【中年ライダー】ホンダGB350Sの魅力【バイク選び】

更新日:

今回はバイクの車種レビューです。
対象はホンダのGB350Sで、今や巷で人気爆発中なので、説明不要かとも思いますが、まぁ俺なりの視線で、あらためて魅力を紹介します。

 

バイク選びで悩む中年ライダー~ここまでのストーリー~

まず、この項目は本記事の前段的な内容です。
ホンダGB350Sについて知りたい方はここはスキップ推奨です。

このストーリーの主役は本サイトでよく登場する、俺の友人のシロクマさんです。
シロクマさんはリターンライダーなのですが、大型免許を取得してリターンしたのですよね。
なんでも、YouTubeで見たヤマハR1に一目ぼれしたそうな。
それでR1を購入して、リターンバイクライフを楽しんでいたのですが(3年くらいかな……)、「どうもR1は乗っていて疲れる」ということで昨年(2020年)11月に手放しました。

そして現在は新しい相棒を探し中です。
そのこだわりは「片持ち」だそうで、もう、この時点でなかなかにマニアックなバイク選びとなっとります。
今のところ、候補はドゥカティ・ディアベル、BMW・R Nine T、ホンダ・CB1000Rなど。

試乗やレンタルを駆使して、新車選びをムフムフ楽しんどります。
先日、一緒に釣りに行ったのですが、その際に俺が「納車は動画を撮りたいんだよね。納車動画ってなんかよいじゃん」と言ったら、「いきなりより、それまでのストーリーがあったほうがドラマティックじゃない」的なことを言っていたので、俺が勝手に本サイトで納車までのストーリーをまとめておこうと思った次第です。
中年ライダーのバイク選びが何かの参考になればと……。

それで、その一環として昨年末、何を思ったかシロクマさんはホンダ・GB350Sをレンタルしたのですよね。
なんか人気のバイクにも乗っておこうと思ったそうな。

俺は乗ってはいませんが、間近で見て、一緒に走ったので、せっかくだから記事にまとめておこうと思った次第です、はい。
それでは、本題にいきましょか。

トルクに注目!~GB350Sの諸元~

今回、紹介するのはGB350ではなく、GB350Sです。本記事では前者を無印、後者をSとします。
まずは、写真から。
ドドーン↓

続いて主な諸元です。
ホンダGB350、GB350S
・エンジン種類/空冷4ストロークOHC単気筒
・総排気量/348㏄
・最高出力/15kW(20PS)/5,500rpm
・最大トルク/29N・m(3.0kgf・m)/3,000rpm
・燃料タンク容量/15L
・変速機形式/常時噛合式5段リターン
・シート高/800mm
・車両重量/無印180kg、S178Kg
・価格/無印550,000円(税込)、S594,000円(税込)

ちなみに無印の写真はこちら↓

※写真はホンダの公式サイトより

無印とSは結構、違いますよね。
主な違いはまとめると次の通りです。
・Sのほうがリアタイヤが太く、150mm幅のラジアルタイヤを装着
・Sはマットブラックのマフラー
・Sのほうがライポジが少し前傾気味(ステップ位置がやや後ろでハンドルがやや低くて遠め)
・Sはショートフェンダー
・Sはコンパクトなテールランプ&ウインカー
・Sはフォークブーツ標準装備
・無印とSは「シート形状」「サイドカバー」の形状も異なる

※参考サイト/ヤングマシン
【GB350と同時発表】ホンダ「GB350S」は何が違う? スポーティなモダンロードスター

一般的にはGB350Sは無印より、スポーティな味付けとされています。
ただ、エンジンは共通ですし、この二つのどちらにするかは、価格も含めて、個人の好みかと。

さて、俺が思うカタログ上のGB350の魅力は、やはりまずエンジンが空冷シングルであることっす。
空冷と水冷の違いについては細かく説明すると長くなるので、もう俺目線で超圧縮して空冷エンジンのよさを述べるなら、それは「見た目の美しさ」です。フィン(エンジンのヒダヒダ)がきれいなのです!

性能面では重量180㎏に対して最大出力が20PSとパワーが小さいのは気になりますが、最大トルクは3.0kgf・mと悪くないのですよね。
これは、よく比較されるヤマハSRよりも大きい数値です(SRは2.9kg-m)。
正直、俺のような適当ライダーには、ここらへんの数値の違いは街乗りでは感じないと思っていますが、最大トルクが排気量が大きいSRよりも大きいのは、気持ち的にも誇りを感じられるかと。

シングルは魔力~GB350Sの魅力~

先に触れましたが、今回は俺は乗っていなくて、レンタル車両と一緒に走っての印象が中心です。
まず、やはりエンジンのシングルはよい!
ドコドコとした感覚がたまらないのですよね。まるで生きているかのよう。
マフラーの排気口に手を当てると「ポン、ポン」とピストンの動きに応じて排気しているのがわかります。
俺は釣りのために日の出前に人がいない田舎道を走ることがあるのですが、そのような孤独を感じる状況で走っていると、「一緒に頑張ろうぜ」という気になります(俺は前のバイクはシングルでした)。

やはり空冷シングルは美しい

あとは、この「いかにもバイクらしい」というスタイルも大好きです。
最近のバイクはなんかイメージが違って……。

見た目は完全に個人の好みになりますが、好きならもう「買い」ですよ

値段がリーズナブルのもよいですよね。最近のバイクは高くて、100万円を超えるものも少なくありませんが、俺の感覚的には、これくらいがよいのですよ。100万円超えるなら、もう車を買ったほうがよい!

あとはライポジが楽なのもよいですよね。無印にくらべると少し前傾とされるSでも、まぁ楽なほうかと。実際に運転したシロクマさんも「R1とくらべると雲泥の差の楽さよ」といっていました(比較がまぁアレではありますが)。
シートについては、「最初は硬いように思っていたけれど、走っていると馴染んできて、尻痛もなかったよ。シートはよいと思った」(シロクマさん)とのことです。

ライポジと足つきはこんな感じです(ライダーの身長は175㎝)

一方、気になるのは、まずメーターです。いやぁ普通にタコメーターは欲しかったなぁ。

いや、「シンプル イズ ベスト」は大いに共感できますよ

そうそう。大切な要素の走りについては「まぁ飛ばす気になるようなバイクではないわな」(シロクマさん)。これはスペックやスタイルからもわかりますが、「高速道路をブイーンと飛ばしたい」という人にはあまり向かないバイクかと。
ドコドコと自分のペースで走るのにピッタリでしょう。

なんでも、GB350は大変な人気で、今(2021年1月)に契約しても、納車は春以降になるとか。
その人気も俺は十分納得です。
だって、かっこよいもの!
「このバイクにピンときたら契約にGO!」でよいんじゃないですかね。

最後に、今回、シロクマさんがレンタルした車両でGB350Sの紹介動画を作りました。
よければチェックを!

でわでわ~。

投稿者/管理人

0

関連コンテンツ



-バイク, 車種レビュー

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.