【バイク】今、人気・注目の車種はなに⁉ トップ10ランキング【2021年夏】

更新日:

個人的な話で恐縮ですが、バイクがこないのです。
いや、7月末に契約書にサインして、そのときは「納車は9月くらいで具体的な日にちがわかったら連絡するね」とのことだったのですが、その納車日の連絡すらない状態でして……。
こうなると、なかなか身動きがとりにくい。
今のバイク(カワサキDトラッカーX)は下取予定で、新車の見積もりにはその下取料も入っているのですが、この納車待ちの期間に下取見積もり完了済みのバイクに乗りまくるのもねぇ。
新車選びの楽しい時期はすぎてしまい、ただ待つ日々ですわ。
ふぅ……。
そこで、今回は「新車選びの楽しい時期に戻りたい」という気持ちで、その参考になるような現在のバイクの人気・注目車種をランキング形式で紹介します。

バイク業界は好調!~現在のバイク市場~

ランキングに行く前に、ちと現在(2021年8月)のバイクの市場状況を見てみますか。
これは一言でいうなら「好調」です。
2021年上半期(1~6月)は前年同期比18.8%増の3万7562台と3年連続で前年同期実績を上回ったそう。

※参考サイト/Responce
バイク新車販売250ccクラスも好調、3年連続プラス

これは新型コロナウイルスの影響があり、「密を避けられる乗り物」というのがあるのでしょうね。
通勤手段としても、趣味の楽しみとしても。

その一方で、新車の納車までに時間がかかるケースが増えているようで。これも新型コロナウイルスが影響していて、各パーツの生産の遅れなどがあるようです(俺のいきつけのバイクショップのスタッフの話)。
人気のホンダGB350あたりは、今(8月)、契約しても年内の納車も怪しいとか。
あ~早くこいこい、俺の新車(GBではありません)。

バイク業界は好調!~トップ10~

さて、人気・注目の車種ランキングです。
まず、俺はデータ整理が好きなので、この記事を書こうと思ったときは「2021年上半期の売れ行きランキング」をそのまま紹介しようと思っていました。
んが、そのデータが見つからない!
なら、「2020年の年間売れ行きランキング」にしようかとも思ったのですが、公開されているデータにバラつきがあり(誤差程度ですが)、それに「少し前のデータでもなぁ」というのもあるので、もう独断でまとめることにしました。
もちろん、独りよがりではアレなので、ベースは昨年の売れ行きランキングです。そこに俺が耳にする評判ネットなどで扱われる話題性、それにやはり俺の好みを少々トッピングというかたちで。
俺はバイク選びでは排気量にこだわらないので、排気量は無差別。あとはスクーターは抑え気味にして、少し年代が高いリターンライダーが見たときに「お、このバイクはよいのでは?」と思えるような車種でまとめました。
トップ10でいきます!

第1位は圧倒的な売れ行きのあのバイク…~ランキング発表~

第10位
PCX160/ホンダ

※写真はホンダの公式サイトより

・排気量/156㏄
・エンジン形式/水冷4ストロークOHC単気筒
・最高出力/12kw(15.8PS)/8,500rpm
・最大トルク/15N・m(1.5kgf・m)/6,500rpm
・シート高/764㎜
・車体重量/132㎏
・変速機形式/-
・タンク容量/8.1ℓ
・価格/407,000円
・2020年の販売台数/4,212台(2020年はPCX150)

売れているスクーターで、普通に乗りやすい。高速にも乗れますし、リターンライダーの方は、ここからはじめるのもよいのかなぁと。ちなみに同じホンダのADV150も売れているのでスタイル等の好みで選ぶがよいかと(売れ行きではADV150のほうが売れているようです/ADVの年間販売台数は6,689台)。個人的にはPCX160は俺が唯一、購入の選択肢に入るスクーターです。かっこいい!

第9位
CT125ハンターカブ/ホンダ

※写真はホンダの公式サイトより

・排気量/124㏄
・エンジン形式/空冷4ストロークOHC単気筒
・最高出力/6.5kw(8.8PS)/7,000rpm
・最大トルク/11N・m(1.1kgf・m)/4,500rpm
・シート高/800㎜
・車体重量/120㎏
・変速機形式/常時噛合式4段リターン
・タンク容量/5.3ℓ
・2020年の販売台数/-
・価格/440,000円

発売は昨年(2020年)の6月。売れ行きの数字は調べがつかなかったのですが、人気サイト「価格.com」では第3位です(その第1位をここで掲載すると本記事のランキングがネタバレしそうなので関心があるかたはこちらでご確認を)。コンセプトがおもしろいし、カッコもよい! リターンライダーにはちと小柄な車体かもしれないですが、一考の余地はあると思います。

第8位
48(Forty-Eight)/ハーレーダビッドソン

※写真はハーレーダビッドソンの公式サイトより

・排気量/1,202㏄
・エンジン形式/空冷Vツイン
・最高出力/-(公式サイトには不明記)
・最大トルク/96N・m/3,500rpm
・シート高/710㎜
・車体重量/247kg(出荷時)
・変速機形式/5段
・タンク容量/7.9ℓ
・価格/1,537,800円(カラー/ビビッドブラック)
・2020年の販売台数/2281台

こういうランキングで紹介するのはバラエティに富んでいたほうがよいのですよね。なのでハーレーを……。というわけではなく、純粋に売れているのです。昨年度の販売台数は401㏄以上部門で第2位(!)なのです。すごい、売れているのですなぁ。

第7位
GB350/ホンダ

※写真はホンダの公式サイトより

・排気量/348㏄
・エンジン形式/空冷4ストロークOHC単気筒
・最高出力/15kw(20PS)/5,500rpm
・最大トルク/29N・m(3.0kgf・m)/3,000rpm
・シート高/800㎜
・車体重量/180㎏
・変速機形式/常時噛合式5段リターン
・タンク容量/15ℓ
・2020年の販売台数/-
・価格/550,000円

発売は今年(2021年)の4月22日。まだ出たばかりとあって、昨年の売れ行きをベースにするランキングだと上位には入れにくいのですが、とはいえ、無視はできないので第7位に入れました。クラシカルなデザインが人気で渋いスタイルが好きなライダーのハートをがっつりつかみましたね。スペックではパワーのなさが気になりますが、まぁ、カタログ上のパワーなんてね……。一方で、15ℓと今の時代では大きめのタンクは素敵です!

第6位
SR400/ヤマハ

※写真はヤマハの公式サイトより

・排気量/399㏄
・エンジン形式/空冷・4ストローク・SOHC・2バルブ
・最高出力/18kw(24PS)/6,500rpm
・最大トルク/28N・m(2.9kgf・m)/3,000rpm
・シート高/790㎜
・車体重量/175kg
・変速機形式/常時噛合式5速・リターン式
・タンク容量/12ℓ
・価格/605,000円
・2020年の販売台数/2386台

みんな大好きハッピーターン! じゃなかったSRです。2020年の売れ行きは251~400㏄部門で第2位です。43年の伝統を誇る名車ですが、今年(2021年)の3月をもって生産終了しています。まだ、新車も入手できるでしょうからランクイン。カスタムパーツが豊富ですし、これを買って後悔するライダーはいるの?と思うほどの安定感があると思っています。

第5位
CBR650R/ホンダ

※写真はホンダの公式サイトより

・排気量/648㏄
・エンジン形式/水冷4ストロークDOHC4バルブ直列4気筒
・最高出力/70kw(95PS)/12,000rpm
・最大トルク/64N・m(6.5kgf・m)/8,500rpm
・シート高/810㎜
・車体重量/206kg
・変速機形式/常時噛合式6段リターン
・タンク容量/15ℓ
・価格/1,056,000円(カラー/マットバリスティックブラックメタリック)
・2020年の販売台数/1518台(CB650Rも含む)

バランス理論でミドルクラスからも……。というのもありますが、もちろん売れていて売れ行きは401㏄部門の第4位です。ってかミドルクラスってなんやねん! まぁ、一般的には600~800ccのことなんすけど、俺はメディアが勝手にカテゴライズする言葉が嫌いでして……。それはそうと、約200㎏の車体に95PSは鬼ですよね。俺は戦闘力が高いバイクをお求めの方向けだと思っています。

第4位
セロー250/ヤマハ

※写真はヤマハの公式サイトより

・排気量/249㏄
・エンジン形式/空冷・4ストローク・SOHC・2バルブ
・最高出力/14kw(20PS)/7,500rpm
・最大トルク/20N・m(2.1kgf・m)/6,000rpm
・シート高/830㎜
・車体重量/133㎏
・変速機形式/常時噛合式5速・リターン式
・タンク容量/9.3ℓ
・価格/588,500円
・2020年の販売台数/5975台

釣りとバイクが趣味なんだ。」という本サイトらしく表現するなら、俺のなかではバイク釣行にベストマッチのバイクの答えは出ていて、それがこのセローです。歴史に残る名車で、売れ行きも好調。2020年の売れ行きランクは126~250cc部門の第3位。この部門は一番、売れるので、これすなわち126㏄以上の他の排気量を含めても第3位です。ただ、昨年(2020年)の7月をもって生産終了。SRといい、このセローといい、なぜ売れ筋をカタログから落とす、ヤマハ……。新車のタマは探せばまだあるかどうか……。

第3位
Ninja400/カワサキ

※写真はカワサキの公式サイトより

・排気量/398㏄
・エンジン形式/水冷4ストローク並列2気筒/DOHC 4バルブ
・最高出力/35kw(48PS)/10,000rpm
・最大トルク/38N・m(3.9kgf・m)/8,000rpm
・シート高/785㎜
・車体重量/167kg
・変速機形式/常噛6段リターン
・タンク容量/14ℓ
・価格/726,000円
・2020年の販売台数/2578台

こちらは栄えある2020年の売れ行きランキング、251~400cc部門で第1位でした。当然、このランキングでも上位入賞。スペックをまとめていて気がついたのが車重の軽さ。中免、今でいうと普通自動二輪免許でしたかね……。そのカテゴリーならまず購入を検討したい車種ということっすな。

第2位
Z900RS/カワサキ

※写真はカワサキの公式サイトより

・排気量/948㏄
・エンジン形式/水冷4ストローク並列4気筒/DOHC 4バルブ
・最高出力/82kw(111PS)/8,500rpm
・最大トルク/98N・m(10.0kgf・m)/6,500rpm
・シート高/800㎜
・車体重量/215kg
・変速機形式/常噛6段リターン
・タンク容量/17ℓ
・価格/1,353,000円
・2020年の販売台数/3985台

2020年の売れ行きランキング、401cc~部門で堂々の第1位。現在のカワサキのバイク部門をけん引している車種の一つですな。「そうだ、バイクに乗ろう。そしてせっかく復帰するなら大型免許をとろう!」というリターンライダーは、まず最初にチェックしたい車種かと。バイクらしいスタイルで、飽きがこないでしょうしね。
かくいう俺も、このバイクが発売になったときには「次はこれだな」と思っていたものです。結果、これにはしなかったのは値段と色……ですかね。ま、やはりよいバイクであることに変わりはないとは思います!

第1位
レブル250/ホンダ

※写真はホンダの公式サイトより

・排気量/249㏄
・エンジン形式/水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒
・最高出力/19kw(26PS)/9,500rpm
・最大トルク/22N・m(2.2kgf・m)/7,750rpm
・シート高/690㎜
・車体重量/170kg
・変速機形式/常時噛合式6段リターン
・タンク容量/11ℓ
・価格/599,500円
・2020年の販売台数/13297台

2020年の売れ行きは他を圧倒の1万台越え! 本ランキングでも迷いなしでしたわ。確かに街中でよく見かけますよね。んで、俺は好きなスタイルなので「かっちょええなぁ」と毎回、思っています。人気がある車種を「みんなと一緒は嫌だ」と嫌うライダーもいるかもしれませんが、人気車種はカスタムパーツが豊富なので、そこで自分好みに仕上げるとよかですね。レブル250は車体価格も高くはないですし。ちなみにレブル1100も売れ行きは好調とのことでっせ。

売れ筋をまずチェックです!~まとめ~

以上、昨年度の売れ行きをベースとした、最新の人気・注目バイクランキングでした。
販売台数については、「国内販売台数TOP10」と「2020年もっとも人気だったバイクはこれだ!販売台数ランキングTOP10」をもとにしています。すべてが知りたい方はそちらにてご確認いただけますと幸いです。

さて、バイク選びですが、結局のところ、「バイクは自分の好みで選ぶ!」が正解で、まぁそうなるのでしょう。ただ、売れ筋をチェックしておくのはよいと思いますよ。

途中で触れましたが、売れているとカスタムパーツが豊富なので、自分好みに仕上げやすいですしね。
それに、売れているのは、それだけよいところがあるということ。
俺は資本主義社会においては「売れれば正義」とも思っているので(例外も多数ありますが)。

あと、本記事をまとめていて気がついたのですが、惜しくもランキング入りを逃したカワサキNinja ZX-25R(2020年126~250cc部門売れ行き第6位)は、250㏄で45PSあるんすね。いや、前に聞いたこともあるような気がするのですが、「あれ⁉ 自主規制はやめたの?」とちょっと驚きました。
走行性能重視の方は、こちらもチェックしてみては?

そして、最後に本サイトでバイク関連の記事を二つ、公開したので、よければそちらをご確認を! 人はツーリングポイント紹介で、今回は和歌山県です(【あいころさん】都道府県別おすすめツーリングポイント/和歌山県編)。もう一つはバイクの車種レビューで取り扱っているのはカワサキ・スーパーシェルパです(【レビュー】「スーパーシェルパ」はオフロードの入門用としてはアリ!)。

でわでわ~。

0

関連コンテンツ



-バイク, ランキング

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.