【ヘラブナ釣り】ウキを見ているだけでも楽しい!【動画有】

ヘラブナ釣りはなくても困らないけれど、
他の趣味よりもずっとよい

 ジョーさんは鹿児島県の出身だ。海は遠く、川が近かったので、自然と川釣りをするようになった。集団就職で上京してからも、ずっと川釣りは楽しんできた。
「相模川のウグイもよくやりましたよ。海外に出張していた頃は、さすがに釣りはできませんでしたが……」
 ジョーさんが上京時に就職したのは瀬戸物の卸し問屋だった。当時は活況だったが、スーパーマーケットなどが全国に広がって瀬戸物がリーズナブルな価格で市販されるようになると景気は下降線を描くように。やがては転職を余儀なくされたという。
「それは時代の流れだからね。そのあとは自動車関連のゴム製品を製造している会社で働きました。あの事故も、そのゴム製造会社で働いていたときのことです」
 あの事故……。それは、工場の機械に手を巻き込まれた事故だ。その事故により、ジョーさんは右手の人指し指の先端を失った。
「変な言い方だけれど、今となっては、それもよい思い出ですね。日常生活に支障はないし、こうして釣りもできるから(笑)」
 ジョーさんはやはり温厚なのだ。

 この日はアタリはあるものの、なかなか釣り上げられずにいた。午後から別の取材があった俺は、そろそろお暇(いとま)しようと片づけをはじめた。
 そのとき、ウキが鋭く沈んだ。
 すかさずジョーさんはすかさず合わせる。
 竿がグンとしなる。
 ついにヒットだ。

ようやくのヒット。慎重に取り込み。

 ようやく目にすることができたヘラブナの魚体は美しかった。

こうしてあらためて見ると、ヘラブナもキレイな魚だ。

「水は濁っているけれど、魚体はキレイなのですよね。それにしても釣れてよかったです」
 そうだ。ジョーさんにまだ聞きたいことがあることを思い出した。それは、とてもシンプルな質問。ジョーさんにとって釣りとは……?
「ん~、生きがいですね。といっても、ヘラブナ釣りがなくては生きてはいけないというほどのものではありませんよ。でも、囲碁や将棋よりはずっといい。こうして自然の移ろいを感じられるところも魅力です。地味な釣りに平凡な答えで、記事にしにくいでしょ?」
 いや、俺はこれこそが人生だと思った。誰もが映画やテレビドラマのようなドラマティックな体験をするわけではない。ちょっとした幸せを積み重ねていくのが人生で、それを振り返ったときに大きな幸せになるのだろう。
 釣りは趣味の一つにすぎないが、そこには小さな幸せがある。たかが釣り、されど釣りだ。
「午後の仕事、車移動でしょ? 気をつけてくださいね」
 優しい言葉に御礼を言おうと振り返ると、またウキが鋭く沈んだ。
 
 ジョーさん、また、小さな幸せがきてるよ。

※今回のヘラブナ釣りの様子は動画でも撮影し、YouTubeにアップしました(リンクはこちら)。
最後の一尾も撮れています。

【趣味人のプロフィール】

ジョー
鹿児島県出身で集団就職で上京。仕事はリタイアしていたが、釣りのほかにも人生の張りを求めて、最近、また働きはじめた。最近飲食した美味しいものは『知覧茶』。製造も鹿児島県でしているもので、県内では『オーケー 川越店』にしか置かれていない。最近、購入した釣り具は練りエサ各種(それもそうか……)。

(バックナンバー)
【釣り編】
其の一 まりっぺさんの巻 デカバスを狙うなら琵琶湖でワーム!
其の二 かなすびさんの巻 大注目のタチウオテンヤ釣り
其の三 Fresh Kitchen・戸田美保子さんの巻 料理のプロが教える美味しい魚料理
其の四 ピカレスクさんの巻 プロのリール修理士が教えるリールメンテナンスの基本
其の五 バッスンさんの巻 ブラックバスのキャッチ&イートのすすめ
其の六 クニさんの巻 クロダイの落し込み釣り
其の七 田中徹さんの巻 アオリイカのヤエン釣り

執筆者のプロフィール

34
34
本サイトの管理人です。34はゲーム「クラッシュ・オブ・クラン」のアカウント名です。いや、名前なんかは何でもよいのです。大抵のゲームは、このアカウント名にしています。本職は紙媒体の編集&ライターです。
1+

関連コンテンツ



更新日:

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.