【秘境駅で釣りしよう!②】小説の舞台にもなった! 二俣尾駅近くの多摩川で釣り

【釣り研究釣行記/連載第31回】

どうも、高村燕月です。【秘境駅で釣りしよう!①】国道駅で戦時中の空気を味わいながらのちょい釣りから、完璧に秘境駅にハマってしまいまして。

釣りの醍醐味って、釣ってる間もそうですが、その釣り場に行くまでの旅や苦労がまた……いいんですよねぇ……

ということで今回は秘境駅釣行第二段!

あの村上春樹氏の小説『1Q84』でも登場した二俣尾駅近くの釣り場をご紹介します!

 

二俣尾駅へのアクセス方法

東京都青梅市二俣尾4丁目にある二俣尾駅へのアクセスは、主に電車になります。

基本的に東京や新宿から立川までJR中央線で移動した後、青梅駅から青梅線に乗り換え、二俣尾駅に到着というのがセオリー。

 

 

いやぁ、見てくださいこの山も村も寂しさも生活感も合わさった絶妙な風景。

ちょっと歩けば川まであるし、もう哀愁と探検、懐かしさが入り混じった幕の内弁当です。

うっかり撮影を忘れてしまいましたが、二俣尾駅も前回の国道駅同様、無人駅となっております。

 

 

二俣尾駅を出ると、もう大正や昭和ドラマでしか見たことがないような雰囲気バッチシの本屋さんがありました。

こういった本屋さんでも、覗いてみれば鬼滅の刃やONEPIECE、呪術廻戦なんかはあったので。

さすが、人気作は場所を選びませんね……

 

二俣尾駅近くの多摩川に棲んでいる魚の種類

 

二俣尾駅近くを流れる多摩川は川幅もしっかりしていて、水深は浅めではありますが、山が近いので栄養も豊富です。

アユやモツゴ、スズキなどが多く生息しているとのこと。

ルアーなどは向かないので、ウキを使った釣りをするのが良いでしょう。

 

二俣尾駅近くの多摩川でおすすめの釣りポイント

 

二俣尾駅近くのおススメ釣りポイントは、奥多摩橋を渡り、喜久松苑を過ぎたあたり。

ここから階段になっていて、川に降りることができます。

 

 

私が行った時は、駐車禁止のポールが立っていました。

自転車や車、バイクで乗り付けるのは辞めた方が無難ですね。

 

 

川に下ると絶景が広がっており、釣り道具と一緒にテントでも持ってきて何日か泊まり込みたい気分に駆られます。

 

 

川の表情も多彩で、大岩に当たって水疱が立っている場所もあれば、のどかに水が流れている場所もあります。

基本的に、魚という生物は気泡が立つ酸素濃度の高い場所を好む傾向があるので、釣りをする際はこういった岩に水が当たっているところを狙いましょう。

 

 

根がかりが怖い!と言う人は、こういったのどかなポイントを狙うのもアリ。

私はゆったりのんびり太公望派なので、こちらの場所をチョイスしました。

 

なんだ…この隠れ家的魅力の溢れる場所は!!

 

2022年2月。実は前回の国道駅で釣りをする前に訪れていたこの二俣尾駅ですが……

 

いやぁ、空気が最高でした!

 

村上春樹がなんぼのもんじゃい!と思って訪れた二俣尾駅でしたが……

自然を感じながら適度に冒険したい我々、電車移動の釣り師にとって最上級の場所でした。

田舎っぽさはありつつもちゃんと電車やバスなどの交通の便があり、遠すぎないところに山や川がある。

少ないですがコンビニやちょっとしたうどん屋、神社などもあり、風景はどこを見ても美しい。

空の大海原を拝んでいるような、そんな感じでした。

 

 

二俣尾駅周辺は線路がやたらと普通の道路に隣接しているので。

私のような電車素人でも、なんの危険を冒すことなくここまで走行中の電車に近づいた撮影が可能です。

※踏切に入ったり身を乗り出すようなことはしておりません。普通の道路からスマホの通常ズームで撮影した写真です。

 

 

ちょっと散策した程度で、このような高所からの絶景撮影も可能。

歩き回るのが楽しくて、釣りを3時間楽しんだ後に散歩も3時間くらいかけて色々なところを歩き回ってしまいました(笑)

 

 

こういった場所で食べる、ちょっと変わった懐かしいうどんの味もまた格別!

とろろと竹輪という見たことがない組み合わせのうどんでしたが、とても美味しかったです。

ぜひ、二俣尾駅に釣行の際はこういったご当地グルメも探してみてくださいね。

 

次回もまた、何かしら変わった駅を訪れてみる予定なので。

釣りが好きだ!電車旅も好きだ!と言う人は、ぜひブログをチェックしてください!

執筆者のプロフィール

高村 燕月
高村 燕月
釣りと筋トレが趣味のライター、作家。釣行範囲は東京~神奈川。11連続ボウズという荒行を経て魚に関する本を読み漁った結果、知識だけ異様に偏っている。一般的な釣りよりも実験的な釣りを好む。Twitter、やってます。
【管理人より/『趣味達者が綴る』のバックナンバーはこちら
0

関連コンテンツ



投稿日:

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.