【バイク】管理人、白バイを先導しました!

更新日:

昨晩、ふと思ったのです。
「そういえば、この1年、交通違反で警察に捕まっていないな」と。
俺のバイク人生、大半は減点されている状態ですごしてきましたが、
今はきれいな「減点0」状態。
こんなこともあるのだなぁと。

んで、昨晩の思いが災いしたのか交通違反で捕まりました。
やはり自動車ではなくバイクです。

違反内容は……「横断歩行者等妨害」です。
つまりは、横断歩道を渡ろうとしている歩行者がいるのに、止まらなかったということっす。

そりゃ、もう、「えぇ!?」と思いましたよ。
だって、本サイトでも触れたことがありますが、俺、横断歩道は意識してますもん。
しかも、捕まったあたりは白バイが多いことも知っていましたし……。

状況はこうです。
そこは、信号のない横断歩道が連続しています。
一つ目は「止まれ」の標識があります。
もちろん、捕まり常習犯の俺は一時停止違反も経験済みなので、ここはしっかりと足をついて止まりました。
んで、二つ目。
「こちらは『止まれ』はないよなぁ」とゆっくり通過しました。
もちろん、横断している方もいませんでしたし……。

図にすると、こんな感じです。

そしたら、間もなく「ウ~」と白バイがきて、「止まりなさい」と。
んで、隊員さんいわく「二つ目の横断歩道、女性が渡ろうとしているのに止まりませんでしたね?」と。

えぇ~!?
完全に気がつかなかったです。

俺の経験上、交通違反をするときって2パターンありますよね。
一つは「これは見つかったら捕まる」と自覚している場合と「気が付かなかった(もしくは、そのような交通規則があることを知らなかった)」という場合です。
前者は例えばスピード違反です。制限速度は30kmだけれど、50kmくらいまでは出しても大丈夫だろうと。
いや、あくまでも俺の若かりし頃の話ですよ。

今回は完全に後者でした。
本当に気が付かなかった……。
「捕まらないように気をつけよ」と意識はしていたのに…………。

それからは、しばし駄々のこねあいです(いや、隊員さんは駄々のつもりはないでしょうが)。
俺「自分は注意していました。最初の横断歩道はしっかりと止まったし、二つ目も本当にゆっくりでした!」
隊員さん「いや、歩行者が渡ろうとしているのに、足をついて止まっていませんよね? 」
俺「証拠は? ドラレコはないんすか!?(←自分がつけていないのに逆ギレ)」
隊員さん「録画はしていません。ただ現行犯です」
俺「納得できません!!!」

そうは言っても俺も分別盛りのおっさんですし、時間がかかるのもアレなので「中央分離帯が工事をしていたから、それで見えなかったのかな」と反省しました。
気をつけていたのになぁ……。

この違反、減点2で罰金7,000円です(二輪車の場合)

気づかなかった自分が悪いと心を入れかえ、免許証の提示。
あ、免許、不携帯だ。
だって、仕事の関係でちょっと中心街に行く途中だったので。

俺「免許、不携帯です……」
これは減点なしで罰金3,000円です。

じつは免許不携帯も初めてではないっす。
俺の経験上、こういう場合は隊員さんが警察に問い合わせて、免許自体はあることは確認してくれます。
今回もそうでした。

ついてなかったな……(←不謹慎。いや、反省はしとります)。
ただ、今回はそれで終わりませんでした。
出発しようとしたところ、隊員さんが「確認はとれましたが、あらためて免許を確認したい」と。

えぇ~!?
早く目的地に行きたいのだけれど……。
しょうがないっすね。
俺「わかりました。警察にお持ちすれば?」
隊員さん「いえ、そちらのご自宅にご一緒に」
ええぇぇ~!?

捕まったところから、自宅までは10分くらいです。
よくよく話をお伺いすると、「免許不携帯の状態で、ずっとバイクに乗るのは看過できない」ということでした。

俺「あの……、俺が先行ですよね?」
隊員さん「自分はそちらのご自宅がわからないので、そうなります」

というわけで、白バイを引き連れてツーリング(?)に。
10分が長く感じたなぁ。
また気がつかずに何か違反したら即現行犯なので、ひたすら丁寧に、ゆっくりと……。
周りからどう見えたのだろ……。
俺が思っていたのは「ここで誰かが交通違反しているのを見つけたら、どうなるのだろ」でした(←ずっと不謹慎)。

もちろん、自宅には免許があるので、その後は滞りなく……。
以上、白バイを先導した話でした(感動的でなくて申し訳ない)。
くれぐれも交通違反は気をつけましょ。
安全運転で!

でわでわ~。

投稿者/管理人

2+

関連コンテンツ



-バイク

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.