【ロッドの修理】ん~、なぜ割高……【掛かる費用】

更新日:

折れたロッドのパーツが届きました。
ロッドは渓流竿で、具体的にはニッシンの枯山水の硬中硬。
アクシデントにより、デビュー戦で折れてしまったのですよね。

折れたのは1番。振り出し竿の先端の部分です。
購入した釣り具屋さんに部品を取り寄せていただきました。

パーツの価格は1,400円。
え~と、このロッドの定価14,300円。
んで、継数は14本です(全部で14個のパーツがあるということです)。
単純計算だと1本はおよそ1,000円強のはず……。

リリアン(道糸を結ぶ部分)がある1番だから、
割高なのかと思いきや、そうではないのですよね。

前に違うロッドで、違う部分のパーツを取り寄せてもらったことがあるのですが、
そのときも、同様でした。
ショップスタッフさんに確認したところ、
「メーカーさんにもよりますが、振り出し竿のパーツ取り寄せは、『定価÷継数×0.2~0.3』になります」とのことです。

つまりは、20~30%、上乗せになるんすよね。
その理由を考えてみると、「1本買うときはまとめ買い感覚で割安だよ」的なんでしょうね……。

まぁ渓流竿は継数が多いので、それほどの額にはなりませんが、
2ピースロッドだと、かなりの出費になりますよね。

ユーザー目線としては、「定価÷継数」にするか、
もしくは「使ってくれてありがとう」ということで割安にしてほしいと思っています。
お願い、釣り具メーカーさまっ!!

でわでわ~。

投稿者/管理人
※サムネイル画像はニッシンの公式HPより

0

関連コンテンツ



-釣り

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.