぁ……。
首都圏に住んでいて、日常でも使う方にはオーバースペックでしょ。

次に俺の判断基準です。
これが独特なのですが、まず同じモデルで上位(排気量の大きいもの)がないこと。
だって、「なんだ250CCか……」と思われるのは癪(しゃく)じゃないですか。
なので1000CCやら400CCがあるNinja250は対象からはずれます。

あと、俺は釣りに使うので、ある程度、機動性の高さも重視します。

さぁさぁ、それではベスト3です。
さっそく第3位。
スズキ・ジクサー250

理由/
ん? この車種、いつ出たのですか!?という感じです。
お安いですよね。
街乗りにはちょうどよかでしょうね。
大事なことなので、もう一度いっときます。
とにかく安い。

続いて第2位。
ホンダ・Rebel250

理由/
売れているのでカスタムパーツが多いのが魅力の一つです。
かたちも好きなのですよね。
このようなモデルを発売したホンダってすごいっすなぁ。

そして、お待たせの第1位です。
ヤマハ・SEROW FINAL EDITION

理由/
カタログ落ちが決定している最後のセローです。
バイク釣行することが前提なら、ほんとこれ。
セローはよいバイクです(のはず)!

それにしても、バイクってやはり新車は選べる車種が減りましたなぁ。
250CCのアメリカンってないんすね……。

あと、基本的に俺は海外のメーカーのバイクは好きではありません。
日本で走るのだから、日本という国土をわかっている日本のメーカーのほうがよかろうと。
それに海外メーカーを選ぶ人って見栄で選んでいるんじゃね?とも思うのです(←単なる俺の偏見です)。
とはいえ、あまり偏っているのもなぁと思い、調べてはみたのですが、ん~よいモデルがないっ!
おもしろそうと思ったのが現行モデルではないのですが、クリーブランドサイクルワークスというメーカーのヘイストというバイクです。
アメリカンテイストで、すごくシンプル。価格は308,000円(税込)だったそう。
いつまで生産していたのかは調べがつきませんでしたが、2011年モデルはありますね。
今もネットで検索すると中古車なら入手できそうです(なぜかプレミアがついて少しお高くなっていますが)。
あ、こんなバイクです↓。

最後に偏りをなくすという意味では、「巷の意見」で「250ccバイクのオススメおしえてくれ」という記事名で一般的なおすすめをまとめました。

早く心おきなくツーリングしたいっすなぁ。
でわでわ~。

投稿者/管理人
※サムネイルを含めて画像は各メーカーの公式HPより

1+

関連コンテンツ



-バイク

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.