【スロット】釣り人&ライダー目線のウィズコロナ時代(6号機時代)のスロットは勝てるのか?……という話

更新日:

ず~っと、釣りとバイクとクラクラの話だと疲れるので閑話休題で今回はスロットの話です。
きっかけは先日、レア演出を引いたから。まぁフリーズです。

DSC_4551

ただ、勝った負けたの報告だけだとアレなので、一応、俺なりの汎用性がある情報を落としときま。
あと、釣り人やライダーはギャンブル好きが多いのですが(←勝手な決めつけ)、そこまではハマっていないでしょうから、そういう方々の役に立てば……という視点であることも、あらかじめお伝えしておきま。

テーマはずばり「現在(2022年2月時点)の6号機は勝てるのか⁉」という話です。
それでは~いってみま~しょう♪

まず、あらためてスロットというギャンブルについて。
スロットは確率のゲームです。
あらためて説明すると、設定が6段階あり、それはお店が設定できます。
そして、各機種、機械割が決まっています。機械割は勝てる確率を示す数字で「機械割100%=100枚入れたら100枚返ってくる」ということです。
設定が低いと97%とかです。
なら、店側としては全部低設定にすれば設けることができるのですが、全部の台をそうすると「あの店は出ない」という評判になり、客がこなくなってしまう……。
なので、適当に高設定の台も混ぜるというのが一般論です。
はい、ここまでが基本中の基本です。

んで、俺の場合です。
俺はかなり稀有なスロッターで、もうほぼほぼガールズ&パンツァー(以下ガルパン)しか打ちません。数年前からそうです。
あと、打ったら必ず収支表につけています。
もう一つ、俺は「マイホール」なるものはありません。比較的、多く行くお店はありますが、それでも数カ月に1回くらい。打ち合わせや取材でどこかに出かけたときに、帰りに時間があればお店に立ち寄るというスタイルです。ガルパンのスロットはこれまで3機種出ていますが、どれもメジャーではないので、設置してあったら「おっ、あるじゃん」という感じで打っています。

話は飛びますが、世の中には理論と実践があります。
例えば医学。西洋医学は機序(メカニズム)に基づきますよね。「ここが悪いのはこれが原因で、その原因を正す」という感じで理詰めで。ただ、世の中はそれだけでは割り切れないもので、プラセボ効果(有効成分が含まれていない薬を本物の薬として患者に使用してもらったときにある程度の割合で治ること)などがその好例です。
一方、東洋医学は基本的に実践、言葉を換えるなら途方もない経験に基づきます。「理論はわからないけれど、これを飲めば治る」という事実を積み重ねて治療法を確立するスタイルです。でも、それはそれで適切な医学であることは周知の事実です。
非常にざっくりとした説明で語弊もありますが、俺が言いたいのは実践に基づくことも大切だということです。

さて、話をスロットに戻しましょう。
俺のように一つの機種をず~っと打っていると、機械割などの理論ではなくて、実践に基づく確率も見えてきます。
現行の機種でいうとガルパンのスロットはガルパンGとガルパン劇場版(どちらも6号機)があるのですが、今回は新しい「スロット ガルパン劇場版」について実践上の確率を紹介します。こちらは今どきのMAX2400枚ですしね。

そによってテーマの「現在(2022年2月時点)の6号機は勝てるのか⁉」の答えが見えてくるかと。
いや、俺の場合は「スロット ガルパン劇場版」のみなのですが、それだと記事としての引きが弱いので、ここはあたかも「スロット ガルパン劇場版」が今の6号機の平均的な機種であるとさせてください。

そして、その実践上の確率は……。
実践上の理論を考える場合はとにかく母数が多いほうが適切な数値になるのですが、あらためて俺がこれまでに打った回数をカウントしたところ54回でした。
あ、この回数は「スロット ガルパン劇場版」の席に座って打った回数です。すぐにやめても、多く投資しても1回は1回としてカウントしています。
もっと打っている気がしていたのですけどね……。
ちと実践上の確率を出すには物足りない数字です。
ただ、投資金額にすると476,000円と、そこそこの金額にはなります。

んで、回収金額は467,400円。
差額は-8,600円。
1回あたりでいうと-160円
「いや勝てよ」という話ですが、楽しみを買っていると考えると悪くはないかと。

よく「今はスロットではなく、パチンコの時代」といいますが、本サイトでもお世話になったパチンコ&スロット配信者のやっちゃんを見ていると、今のパチンコって平気で7万とか負けますよね……。
一方、スロットは一撃でいうと最高2400枚とロマンはないですが、そこまでの大敗はない。いや、もちろん可能性はありますが、かつてのゴッド神々の凱旋などのように暴力的ではない。
なので、まぁ、そこまでは悪くはないというのが俺の結論です。
少なくともスロットのガルパンの歴代の2機種よりはダメージは低く抑えられています。

あとは完走率。今の6号機で唯一のロマンについては俺はここまで3回で、約5.5%です。100回打ったら5~6回くらい完走するということっすな。

DSC_4553

「このウィズコロナ時代でお店は高設定を入れるのか?」については……。ん~まったくわからん。「スロット ガルパン劇場版」専用機の俺としてはその判別は一応は知っているのですが、高確確定の何かしらは見たことがない! 示唆はありますが、俺はもはや示唆は信じていない。「これ高確示唆じゃん」と打ち続けたら、以降、示唆がまったく出ない……(結局高確ではなかった)とこれまで裏切られ続けきたから。
まぁ、すべて設定1と思って打ったほうが現実的ですよ、うん。

それと、俺は以前は天井狙い、つまりは一定数回した状態で捨ててある台を探して打っていて(最近でいうエナ狙い【ハイエナ狙い】)、それで小遣いを稼いでいましたが、もはやそんな台は超希少となり、とてもではないが勝てる立ち回りではなくなってしまいました。

他にデータとしては、この機種は当たったあとに、その当たり分の消化中にATに入るかどうかの振り分けを行うのですが、当たるまでの投資額の平均は6.8千円。これは機種の特徴なので汎用性のある情報ではないか……。

こんなところですかね。
最後にオカルトをお話しすると、相性がよいお店があって、そこでは負け知らずです(俺はマイホールがなく母数は5回ですが)。そこのおかげで負けが最小限に抑えられているような……。なので、相性がよいお店を見つけるのも勝つための要素だと思います。これ、マジでおすすめです。ただ、頻繁に通うとやがては負けるでしょうから、「ここぞ!」というときにのみ行くことを推奨します。

「スロット ガルパン劇場版」については、一応、レア演出を引いたときの様子を動画にしたので、よければそちらも↓

まぁパチンコやギャンブルで小遣いを稼ぐには、もうスロットでは無理ですよ。繰り返しになりますが今の6号機はダメージは少ないから楽しむぶんには悪くはないというだけです。
やるならパチンコで、しっかりと機種の期待値、1000円で何回まわれば勝てるのかを知り、そういう台を探すに限ります。
これは誰もがいうでしょうが、やはりそれしかない。

以上、今回は本サイト的には邪道なテーマでしたので、お口直しに本サイトの本道のバイク関連の記事も紹介しておきます(リンクはこちら「【アイテム】マキタを使おう!【レビュー】」)。

でわでわ~。

0

関連コンテンツ



-その他, 小ネタ

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.